移動時間や撮影しながら充電できる!ソニーのαシリーズで使えるモバイルバッテリー

移動時間に充電可能!ソニーのαシリーズにおすすめのモバイルバッテリー

ソニーのカメラユーザーがモバイルバッテリーを持ち歩くメリットと使い方をまとめておきます。

目次

モバイルバッテリーのメリット

モバイルバッテリーを持ち歩くメリット

実際にモバイルバッテリーを2年以上使って感じたメリットはこんな感じです。

メリット
  • 移動時間に充電できる
  • おすすめはしないけど充電しながら撮影もできる
  • 予備のバッテリーパックを購入するよりコスパが良い
  • スマホの充電にも使える

僕が使っているAnker PowerCore Speed 10000 QC(現在は新しいタイプのAnker PowerCore 10000が発売されている)は、ILCE-7RM2を約3.5回充電可能で、フル充電までにかかる時間は約1時間半です。

少し厚みはありますが、カードサイズ&重さ200g程度なので、カメラバックに入れておけば全く気になりません。僕は撮影に出かける時は必ず携帯して、移動時間に充電していることがほとんどです。

ちなみに、充電しながらの使用は、バッテリーの劣化に繋がる可能性があるのでおすすめしませんが、充電しながら撮影することもできるので、予備のバッテリーパックがない時、充電している時間がない時、どうしてもシャッターチャンスを逃せない時は、選択肢に入れておくと便利です。

モバイルバッテリーの使い方

モバイルバッテリーの使い方

充電したモバイルバッテリーを充電したいカメラやスマホに繋ぐだけです。

使い方
  1. 付属のUSBケーブルをACアダプターに差し込んでコンセントプラグで充電する
  2. USBケーブルでモバイルバッテリーと充電したいカメラやスマホを接続する
  3. モバイルバッテリーの充電残量はLEDインジケータの青いランプで確認できる

ACアダプターは付属していませんが、カメラに付属しているACアダプターが使えます。

ただ、付属のUSBケーブルは「USB – Micro-USB」になっているので、充電したいカメラやスマホの差込口が「Micro-USB」以外の場合は、変換アダプタ及び専用のケーブルを別途購入して下さい。

Micro-USB変換アダプタ

ソニーの場合は、ILCE-1、ILCE-7SM3、ILCE-7M4が「USB Type-C」になっています(恐らく今後発売されるモデルは「USB Type-C」)。それ以前の機種であれば「Micro-USB」のはずです。

ちなみに、僕が使っているILCE-7RM2は、差込口が「Micro-USB」だったので、変換アダプタや専用ケーブルは必要ありませんでしたが、スマホの差込口は「USB Type-C」なので、変換アダプタも一緒に携帯しています。

αのバッテリーを充電する方法 | ソニー

最後に

純正のバッテリーパックは8,000円前後するので、少しでも安く済ませたい方は、モバイルバッテリーの購入を検討してみて下さい。僕の経験上、長時間ずっと撮影しっぱなしでもない限り、モバイルバッテリーで代用できることがほとんどです。また、1つ携帯しておくだけでも安心感が全然違います。

ちなみに、モバイルバッテリーは「容量(mAh)」が大きくなる程、価格が高く、大きさや重さも増すので、購入する時は必ず本体のサイズも確認して下さい(個人的には10000mAhあれば十分だと思う)。

また、メーカーで迷っている時は、Ankerの製品がおすすめです。僕は2年以上使用していますが、不具合が起きたことは一度もありません。今でも問題なく使えています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いた人

このブログでは、管理人が学んだこと、体験したこと、購入した商品を好き勝手レビューしています。また、できるだけ正確な情報を伝えるよう心がけてはいますが、古い情報や間違った情報を掲載している可能性があります。

気づかれましたら、遠慮なくコメントして頂けるとうれしいです。

関連コンテンツ

コメント

コメントする

目次
閉じる