実は厳しい!?よくあるAmazonアソシエイト規約違反

Amazonアソシエイトは規約も緩くなんでもあり!?

今までそんなイメージを持っていたのですが、決してそんなことはありません。逆に厳しいと言ってもいいぐらいです。気づいていないだけで、規約違反されている方はたくさんいます。

そこで今回は、これを読んだみなさんが規約違反にならない様、僕が注意された規約違反と、よくある規約違反についてまとめておこうと思います。

自己アフィリエイトの禁止

Amazonアソシエイトでは、自分のアフィリエイトリンクを踏んで商品を購入することは禁止されています。これは本人だけでなく、参加者の家族や関係者も同様です。

また、リンク先の確認で自分のアフィリエイトリンクを踏むこともあると思いますが、その際は「ブラウザを変える」「ブラウザのクッキーを削除する」「Google Chromeのシークレットウィンドウを使う」「24時間経過してから購入する」等して、成果が発生しない様にして下さい。

恐れ入りますが、運営規約に明記されているとおり、アソシエイトプログラムでは参加者様ご自身やその関係者のアソシエイトリンクからの注文はお断りしております。

悪意の有無にかかわらず、担当部署により運営規約違反の実施が確認された場合はアカウントや紹介料の停止となりますので、ご自身のアソシエイトリンクをクリックされることはお控えいただきますようお願いいたします。

万一クリックをした場合は、クッキーを削除したうえで買い物をするなど、アソシエイトリンクの効力を消したうえで、お買い物の開始をお願いいたします。

ちなみに、自分のリンクを踏んで購入すると、「注文レポート」には反映されますが、「売上レポート」で却下されます。ばれなきゃ大丈夫なんて絶対思わないでください。

審査を受けていないサイトにリンクを掲載するのは禁止

勘違いされている方が多いのですが、「Webサイト情報の確認ページ」にサイトURLを記載しただけでは、正式に登録されたことにはなりません。

アソシエイトリンクを掲載するサイト(Twitterアカウントを含む)は、一つ一つ必ず審査を受けて下さい。また、ドメインを移転した際にも再度審査を受ける必要があります。

サイトの追加登録手順

Amazonアソシエイトにログインしてから、画面右上「アソシエイトアカウントの管理」⇒「Webサイト情報の確認」をクリックします。

Webサイト情報の確認

Webサイト情報の確認

Webサイト情報の確認の「こちらから」をクリックします。

「こちらから」をクリック

「こちらから」をクリック

サイト追加登録の必要事項を入力して「Eメールを送信」をクリックします。件名は「アカウント情報の変更、登録URLの追加など」、コメント欄には「サイトの追加依頼」を記載して下さい。

アソシエイトカスタマーサービスに連絡する

アソシエイトカスタマーサービスに連絡する

サイト追加の承認メールが届いたら、「Webサイト情報の確認ページ」にサイトURLを入力して完了です。審査は早ければ10分で終わりますし、何度でも受けることができます。

手入力の販売価格(割引率含む)及び在庫状況の記載は禁止

Amazonアソシエイト・プログラム・リンク設定要件に価格及び在庫を表示するための条件が記載されています。基本的に販売価格を表示させたい時は、公式ツールの「テキストとイメージ」を選択するか、「API」を利用して常に最新の価格を表示させなければいけません。

ちなみに、「Amazonで3,000円 ⇒ アフィリエイトリンク」や「Amazonで30%OFF ⇒ アフィリエイトリンク」といった掲載方法について問い合わせたところ、下記の回答を頂きました。

誠に申し訳ございませんが、Amazon.co.jpの商品価格(割引率含む)ならびに在庫状況は、常に変動しておりますため、テキスト形式(手入力)での記載はお断りしております。

手入力での価格及び在庫数の表示には注意して下さい。

※2016年02月08日に「適切な表現」について一部変更がありました。

いつの時点の情報であるのかを明記すれば、価格や在庫の情報を記載することができます。詳細は商品の紹介で注意すべきことは何ですか?で確認して下さい。

テキストリンクの文言「最安値」は禁止

アフィリエイトリンクのテキストに「最安値」を使用したサイトで注意を受けました。

「最安値」は保証できる情報ではないため、この文言を使用してのアソシエイトリンクのクリック誘導はただちにおやめ願います。

この様な文言を使ったWebサービスもありますので、使用されている方は注意して下さい。

Amazon.co.jpのロゴは使用禁止

下記のロゴを使用したサイトで注意を受けました。

Amazonロゴアイコン

Amazonのロゴ

Amazon.co.jpロゴの使用は商標侵害となります。ただちにおやめ願います。

恐れ入りますが、このロゴについてはお認めはできませんし、これと同じサイズのロゴの配布は行っておりません。よって、使用はされませんようお願いします。

恐らく、Amazon.co.jp ロゴボタンで配布されているロゴボタン以外で、Amazonと判断できる様なロゴの使用は規約違反になります。使用されている方は注意して下さい。

Amazonアソシエイト・プログラム参加者であることの明記が必要

Amazonアソシエイト・プログラム運営規約の「10. 乙がアソシエイトであることの表示」には下記の様に記載されています。

乙のサイト上のどこかに 「Amazon.co.jpアソシエイト」、または「[乙の名称を挿入]は、[該当するサイト名(amazon.co.jpまたはjavari.jp)を挿入]を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」の文言を表示しなければなりません。

サイトのどこかに「Amazonアソシエイトの参加者であること」を明記しておく必要があります。

規約違反のサイトで発生した成果はどうなるのか?

未登録サイトの成果について運営に問い合わせたところ、下記の様な曖昧な回答を頂きました。

これまで発生している紹介料の対応等の情報の開示は、現時点では何らかの対応はいたしません。なお、規約違反が行われた場合、紹介料の留保、規約の解除を含む対応が行われる場合がありますので、予めご了承くださいますようお願いいたします。

ちなみに、僕はドメイン移転から2ヶ月間、全てのサイトで審査を受けずにリンクを掲載していたのですが、結果的に全て貰うことができました(Amazon優しい!)。

Amazonアソシエイト規約違反中に発生した報酬

2013.10.26

最後に

経験上、規約違反をしたからと言って、運営側からすぐに注意されることはありません。

現に、僕は運営側からいきなり注意されたことはありませんが、自分から問い合わせて「修正して下さい」と言われたことは何度もあります。

憶測でしかありませんが、「報酬支払い額に達した時」及び「第三者からの通報」がなければ、運営は個人のサイトなんてチェックしていないからです。

つまり、こういったきっかけがなければ、規約違反者はいつまでも規約違反をしたままです。せっかく報酬支払額に達しても、規約違反を理由に報酬却下なんてことがあるかもしれません。

ですから、気になる方はもう一度規約を見直し、分からないことは曖昧なまま放置せず、運営に問い合わせて下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク