岐阜県山県市「円原川の光芒」の行き方と撮影スポット

岐阜県「円原川の伏流水(山県市)」の行き方と撮影スポット

岐阜県山県市「円原川の光芒」の行き方と撮影スポットを紹介します。

円原川の光芒

入場料 無料
駐車場 無料

アクセスと駐車場

円原川の光芒(山県市)駐車場

Googleマップの目的地を「円原川」に設定すると、駐車場までナビしてくれます。

車10台程度のスペースしかないので、空いていない時は道幅が広くなっている道路脇に駐車するしかありません。土日祝日は混雑する可能性が高いので、気合を入れて撮影したい方は、日が昇る前に現地に到着しておくことをおすすめします(平日はそこまで混雑しない)。

目的地 円原川
住所 〒501-2302 岐阜県山県市円原

目的地手前7kmあたりから、細くて見通しの悪い道が続くので、車の運転には十分注意して下さい。

scofield
夏休みに訪れた時は、朝の6時でも三脚を置くスペースに困るぐらいたくさんの人がいたのですが、平日訪れた時は、カメラマンが1人もいないなんて日もありました。

撮影スポット

個人的には大きく3つの撮影スポットがあると思っています。

円原川の光芒(山県市)撮影スポット

円原川の光芒(山県市)撮影スポット

①番は大きな岩を一緒に撮影できるスポットです。

目的地の駐車場から100m程上流に登った場所にあります(湧き水の看板を超えてすぐ)。降りられる場所には木にロープが巻いてあるのですぐに分かるはずです。通常は10人程度三脚を並べることができますが、増水時は4~5人しか三脚を立てられません。

円原川の光芒(山県市)撮影スポット1

②番は大きな岩の裏で、川の流れと光芒をより近くで撮影できるスポットです。

①番から50m程上流に登った場所にあります。また、そこからさらに30~50m程上流に登った場所にも人気の撮影スポットがあります。どちらもロープはないので降りる時は十分注意して下さい。

円原川の光芒(山県市)撮影スポット2 円原川の光芒(山県市)撮影スポット3

③番は目的地手前350m程の場所にあります。

車を道路脇のスペースに止めて、20m程下流に下った場所から降りれます(配管を超えてすぐ)。

円原川の光芒(山県市)撮影スポット4 円原川の光芒(山県市)撮影スポット5

時期によって光芒が出やすい場所や時間帯が異なるので、現地で上手く立ち回るしかありませんが、僕が訪れた8月下旬~9月初旬では③番の撮影スポットが一番綺麗に光芒を見ることができました。

太陽の位置から考えると、上流から下流に向かって光芒の出やすい時間帯が変化していくので、人気のある①番や②番で朝の9時ぐらいまで粘って、駄目なら下流に移動するのがベストな気がします。

僕が訪れた時は、③番の撮影スポットで朝の9~10時ぐらいまでずっと綺麗な光芒が出ていました。

注意

個人的に注意した方がいいかな?と思ったことです。

円原川の光芒(山県市)注意
注意
  1. 天気予報を必ず確認して出かけよう(太陽の日差しがないと光芒は出ません)
  2. 光芒が出やすいのは夏(7月・8月)の7時30分~9時頃
  3. 目的地付近は携帯の電波が繋がらない
  4. 夏でも朝は肌寒いので羽織る程度の上着を用意していこう
  5. グリップの効いた長靴を持っていこう
  6. 長秒露光するならNDフィルターがあると便利(川の流れを滑らかに写す)
  7. 先客の邪魔にならない様にしよう
  8. 見通しの悪く細い道が多いので車の運転には十分注意しよう
  9. 虫よけ対策を忘れずに

浅瀬は自由に動き回ることができるので、長靴は絶対持っていくべきです(なくても撮影はできますが行動範囲が限られます)。また、場所取りしている人達は恐らく何時間も待っています。先客の邪魔になる及び画角に写り込んでしまう場所に三脚を立てたりしない様にしましょう。

ちなみに、目的地付近は携帯の電波が繋がらないので注意して下さい。

撮影した写真

2019年9月初旬に撮影した写真です。

円原川の光芒(山県市)4 円原川の光芒(山県市)5 円原川の光芒(山県市)3 円原川の光芒(山県市)2
撮影機材:ILCE-7RM2+SEL2470GM

僕は8月下旬~9月初旬にかけて3回ほど訪れたのですが、人気のスポット①番と②番ではほとんど光芒を見ることができませんでした。ですが、諦めて帰る時に見つけた③番のスポットでは綺麗な光芒を2回見ることができました。この時期は③番の方が綺麗に光芒が見えるのかもしれません。

ちなみに、ペイントツールで加工しているんじゃないの?ってぐらい光の線が出ていますが、実際に肉眼でもはっきり分かる綺麗な光芒を見ることができます。もちろんスマホでも撮影可能です。

最後に

円原川は「光芒が出ているかどうか」で評価が大きく分かれる撮影スポットだと思います。

光芒が出ている時は神秘的ですが、光芒が出ていない時は水が綺麗で苔の生えた岩が多い山の中の川ぐらいの印象しかありません。ですから、円原川を訪れる時は必ず天気をチェックして(山の中なので天気は崩れやすい)、朝方に訪れることをおすすめします。

カメラの物損を100%保障してくれる保険「長期保証ワイド」に入れるのはソニーストアだけ

2018.07.09

ソニーストア「αあんしんプログラム」の使い方とレンズを安くお得に購入する方法

2018.07.10
スポンサーリンク
スポンサーリンク