岐阜県本巣市「根尾谷淡墨桜」へのアクセスと撮影スポット

根尾谷淡墨桜

岐阜県本巣市「根尾谷淡墨桜」へのアクセスと撮影スポットを紹介します。

目次

\ Amazon 飲料サマーセール /

撮影した写真

撮影機材:ILCE-7RM2 + SEL2470GM + SEL90M28G

撮影難度
混雑状況
レタッチ
Scofield

満開になると観光客で混雑します。日中は駐車場待ちで渋滞になることもあります。

アクセスと駐車場

スクロールできます
目的地根尾淡墨桜
住所〒501-1524 岐阜県本巣市根尾板所
駐車場無料(イベント期間中は500円)
トイレあり
入場料無料
ライトアップ期間2023年3月20日(月)~4月30日(日)
ライトアップ時間午後6時40分から午後9時まで
三脚使用可
見頃3月下旬~4月中旬
参考サイト根尾谷淡墨ザクラ | 本巣市

車でアクセスする方も目的地は同じです。目的地手前が駐車場になっています。

根尾谷淡墨桜 駐車場

目的地付近は一方通行になっているので、逆走しないようにだけ注意して下さい。

例年桜の開花時期は、駐車場代で500円かかります(日中のみ)。駐車場の入り口で窓越しに係員の方に料金を支払うことになるので、事前に駐車場代を用意しておいて下さい。

根尾谷淡墨桜 ルート

トイレは駐車場及び目的地に設置されています。

撮影スポット

撮影スポットは駐車場から徒歩3~10分です(駐車場の位置によって異なる)。

根尾谷淡墨桜 撮影スポット

柵の中以外は自由に散策できますし、早朝や夜間に撮影することもできます。

参考までに、僕が訪れた夕方4時頃には、太陽が正面向かって右側の山に隠れかけていたので、日が当たっている時に撮影したい方は、早朝及び日中に訪れることをおすすめします。

桜の開花時期は、午後6時40分から午後9時までライトアップも行われています。

注意事項

根尾谷淡墨桜 注意
注意事項
  • 三脚を使う時は他の観光客の邪魔にならないように
  • 早朝及び夜間に訪れる方は足元を照らす灯りがあると便利
  • 足の不自由な方は専用駐車場及びできるだけ近くの駐車場に止めさせてもらう
  • 防寒対策を忘れずに

特に危険な場所はありませんが、早朝及び夜間に訪れる方は足元を照らす懐中電灯等があると便利です。また、日中は平気でも夜間は少し冷え込みます。ライトアップを撮影に出かける方は、防寒対策も忘れないで下さい。

最後に

恐らく、日中は離れた場所から人をいれずに撮影するのは困難だと思いますが、柵に近づけば人をいれずに撮影することもできるので、撮影目的で訪れても十分楽しめます。

ちなみに、2023年は僕が訪れた3月下旬に満開の見頃を迎えていました。

Scofield

誤った情報や古くなった情報に気づかれましたらコメントして頂けるとうれしいです。再度調査して記事を修正致します。現在の景観や開花状況等の情報提供も大歓迎です。

シェアしてね!

この記事を書いた人

X(旧Twitter)のインプは参考にならない。記事が拡散されてXのインプが10,000を超えても、サイトへのアクセスは1,000にも満たない。また、トレンドに入っているキーワードを含めて投稿すれば、インプは勝手に増える。記事の内容にもよるけど、Xのインプに対して、サイトへのアクセスが5~10%あれば御の字。ただ、とりあえず記事を投稿しておけば、Xのキーワード検索にはかかるので、アクセスアップには使えるのかもしれない。

コメント

コメントする

目次