Contact Form 7の設定と使い方:お問い合わせフォームの設置

Contact Form 7の設定と使い方

プラグイン「Contact Form 7」を追加すると、お問い合わせフォームを設置することができます。

難しい設定はありません。投稿及び固定ページの編集欄にショートコードを貼るだけで、簡単にお問い合わせフォームを設置できます。メールアドレスを公開する必要もありません。

設定

Contact Form 7を追加&有効化し、管理画面の「お問い合わせ」から各種設定を行います。

お問い合わせフォームの設置

ダッシュボードの「お問い合わせ」から、コンタクトフォームのショートコードをコピーします。

コンタクトフォームのショートコードをコピー

コンタクトフォームのショートコードをコピー

固定ページを新規に作成し、コピーしたショートコードを貼り付けます。

タイトルやパーマリンクは自由に設定して下さい。テキスト文字や画像を挿入することも可能です。

お問い合わせページの作成

お問い合わせページの作成

固定ページを開いて、お問い合わせフォームが表示されていることを確認して下さい。

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

これでお問い合わせフォームの設置は完了です。

メールアドレスの確認

コンタクトフォームで送信されたメールは、WordPress登録時に使用したメールアドレスに届きます(コンタクトフォーム編集画面から任意のメールアドレスに変更することもできます)。

メールアドレスの確認

メールアドレスの確認

迷惑メール対策

一番簡単に設置でき、ユーザーの負担にもならないチェックボックスを配置します(他にも迷惑メール対策はありますがチェックボックスだけでも十分な効果が得られます)。

チェックボックスの配置

管理画面のお問い合わせから、コンタクトフォームの「編集」をクリックします。

コンタクトフォームの編集

コンタクトフォームの編集

送信手前に「チェックボックス」を追加します。

チェックボックスを設置

チェックボックスを設置

送信時にチェックを必須にするため、「必須項目」にチェックを入れ、「オプション」には一緒に表示させたい文章を入力します。他はお好みで設定して下さい。

入力できたら、「タグを挿入」をクリックします。

チェックボックスのオプション設定

チェックボックスのオプション設定

挿入したチェックボックスタグを「labelタグ」で囲んでおけば、テキスト部分をクリックしてもチェックを付けることができるようになります(任意で設定して下さい)。

問題なければ、「保存」をクリックして完了です。

任意で「labelタグ」を付けて「保存」をクリック

任意で「labelタグ」を付けて「保存」をクリック

これで、チェックボックスにチェックを入れないとメールを送信できなくなります。

チェックボックスが設置されたお問合せフォーム

チェックボックスが設置されたお問合せフォーム

最後に、「チェックを入れないとメールが送信できないこと」「登録したメールアドレスにメールが届くこと」を必ずご自身で確認して下さい。

その他の設定

任意で設定して下さい。必要なければ特に変更する必要はありません。

送信先のメールアドレス変更

お問い合わせのメール送信先を変更したい時は、コンタクトフォーム編集画面の上段タブ「メール」から、「送信先」のメールアドレスを変更して下さい。

送信先メールアドレスの変更

送信先メールアドレスの変更

表示されるメッセージの変更

メッセージが正常に送信された時等に表示されるメッセージを変更したい時は、コンタクトフォーム編集画面の上段タブ「メッセージ」から、各項目のメッセージを変更して下さい。

表示されるメッセージの変更

表示されるメッセージの変更

最後に

Contact Form 7を使えば簡単にお問合せフォームを設置できます。

メールアドレスを公開することなくメールを受け取ることができますし、迷惑メール対策も備わっています。サイト運営には必須のプラグインです。

最後に大事なことなのでもう一度言っておきますが、お問い合わせフォーム設置後は、ご自身でメッセージを送信して、メールが受け取れることを必ず確認して下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク