WordPressのホームページを任意の固定ページに設定する方法

WordPressの初期設定では、「新着記事一覧」がトップページに表示されますが、常に同じ内容のコンテンツを表示させたい時は、任意の固定ページをトップページに表示させることができます。

トップページを任意の固定ページに設定する

ダッシュボードの設定「表示設定」から、ホームページの表示「固定ページ」にチェックを入れ、トップページに表示させたいページを選択します(必要なら投稿ページも選択)。

ホームページの表示を変更

ホームページの表示を変更

ホームページ トップページに表示するページ
投稿ページ 記事一覧を表示するページ

ホームページを設定すると、今までトップページに表示されていた記事一覧ページがなくなります。

記事一覧を表示させたい時は、「投稿ページ」で任意のページを選択して下さい。この際、ホームページと投稿ページに同一のページを指定することはできません。

ホームページに設定したページのパーマリンク

ホームページに設定したページのパーマリンクは、強制的にトップページに変更されます。

ホームページに指定したページのパーマリンク

ホームページに指定したページのパーマリンク

また、ホームページに設定する前のパーマリンクにアクセスすると、トップページへ301リダイレクトされます。トップページと固定ページが重複コンテンツになることはありません。

ホームページのメタ情報

ホームページのメタ情報は、ダッシュボードの設定「一般」で入力した「サイトのタイトル」と「キャッチフレーズ」及びSEO系のプラグインで入力した「title」や「description」が優先されます。

ホームページを固定ページにした時のメタ情報

ホームページを固定ページにした時のメタ情報

固定ページのタイトルは、未入力でも特に問題はありません。

最後に

ホームページの表示変更は、ブログ形式とは違ったサイトを作りたい時に使うと便利です。

ただ、ホームページのカスタマイズは、使っているテーマの機能に依存する部分の方が大きいです。カスタム投稿やプラグイを使って変更することもできます。ですから、凝ったホームページを作りたい時は、最初からカスタマイズ機能が備わっているテーマを選択した方が楽だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク