FC2ブログの広告を削除する方法

FC2ブログの無駄な広告を削除する方法

FC2ブログの広告を削除する方法を紹介します。

2020年11月現在、「検索バーの広告」「一ヵ月以上更新がないブログに表示されていた広告」「スマホのオーバーレイ広告」は、デフォルトで表示されないように変更されています。

PCテンプレート(記事下の広告)

ブログ管理画面の「環境設定」をクリックします。

「環境設定」をクリック

「環境設定」をクリック

ブログの設定の「画像高速表示の設定」をクリックします。

ブログの設定の「画像高速表示の設定」をクリック

ブログの設定の「画像高速表示の設定」をクリック

高速表示の設定で「利用しない&広告を表示しない」を選択して、「更新」をクリックします。

高速表示の設定で「利用しない&広告を表示しない」を選択

高速表示の設定で「利用しない&広告を表示しない」を選択

一週間後に記事下に表示されていた広告(スポンサーサイト)が消えます。

記事下に表示される広告(スポンサーサイト)

記事下に表示される広告(スポンサーサイト)

恐らく、余程容量の大きな画像を多用しない限り、画像高速表示の効果は実感できないと思います。

スマートフォンテンプレート

スマートフォンで表示される広告コードは3つありますが、現在は<%ad2>以外表示されていません。

広告を表示させているコード
  1. <%ad> = デフォルトで非表示
  2. <%ad2> = 注目記事・広告・日記ランキングを表示
  3. <%ad_overlay> = デフォルトで非表示

また、コンテンツの下に<%ad2>が設置されているテンプレートがほとんどなので、特に変更する必要はありません。<%ad2>の位置を変えたい場合のみ、HTML編集で変更して下さい。

%ad2を任意の場所に移動させる

<%ad2>を任意の場所に移動させる

ちなみに、スマートフォンテンプレートを編集する時は、<%ad>と<%ad2>が含まれていないと更新できません(消すことはできない)。<%ad_overlay>のみ削除可能です(デフォルトで非表示)。

また、CSS(display:none;等)で非表示にすることは規約で禁止されているので注意して下さい。

参考:広告の表示について | FC2ブログヘルプ

テンプレートソース内から、広告タグを意図的に削除する。テンプレートソース内に広告タグは入っているが、その他のブロック変数内に入れることで、表示対象ページで出力されないようにする。HTMLの構造やCSSの位置指定などによって、広告を表示領域外に出して除外する。HTMLの構造やCSSの表示指定などによって、広告を非表示にしたり、重ねて見えなくさせる。テキスト色と背景色を近似色にする、フォントサイズをごく小にするなど、可視性を低減させる。広告タグを iframeタグ、noscriptタグなどで包含することで、表示されなくする。その他、広告が表示されるべきページで、適正な表示を阻害する行為全般。

上記、およびそれに類する行為は規約違反となります。

最後に

僕がFC2ブログをメインに使っていた頃と比べると、広告の数はかなり減っています。

当時は、無駄な広告を削除しなければ見辛いぐらい邪魔だったのですが、今ではその広告もデフォルトでほとんど表示されなくなっています。個人的には、画像高速表示の設定で記事下の広告を削除するだけで十分だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク