Meta Sliderの設定と使い方 – スライダーを設置するプラグイン

プラグイン「Meta Slider」を追加すると、コンテンツスライダーを作成することができます。

無料版ではいくつか機能が制限されていますが(この手のプラグインは無料版だと大抵機能が制限されています)、無料版でも十分カスタマイズできますし、設定もそれほど難しくありません。また、スライダーはショートコード及びPHPで好きな場所に設置することができます。

使い方

Meta Sliderを追加&有効化し、管理画面の「Meta Slider」から各種設定を行います。

スライドショーを作成

Meta Sliderの設定画面から、「+」ボタンをクリックして最初のスライドショーを作成します。新規にスライドショーを作成したい場合も同様に「+」ボタンをクリックして追加します。

最初のスライドショーを作成

最初のスライドショーを作成

基本設定

デザインや機能の異なる4つのスライダーが用意されています。

個人的には、一番カスタマイズの選択肢が豊富な「Nivo Slider」がお勧めです。「Coin Slider」は「width=”100%”」が設定できないだけでなく、レスポンシブに対応していないのでお勧めしません。

幅と高さは自分のサイトにあったサイズを入力して下さい(どんなに大きな横幅を指定しても、「Coin Slider」以外は自動でコンテンツの幅に縮小されます)。他はお好みで設定します。

設定を保存する時は「保存」ボタンをクリックします。

基本設定

基本設定

スライドの設定

画像はできるだけサイズを統一することをお勧めします。

スライドの設定

スライドの設定

  1. 「スライドの追加」からスライダーに表示させたい画像を選択して追加します
  2. キャプションに入力した文字はスライダー画像の上にテキスト文字で表示されます
  3. URLを入力すれば画像にリンクを貼れます(新しいウィンドウで開く場合はチェックを入れる)
  4. 画像タイトルテキストは画像にtitle属性「title=””」を設定できます
  5. 画像の代替文字列は画像にalt属性「alt=””」を設定できます
  6. 画像がスライダーのサイズよりも大きい場合に画像のどの部分を表示させるか指定できます
  7. 画像にカーソルを載せてスライドの削除及びドラッグ&ドロップで入れ替えができます

高度な設定

選択したデザインによって設定できる項目は異なります。また、無料版では機能しない設定もありますので、特に変更する必要はありません。

高度な設定

高度な設定

全ての設定が終わったら、「保存」をクリックして完了です。

スライダーの挿入

使い方に表示されているショートコード及びPHPを貼り付けてスライダーを表示させます。

使い方

使い方

記事に挿入する場合は、ショートコードを貼り付けます(記事編集画面の「スライダーを追加」ボタンから挿入することもできます)。

記事にスライダーを追加

記事にスライダーを追加

テンプレートに挿入する場合は、「テンプレートに含める」に表示されているPHPをコピーして、スライダーを表示させたい場所に貼り付けます。

挿入できたら、スライダーが上手く表示されているか確認して下さい。

Meta Slider

Meta Slider

設定はいつでも変更できますので、おかしなところがあれば修正して下さい。

最後に

無料版はいくつか機能が制限されていますが、それでも十分なカスタマイズが可能です。

また、設定項目が多く複雑に見えますが、スライドの追加と基本設定だけで問題なく機能しますので、スライダーを表示させたい時には便利なプラグインです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク