岐阜県「モネの池(根道神社の池)」の行き方と撮影スポット

岐阜県「モネの池(根道神社の池)」の行き方と撮影スポット

岐阜県「モネの池(根道神社の池)」の行き方と撮影スポットを紹介します。

モネの池(根道神社の池)

入場料 無料
駐車場 約50台(無料)

アクセスと駐車場

モネの池駐車場

Googleマップの目的地を「あじさい園駐車場」に設定すると、駐車場までナビしてくれます。

特に迷う道はないので、ナビ通りに進んで下さい。

目的地 あじさい園駐車場
住所 〒501-2901 岐阜県関市板取441

休日はやや混雑していますが、長居される方はあまりいないので、満車の時は空き待ちすることをおすすめします(待てない方は北上すると別の無料駐車場があります)。

モネの池駐車場

モネの池駐車場

撮影スポット

駐車場から撮影スポットまでは徒歩3分です(国道256号線を渡ってすぐ)。

モネの池撮影スポット

池はそれほど大きくありませんが、橋の対面付近が一番人気の撮影スポットです。

中央付近は水の透明度が高く、日中は水面の反射も抑えられて撮影しやすいからです。逆に、橋(山側)から撮影すると、水面の反射がきつくてうまく撮影できません。

モネの池撮影スポット

モネの池撮影スポット

注意

個人的に注意した方がいいかな?と思ったことです。

モネの池注意
注意
  1. 早朝は鯉がほとんど泳いでいない
  2. 早朝は睡蓮(5月~10月)が咲いていない
  3. いろんな角度から撮影したい方はPLフィルターがあると便利
  4. 昼前頃から観光客が増える
  5. 雨が降ると水が濁って透明感が戻るまでに2~3日かかるらしい

お昼前になると、池の周りが観光客で埋め尽くされるぐらい人が増えます。また、一眼を持ったカメラマンがたくさんいます。ちなみに、僕は早朝から訪れていたのですが、11時~13時頃が一番綺麗に撮れた気がします(睡蓮の花が咲いて鯉が活発に動いている時間)。

撮影した写真

2019年7月初旬に撮影した写真です。

モネの池1
撮影機材:ILCE-7RM2+SEL2470GM

僕は構図を決めて鯉が集まってきた時に連写していました。カメラの設定は、全体的にピントが合ってほしかったので、F11、ISO500、SS1/100~1/200、WBはAUTOです。

シャッタースピードが遅いと鯉が被写体ブレしてしまうので注意して下さい。

最後に

レタッチされた写真を見て訪れると少し拍子抜けしてしまいますが、駐車場は無料ですし、トイレも設置されているので、写真撮影を楽しむ場所としてはおすすめです。

カメラの物損を100%保障してくれる保険「長期保証ワイド」に入れるのはソニーストアだけ

2018.07.09

ソニーストア「αあんしんプログラム」の使い方とレンズを安くお得に購入する方法

2018.07.10
スポンサーリンク
スポンサーリンク