三重県四日市市「磯津・鈴鹿川河口(工場夜景)」の行き方と撮影スポット

磯津・鈴鹿川河口(工場夜景)

三重県四日市市「磯津・鈴鹿川河口(工場夜景)」の行き方と撮影スポットを紹介します。

目次

撮影した写真

磯津・鈴鹿川河口(工場夜景)撮影した写真

撮影機材:ILCE-7RM2+SEL2470GM

アクセスと駐車場

スクロールできます
詳細
目的地 磯津の海岸
住所 〒510-0863 三重県四日市市塩浜
駐車場 なし(無料駐車スペースあり)
トイレ なし
入場料 無料
三脚 使用可
見頃 一年中

Googleマップの目的地を磯津の海岸に設定します。

車でアクセスする方も目的地は同じですが、駐車場がないので道路脇スペースに路駐になります。

磯津・鈴鹿川河口(工場夜景)駐車スペース

近くにトイレはありません。事前にコンビニ等ですませておいて下さい。

撮影スポット

撮影スポットは、目的地の目の前です。

磯津・鈴鹿川河口(工場夜景)撮影スポット

堤防上、堤防下どちらからでも撮影できます。

雨上がりで水溜まりができている時は、堤防下からリフレクションを狙えますが、鈴鹿川の水位が高い時は堤防下に降りられません。また、堤防上から対岸のオバQを切り取ることもできますが、僕が持っているレンズの最大望遠70mmでは全く足りなかったので、恐らく200mm以上の望遠レンズが必要です。全景は24~30mmぐらいあれば、高い煙突4つがフレーム内に収まります。

水溜まりを使ってリフレクションを狙う時は、目に見える大きなゴミをどかしてから撮影することをおすすめします。また、三脚を水面ぎりぎりに設置するのは難しいので、厚さ2~3cm程度のかまぼこ板等を数枚持参して、幅や高さを調整し、その上にカメラを置いて撮影する方法がおすすめです。

注意事項

工場夜景(磯津・鈴鹿川河口エリア)注意

チェック
  • 増水時は堤防下に降りられない
  • 釣り人が多いので後ろを通過する時は巻き込まれないように
  • 足元を照らす明かりがあると便利
  • 夏は虫よけ対策を忘れずに
  • 秋~春は防寒対策を忘れずに

特に危険な場所はありませんが、堤防下は明かりがないので、日没後はほとんど真っ暗です。また、階段を上り下りする時は足元に十分注意して下さい。夏場は虫よけ対策必須です。

最後に

季節にもよりますが、運が良ければ日没前後の綺麗な景色を見ることができます。

また、対岸の塩浜エリアからは、工場をもっと間近から観賞することができるので、磯津・鈴鹿川河口エリアを訪れた時は、塩浜エリアも一緒に訪れることをおすすめします。

あわせて読みたい
三重県四日市市「塩浜エリア(工場夜景)」の行き方と撮影スポット 三重県四日市市「塩浜エリア(工場夜景)」の行き方と撮影スポットを紹介します。 【撮影した写真】 撮影機材:ILCE-7RM2+SEL2470GM 【アクセスと駐車場】 スクロールで...

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いた人

まったりブログ運営者です。

現在ブログテーマをハミングバードからSWELLに変更中です。修正が完了するまでレイアウトが崩れるかもしれません。

関連記事

コメント

コメントする

目次
閉じる