パーマリンクの構成を変更して自動で301リダイレクトされない時の対処法

WordPressでは、各ページのパーマリンク(ドメインの後ろ)を自由に設定することができます。

但し、パーマリンクを変更すると、自動で301リダイレクトされるパターンとされないパターンがあります。301リダイレクトされない時は自分で301リダイレクトを設定しなければいけません。

そこで今回は、一度決めたパーマリンクを変更して、自動で301リダイレクトされない時の設定についてまとめておきます。通常の301リダイレクトについては下記記事を参考にして下さい。

Simple 301 Redirectsの設定と使い方:301リダイレクト

2016.02.20

パーマリンクの変更と301リダイレクト

よく使われているパーマリンクの構成と、変更後の301リダイレクトの有無をまとめてみました。

変更前 変更後 301リダイレクト
/%year%/%monthnum%/%day%/%postname%/ /%postname%/ ×
/%year%/%monthnum%/%day%/%postname%/ /%category%/%postname%/
/%year%/%monthnum%/%day%/%postname%/ /%category%/%post_id%/
/%postname%/ /%category%/%postname%/ ×
/%postname%/ /%category%/%post_id%/ ×
/%category%/%postname%/ /%postname%/
/%category%/%postname%/ /%category%/%post_id%/ ×
/%category%/%post_id%/ /%postname%/ ×
/%category%/%post_id%/ /%category%/%postname%/ ×

パーマリンクを変更した時は、旧パーマリンクにアクセスして、新パーマリンクにリダイレクトされているか確認して下さい。リダイレクトされない時は、自分で設定しなければいけません。

外部サイトが旧URLのリンクを掲載している場合や、検索エンジンで旧URLが表示されている場合は、404エラーが多発してアクセスに影響を及ぼす可能性もあるので注意して下さい。

WordPressのパーマリンク設定と途中で変更する時の注意点

2018.06.19

プラグイン「Permalink Redirect」で301リダイレクトさせる方法

ダッシュボードから検索して有効化することができないので、配布サイトからファイルをダウンロードしてサーバーにアップロードする必要があります(バージョン4.9.6–jaで動作確認済み)。

Permalink Redirectをダウンロード

下記サイトから、「ylsy_permalink_redirect.php」をダウンローします。

ylsy_permalink_redirect.phpをダウンロード

ylsy_permalink_redirect.phpをダウンロード

ylsy_permalink_redirect.phpをサーバーにアップロードする

エックスサーバーの解説になりますが、基本的にどのサーバーでもやることは同じです。

ファイルマネージャにログインして、プラグインフォルダに「ylsy_permalink_redirect.php」をアップロードします(フォルダに「ylsy_permalink_redirect.php」がアップロードされたことを確認)。

場所:/ドメイン名/public_html/wp-content/plugins/

ylsy_permalink_redirect.phpをプラグインフォルダにアップロード

ylsy_permalink_redirect.phpをプラグインフォルダにアップロード

Permalink Redirectの有効化

プラグイン一覧に「Permalink Redirect」が追加されているので有効化します。

Permalink Redirectを有効化

Permalink Redirectを有効化

パーマリンクの構成を変更

ダッシュボードの設定「パーマリンク」から、パーマリンクの構成を変更します。

パーマリンクの構成を変更

パーマリンクの構成を変更

今回は初期設定では自動で301リダイレクトされないパターンに変更しました。

変更前(旧パーマリンク) /%postname%/
変更後(新パーマリンク) /%category%/%postname%/

Permalink Redirectの設定

ダッシュボードの設定「Permalink Redirect」から301リダイレクトを設定します。

入力欄「Old Permalink Structures」に「旧パーマリンクの構成」を入力して、「Update Options」をクリックします(右下には現在のパーマリンクの構成が表示されています)。

Permalink Redirectの設定

Permalink Redirectの設定

これで全ての投稿記事が、旧URLから新URLへ301リダイレクトされます。

最後に

記事が少ない場合は、プラグイン「Simple 301 Redirects」を使った方が簡単です。

ただ、今回の様にパーマリンク変更後「自動で301リダイレクトされない」かつ「記事数が多くて1つずつ設定するのは困難」なケースは、プラグイン「Permalink Redirect」を試してみて下さい。

Simple 301 Redirectsの設定と使い方:301リダイレクト

2016.02.20
スポンサーリンク
スポンサーリンク