岐阜県中津川市「竜神の滝」の行き方と撮影スポット

竜神の滝

岐阜県中津川市「竜神の滝」の行き方と撮影スポットを紹介します。

目次

撮影した写真

竜神の滝 撮影した写真

撮影機材:ILCE-7RM2+SEL2470GM

アクセスと駐車場

スクロールできます
詳細
目的地 竜神の滝
住所 〒509-9201 岐阜県中津川市川上1057−2
駐車場 無料
トイレ あり
入場料 無料
三脚 使用可
見頃 一年中(紅葉シーズンは11月上旬)
参考サイト 夕森公園公式ホームページ

Googleマップの目的地を竜神の滝に設定します。

車でアクセスする方は、目的地手前に車10台程度止められる無料駐車スペースが用意されています。

竜神の滝駐車場

但し、夕森公園総合案内所から竜神の滝までは、車2台すれ違うのが困難な細い道になっているので(ところどころ幅寄せできるスペースあり)、土日祝日等で混雑する日や、車の運転に自信のない方は、手前の夕森公園総合案内所の無料駐車場を利用して下さい。

夕森公園総合案内所

また、紅葉シーズン中は竜神の滝へ続く道が車両通行止めになるので、夕森公園総合案内所に駐車して、夕森公園マップを参考に「せせらぎ橋~もみじ橋~竜神の滝」のルートで散策して下さい。

竜神の滝 車両通行止め

トイレは夕森公園総合案内所と竜神の滝手前に設置されています。

竜神の滝トイレ

撮影スポット

撮影スポットは、駐車スペースから徒歩3分です(夕森公園総合案内所からは徒歩15分)。

トイレの前を通過して、遊歩道を道なりにまっすぐです。ところどころに案内板も立っています。

竜神の滝順路1

特に迷うところはありませんが、竜神の滝周りの散策路は一方通行になっているので、逆走はしないで下さい(1周5分程度)。また、かけ橋は定員が5名になっているので、混雑時は注意して下さい。

竜神の滝順路2

定番の撮影スポットは、かけ橋を渡ってすぐの見晴らし台です。

竜神の滝順路3

三脚は使用できますが、スペースが狭いので観光客が多い時は使用を控えるべきだと思います。

注意事項

竜神の滝 注意

注意
  • 足場の悪い場所が多いので履きなれた靴で
  • マムシ・ヤマカガシ注意の看板あり
  • 夏は虫よけ対策を忘れずに
  • 秋~春は防寒対策を忘れずに

散策路は足場の悪い場所が多いですし、マムシ・ヤマカガシ注意の看板も設置されていたので、ヒールやサンダルはおすすめしません。履きなれた靴で訪れて下さい。

観光客が多い時は、長時間同じ場所を占拠しての撮影も控えるべきだと思います。

最後に

高さは10m前後だと思いますが、想像以上に迫力のある滝でした。また、散策路がお洒落で、周りの木が調度額縁構図を作ってくれるので、見晴らし台から撮影するだけで綺麗な写真が撮れます。

ただ、紅葉シーズンはかなり混んでいます。同じ場所に長居される方は少ないので、人を入れずに撮影することは可能ですが、落ち着いて撮影したいなら早朝がおすすめです。

ちなみに、ほぼ北側を向いての撮影になるので、光が当たっている時に撮影したい方は、正午過ぎに訪れるのがベストだと思います(僕が訪れた11月は調度正午頃に滝に光が差し込んでいました)。

あわせて読みたい
岐阜県中津川市「付知峡(不動滝)」の行き方と撮影スポット 岐阜県中津川市「付知峡(不動滝)」の行き方と撮影スポットを紹介します。 【撮影した写真】 撮影機材:ILCE-7RM2+SEL2470GM 【アクセスと駐車場】 スクロールできます...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いた人

このブログでは、管理人が学んだこと、体験したこと、購入した商品を好き勝手レビューしています。また、できるだけ正確な情報を伝えるよう心がけてはいますが、古い情報や間違った情報を掲載している可能性があります。

気づかれましたら、遠慮なくコメントして頂けるとうれしいです。

関連コンテンツ

コメント

コメントする

目次
閉じる