プラグインのアップデートで不具合が起きた時の戻し方

WordPressのプラグインは、定期的にバージョンアップが行われています。

新しいバージョンが公開されると、管理画面の「ダッシュボード」や「プラグイン」の横に更新通知が表示されます。また、現在使用中のバージョンはプラグイン画面で確認することができます。

プラグインの更新

プラグインの更新

今まで更新通知があれば何も気にせずアップデートしていたのですが、アップデートで不具合が生じるプラグインが増えてきたので、ダウングレードして元に戻す方法を紹介しておこうと思います。

プラグインをダウングレードする方法

正常に動作していたバージョンに戻します。

公式サイトWordPress.orgでダウングレードしたいプラグインを検索します。または、検索エンジンを使ってプラグイン名で検索しても簡単に見つかると思います。

例えば、プラグイン「Intuitive Custom Post Order」の場合、下記画面が出てくると思いますので、「Developers」をクリックして正常に動作していたバージョンをダウンロードします。

過去のバージョンのプラグインをダウンロード

過去のバージョンのプラグインをダウンロード

ダウンロードできたら、ダウングレードしたいプラグインを「停止」⇒「削除」してから、プラグイン管理画面の「新規追加」⇒「アップロード」より、ダウンロードしたzipファイルを選択して、「いますぐインストール」をクリックします。

プラグインのアップロード

プラグインのアップロード

以上でダウングレードは完了です。

注意
この方法はプラグイン作者が過去のバージョンを公開してくれていることが前提です。最新バージョンしか公開していないプラグインでは使えません。また、プラグインによっては設定が初期化される可能性もありますので、ダウングレードする際は変更した個所のバックアップを取っておくことをお勧めします。

最後に

過去のバージョンを公開していないプラグインは、ダウングレードすることができません。

その場合、ご自身で不具合が起きている個所を編集する。作者が改善してくれるのを待つ。同じ機能を持った別のプラグインを探す。ぐらいしか対処法はありません。

僕の様に知識のない方は、作者が改善してくれるのを待つしかありません。

少し面倒かもしれませんが、プラグインの更新通知がきてもすぐに更新せず、過去のバージョンがダウンロードできることを確認してから更新された方がいいと思います。また、正常に動作しているバージョンのファイルを保存しておくのも一つの手だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク