Permalink Redirectの設定と使い方:パーマリンク構成を変更した時の301リダイレクト

Permalink Redirectの設定と使い方::パーマリンク構成を変更した時の301リダイレクト

Permalink Redirectは、301リダイレクトを設定するプラグインです。

パーマリンク構成を変更したら自動で301リダイレクトされていない。記事が多すぎて1つ1つ設定するのが面倒だ。そんな時に旧URLから新URLにまとめて301リダイレクトさせることができます。

目次

パーマリンク構成の変更と注意

パーマリンクの構成を変更すると、自動で301リダイレクトされるパターンと、301リダイレクトされないパターンがあります(少し複雑なのでご自身で旧URLにアクセスして確かめて下さい)。

例えば、「/%category%/%postname%/」から「/%postname%/」に変更すると自動で301リダイレクトされますが、「/%postname%/」から「/%category%/%postname%/」に変更すると301リダイレクトされません。この場合、404エラー「ページが見つかりませんでした。」と表示されます。

外部サイトが旧URLのリンクを掲載している場合や、検索エンジンで旧URLが表示されている場合は、404エラーが多発してアクセスに影響を及ぼす可能性があるので、自動で301リダイレクトされない時は、自分で301リダイレクトを設定する必要があります。

あわせて読みたい
WordPressのパーマリンク設定とおすすめの構成 WordPressの「パーマリンク設定」とおすすめの構成をまとめておきます。 【おすすめのパーマリンク構成】 最初に結論を書いてしまいますが、おすすめのパーマリンク構成...

設定と使い方

Permalink Redirectは公式プラグインではありません(WordPress5.6で動作確認済み)。

また、現在はダウンロードサイトが閉鎖されているので、ご自身で「ylsy_permalink_redirect.php」を作成してサーバーにアップロードする必要があります。

既に更新が止まっているプラグインなので、使用する際は全て自己責任でお願いします。

ylsy_permalink_redirect.phpの作成

エックスサーバーの解説になりますが、基本的にどのサーバーでもやることは同じです。

エックスサーバーの方はログインして、「ファイル管理」にアクセスします。

「ファイル管理」をクリック

ログインして「ファイル管理」をクリック

プラグインフォルダを開いて、「新規ファイル」から「ylsy_permalink_redirect.php」を作成します。

場所:/ドメイン名/public_html/wp-content/plugins/

ylsy_permalink_redirect.phpファイルを作成する

ylsy_permalink_redirect.phpファイルを作成する

追加した「ylsy_permalink_redirect.php」を選択して、「編集」をクリックします。

追加した「ylsy_permalink_redirect.php」を選択して「編集」をクリック

追加した「ylsy_permalink_redirect.php」を選択して「編集」をクリック

ylsy_permalink_redirect.phpのソースコードをコピペして、「更新」をクリックします。

ソースコードを貼り付けて「更新」をクリック

ソースコードを貼り付けて「更新」をクリック

これでプラグイン「Permalink Redirect」が追加されます。

Permalink Redirectの設定

プラグイン一覧に「Permalink Redirect」が追加されているので有効化します。

「Permalink Redirect」を有効化

「Permalink Redirect」を有効化

管理画面の設定「Permalink Redirect」から、「Old Permalink Structures」に旧パーマリンク構成(変更前のパーマリンク構成)を入力して、「Update Options」をクリックします。

「Old Permalink Structures」に旧パーマリンク構成を入力

「Old Permalink Structures」に旧パーマリンク構成を入力

これで全ての投稿記事が、旧URLから新URLへ301リダイレクトされます。

301リダイレクトの確認

リダイレクトチェッカーツールで301リダイレクトが正常に行われているか確認して下さい。

旧URLを入力して、「チェックする」ボタンをクリックするだけです。

301リダイレクトの確認

301リダイレクトの確認

旧URLのステータスが「301」になっていればOKです(ステータス200は正常処理です)。

最後に

記事が少ない場合は、プラグインSimple 301 Redirectsを使った方が簡単です。

また、有効化するだけで301リダイレクトされるプラグインWP Redirect Permallinkもありますが、何度もパーマリンクを変更している場合は、301リダイレクトの回数が増えるので注意して下さい(6回目になると404エラーとして処理される)。

記事数にもよりますが、個人的にはプラグイン「Permalink Redirect」を使う方法がおすすめです。

あわせて読みたい
Simple 301 Redirects by BetterLinksの設定と使い方:301リダイレクト プラグインSimple 301 Redirects by BetterLinksの設定と使い方をまとめておきます。 このプラグインを使うと、WordPressの管理画面から簡単に301リダイレクトを設定す...

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いた人

まったりブログ運営者です。

現在ブログテーマをハミングバードからSWELLに変更中です。修正が完了するまでレイアウトが崩れるかもしれません。

関連記事

コメント

コメントする

目次
閉じる