設定変更のやり方と手順

設定変更のやり方と手順

設定変更のやり方をまとめています(設定変更の手順は全機種共通)。

目次

設定変更のやり方

設定変更には、「ドアキー」と「設定キー」が必要です。

設定変更の手順
  • 電源スイッチをOFFにする
  • 設定キーを設定キー差込口に挿して右に回す
  • 電源スイッチをONにする
  • 設定変更ボタンを押して設定を変更する(設定表示セグで確認)
  • スタートレバーを叩いて設定を決定する(1回叩けばOK)
  • 設定キーを左に回して外す

設定を確認したい時は、電源スイッチONの状態で設定キーを右に回して下さい。

現在の設定が設定表示セグに表示されます。

位置の確認

設定変更の手順は、一度覚えてしまえば簡単ですが、メーカーや筐体によって「電源BOX」「設定キー差込口」「設定変更ボタン」「設定表示セグ」の位置が若干異なります。

電源BOX

電源BOXは、実機内部左下に設置されている機種がほとんどです。

電源BOX

分からない時は、電源ON/OFFが記載されたスイッチを探して下さい。

設定キー差込口と設定変更ボタン

設定キー差込口と設定変更ボタンは、メイン基板右に設置されている機種がほとんどです。

設定キー差込口と設定変更ボタン

中には、扉裏や電源BOXに設定キー差込口がついている機種もありますし、設定変更ボタン(リセット)が扉裏に設置されている機種もあります。また、カバーのついている機種は、設定変更後しっかりカバーを閉めて下さい。閉まっていないとエラーが起こる可能性があります。

分からない時は、設定キーを差し込める鍵穴を探して下さい。

設定表示セグ

設定表示セグは、メイン基板に設置されている機種がほとんどです。

設定表示セグ

中には、払い出しセグに表示されたり、扉裏に設置されている機種もあります。

分からない時は、設定キーを右に回して、1~6までの数字が点灯するセグを探して下さい。

最後に

ドアキーがないとエラー解除や扉を開けることができません(4号機以前の古い機種ならドアキーなしで扉を開けることができる場合もある)。また、設定キーがないと設定変更ができません。

販社で実機を購入すれば、ドアキーと設定キーは必ず付いていますが、オークションでドアキーや設定キーのない実機を購入した及びなくした時は購入を検討して下さい。

\ 各メーカー別・各機種別に揃えてます! /

シェアしてね!

この記事を書いた人

2024年3月6日に始まったGoogleのコアアップデートは4月19日に完了していました(一週間以上経ってからの告知)。昨年10月に続いて、今回の調整もアクセスマイナス。昨年同時期と比較すると、アクセスは1/2~1/3程度になってしまいました。ユーザーにとって使いやすい検索エンジンになっているのなら構わないのですが、個人的には欲しい情報がなかなか見つからない&到達するまでに時間がかかる様になった気がします。現状、回復の見込みはないので、検索エンジン以外の集客方法を模索した方がいいのかもしれません。

コメント

コメントする

アップロードファイルの最大サイズ: 30 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

目次