フィギュアレビューサイトとGoogle AdSenseのポリシー違反

フィギュアレビューサイトとGoogle AdSenseのポリシー違反

フィギュアのレビュー記事に、Google AdSenseのポリシー違反「アダルト コンテンツ(性的な内容)」の警告が出ていたので、警告の内容と対応策についてまとめておきます。

目次

ポリシー違反の確認

Google AdSense管理画面のアカウント「ポリシーセンター」で確認することができます。

Google AdSense管理画面のポリシーセンター

スクロールできます
詳細
要修正 いいえ
問題 アダルトコンテンツ(性的な内容)
ステータス 制限付きで広告配信中

僕の場合は、「アダルトコンテンツ(性的な内容)」の問題が発生して、広告配信が制限されていました(一部の広告が表示されない状況)。ただ、要修正にはないっていないので、必ずしも修正が必要という訳ではありません。実は半年以上放置していますが、対象ページで広告が表示されないことがあるだけです。

問題の内容と審査のリクエスト

問題の内容

アダルトコンテンツ(性的な内容)は、下記の様なコンテンツを指しています。

アダルト コンテンツ(性的な内容)

次のようなコンテンツでは、広告の供給が制限されます。

  • ヌードを含むコンテンツ
  • 性的に満足させる、性的なものを暗示する、または性的刺激を目的とするコンテンツ
  • 性的なフェチについて扱っているコンテンツ
  • 性的なエンターテイメントに関するコンテンツ
  • 性的な商品を宣伝するコンテンツ
  • 不倫や浮気、性行為を促すコンテンツ
  • 性的な能力に関するアドバイスを提供するコンテンツ
  • 性欲増強剤薬やサプリメントを宣伝するコンテンツ

ヘルプセンターの制限事項の全文(例を含む)を確認してください。

このブログの問題を見る限りでは、恐らく水着フィギュアはグレーに近いアウトです。

また、そのページへリンクを貼っているページも何かしらの制限を受ける可能性があるので注意して下さい。

審査のリクエスト

ポリシーセンターに表示されたページの「修正」をクリックします。

問題のあるページの修正

問題のあったページを修正して、「審査をリクエスト」をクリックします。

問題のあるページの審査のリクエスト

審査をリクエストするまでの流れ
  1. コンテンツを見直してGoogleのポリシーと制限事項を遵守していることを確認する
  2. ページの問題を修正する
  3. 新しいバージョンをページに公開する
  4. 審査をリクエストする(審査には通常1週間ほどかかる)

フィギュア自体に問題がある場合は、恐らく修正不可能だと思いますが、露骨なバストアップやローアングルカットを削除すれば解決される可能性もあるので、気になる方は修正してから審査をリクエストして下さい。

最後に

フィギュアレビューサイトでGoogle AdSenseのポリシー違反「アダルト コンテンツ(性的な内容)」の警告が表示された方は、対象ページ及びサイトが「要修正」リストに入っていないか確認して下さい。

僕の様に要修正項目になっていない場合は、広告配信が制限された状態で放置しておくこともできますし、修正して審査をリクエストすることもできます。ですが、要修正項目になっている場合は、修正しないと最悪アカウント停止になる可能性もあるので注意して下さい。

あわせて読みたい
忍者AdMaxの特徴と使い方 忍者AdMaxの特徴と使い方をまとめておきます。 【忍者AdMaxの特徴】 忍者AdMaxは一般的なクリック報酬型の広告です。 特徴 審査なしで誰でもすぐに登録できる タグを貼...
あわせて読みたい
フィギュアのアフィリエイトは儲かるのか? 僕が1年間フィギュアのアフィリエイトを続けて分かったことをまとめておきます。 【コピペだけで記事を量産するならやるだけ無駄】 ブログランキング等でよく見かける「...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いた人

このブログでは、管理人が学んだこと、体験したこと、購入した商品を好き勝手レビューしています。また、できるだけ正確な情報を伝えるよう心がけてはいますが、古い情報や間違った情報を掲載している可能性があります。

気づかれましたら、遠慮なくコメントして頂けるとうれしいです。

関連コンテンツ

コメント

コメントする

目次
閉じる