岐阜県養老郡「養老の滝」へのアクセスと撮影スポット

岐阜県養老郡「養老の滝」へのアクセスと撮影スポット

岐阜県養老郡養老町「養老の滝」へのアクセスと撮影スポットを紹介します。

目次

\ キャンペーン期間:6月25日~ 7月23日 /

撮影した写真

撮影機材:ILCE-7RM2 + SEL2470GM

撮影難度
混雑状況
レタッチ
Scofield

道中にも見応えのある景色が広がっています。紅葉シーズンがおすすめ。

アクセスと駐車場

スクロールできます
目的地養老の滝
住所〒503-1267 岐阜県養老郡養老町高林1298−2
駐車場無料駐車場(9:00~17:15)
有料駐車場(24時間)
トイレあり
入場料無料
三脚使用可
見頃一年中(紅葉は11月下旬~12月上旬)
参考サイト養老の滝|養老公園(岐阜県)

車でアクセスする方は、目的地を養老の滝入口駐車場に設定すると無料駐車場までナビしてくれます。

養老の滝入口駐車場

有料駐車場を利用したい方は、目的地を養老の滝駐車場に設定して下さい。平日は500円、土日祝日及び行楽シーズンは1回1,000円です。養老の滝までは、無料駐車場から徒歩30分、有料駐車場からは徒歩5分です。

スクロールできます
駐車場料金営業時間目的地までの距離
養老の滝入口駐車場無料9:00~17:15徒歩30分
養老の滝駐車場500円~1,000円24時間徒歩5分

無料駐車場から目的地の養老の滝までは、舗装された山道を30分ほど登らなければいけないので、体力に自信のない方や時間に余裕のない方は、有料駐車場の利用をおすすめします。

トイレは駐車場及び道中に設置されています。

撮影スポット

撮影スポットは、無料駐車場から徒歩30分です(有料駐車場からは徒歩5分)。

駐車場から目的地までは、舗装された山道をひたすら登っていくだけなので、特に迷うところはありません。

養老の滝への道

道中にはトイレや休憩できるベンチも設置されているので、自分のペースで登って下さい。

養老の滝への山道

目的地の養老の滝が見えてきたら、最初の撮影スポットです。

養老の滝 撮影スポット

更に登ると、滝を間近で拝むことができます。また、休憩所も設置されています(ベンチと自販機あり)。

養老の滝

三脚は使用できますが、観光客の邪魔にならない様にだけ注意して下さい。ただ、僕が訪れた時は、三脚を使っている方は一人もいませんでした。また、思った以上に人が多かった印象です。

時間に余裕があれば、ひょうたんらんぷ館にも立ち寄ってみて下さい。

ひょうたんらんぷ館

入館料で100円かかりますが、100個近くの手作りひょうたんらんぷが飾られています。

写真撮影も自由にできますし、一見の価値ありです。

注意事項

養老の滝 注意事項
注意事項
  • 無料駐車場の営業時間は9:00~17:15(最終入場16:15)
  • 履きなれた靴で
  • 立ち入り禁止の場所には入らない
  • 秋~冬は防寒対策を忘れずに

紅葉シーズン中は混雑する印象です。僕が訪れた日は曇りで途中から雨も降ってきたのですが、それでも無料駐車場は8割近く埋まっていました。土日祝日は駐車場の空き待ちになるかもしれません。

また、時間に余裕のない方、体力に自信のない方は、有料駐車場の利用も検討してみて下さい。

最後に

養老の滝は、道中にも見応えのある景色が広がっているので、無料駐車場から紅葉散策しながら目的地に向かうコースがおすすめです。また、駐車場から徒歩で約30分かかるので、時間に余裕をもって訪れて下さい。

機会があれば、また新緑のシーズンにも訪れてみたいと思います。

Scofield

誤った情報や古くなった情報に気づかれましたらコメントして頂けるとうれしいです。再度調査して記事を修正致します。現在の景観や開花状況等の情報提供も大歓迎です。

シェアしてね!

この記事を書いた人

6月いっぱいでパチンコ・パチスロ搭載楽曲ネタはフェードアウトしようと思う。とりあえず、未開封フィギュアをレビューしたい!未だに「キャスター/スカサハ」は未開封のままだし、今月は「[暁想]アルベド」も届く予定。ASPにフィギュアレビュー記事について注意を受けてからレビューが完全に滞ってしまった。需要があるか分からないけど、注意を受けた内容についても記事にしたいと思う。

コメント

コメントする

目次