岐阜県岐阜市「金華山・岐阜城(夜景)」の行き方と撮影スポット

金華山・岐阜城(夜景)

岐阜県岐阜市「金華山・岐阜城(夜景)」の行き方と撮影スポットを紹介します。

目次

撮影した写真

金華山・岐阜城(夜景)撮影した写真

撮影機材:ILCE-7RM2+SEL1635Z

アクセスと駐車場

スクロールできます
詳細
目的地 ぎふ金華山ロープウェー山麓駅
住所 〒500-8734 岐阜県岐阜市千畳敷下257番地
駐車場 無料
トイレ あり
夜間営業期間 公式サイトで要確認
入場料 ロープウェー往復1,100円(夜間は900円)
岐阜城入場料200円
三脚 展望レストラン屋上は使用可
岐阜城天守閣は使用不可
見頃 一年中
参考サイト ご利用案内・時刻表 | 金華山ロープウェイ

Googleマップの目的地をぎふ金華山ロープウェー山麓駅に設定します。

車でアクセスする方は、岐阜公園第3駐車場に設定すると無料駐車場までナビしてくれます。

金華山・岐阜城(夜景)アクセスと駐車場

有料(1回310円)でもいいから近くに止めたい方は、目的地を岐阜公園第1駐車場に設定して下さい。

岐阜公園第1駐車場

山麓駅までは、第3駐車場から徒歩10分、第1駐車場から徒歩5分です。

金華山ロープウェー乗り場

ただ、目的地付近は少し複雑で、右折禁止や車両通行止めの場所もあるので、車で訪れる方は事前にルートを必ず確認しておいて下さい(2019年6月の時点ではGoogleマップが右折禁止の場所をナビしていました)。初めて訪れる方は、岐阜公園/公園整備課/岐阜市公式ホームページを参考にして下さい。

金華山・岐阜城駐車場付近のナビ

ロープウェーは15分おき(土日祝は10分おき)に運行されており、山頂駅までは約5分です。券売機で往復切符を購入したら、ロープウェーで山頂駅に向かって下さい。

トイレは岐阜公園、山麓駅、山頂駅に設置されています。

撮影スポット

山頂駅から撮影スポットまでは、徒歩で向かいます。

スクロールできます
展望レストラン屋上 岐阜城天守閣
距離 徒歩3分 徒歩10分
料金 無料 入場料200円
眺望範囲 270°(北東除く) 360°
撮影スペース 広い 狭い
三脚 ×

展望レストラン屋上は、山頂駅から徒歩3分です(最初の分岐を左)。

スペースが広いので撮影場所に困ることはないですし、三脚を使用できるので落ち着いて撮影することができます。但し、夏季はビアガーデンが開催されています。

金華山展望レストラン屋上

岐阜城天守閣は、山頂駅からハイキングコースで徒歩10分です(道なりに登っていくだけ)。

撮影スペースが狭く、各方面10人程度でスペースが埋まってしまうので、運が悪いと撮影タイミングを逃してしまう可能性があります。特に、日没の景色が見られる西側は人気が高いので、日没の時間帯を狙うなら少し早めに到着しておくことをおすすめします。

岐阜城天守閣

ちなみに、天守閣は三脚の使用が禁止されているので、完全に日が沈み切る前に訪れるのがおすすめです。手すりを上手く利用すれば、数秒程度のスローシャッターなら可能です。

注意事項

金華山・岐阜城(夜景)注意

注意
  • 駐車場までのルートを事前にチェックしておこう
  • 歩きやすいスニーカーを履いていこう
  • 日没前後を狙うなら少し早めに到着しておこう
  • カメラには必ずストラップを付けていこう
  • 秋~春は防寒対策を忘れずに

綺麗に整備されたハイキングコースですが、岐阜城天守閣までは10分ぐらい段差を登っていかなければいけません。できるだけ歩きやすいスニーカーを履いて行くことをおすすめします。

ちなみに、金華山ロープウェーは長良川花火大会当日も夜間営業を行っているので、金華山及び岐阜城から花火を撮影することもできます。但し、駐車場は早くから混雑するので、今回紹介した駐車場に止めるのであれば、余裕を持って出かけて下さい。

最後に

個人的には、日没前後は三脚を使えない岐阜城天守閣を狙って、日没後は三脚を使える展望台レストラン屋上からじっくり夜景を撮影するコースがおすすめです。

夜間営業は期間限定ですが、それほど混んでいる印象はありません。カップル5割、家族連れ2割、友達同士1割、外国人観光客1割、カメラマン1割といった感じです。

一人で訪れても十分楽しめる撮影スポットだと思います。

コメント

コメントする

目次