岐阜県岐阜市「金華山・岐阜城(夜景)」の行き方と撮影スポット

岐阜県「金華山・岐阜城(夜景)」の行き方と撮影スポット

岐阜県岐阜市「金華山・岐阜城(夜景)」の行き方と撮影スポットを紹介します。

金華山・岐阜城(夜景)

夜間営業は期間が限られているので、事前に金華山ロープウェイの公式サイトで確認して下さい。

ロープウェー 往復1,100円
岐阜城入場料 200円
駐車場 無料と有料あり
夜間営業期間 04/27~05/06
07/13~08/31
09/01~10/16(土・日・祝日のみ)
12/20~12/22
三脚 展望レストラン屋上は使用可
岐阜城天守閣は使用不可

※夕方6時以降はナイター特別運賃でロープウェーは往復900円になります。

アクセスと駐車場

金華山・岐阜城駐車場

Googleマップの目的地を「岐阜公園第3駐車場」に設定すると、無料の駐車場までナビしてくれます。有料(1回300円)でもいいから近くに止めたい方は、目的地を「岐阜公園駐車場(第一)」に設定して下さい。ロープウェー乗り場までは、第3駐車場から徒歩15分、第1駐車場から徒歩5分です。

目的地 岐阜公園第3駐車場
住所 〒500-8001 岐阜県岐阜市鏡岩403

目的地付近は少し複雑で、右折禁止や車両通行止めの場所もあるので、事前にルートを必ず確認しておいて下さい(2019年6月の時点では、Googleマップが右折禁止の場所をナビしていました)。

金華山・岐阜城駐車場

金華山・岐阜城駐車場

注意
  1. のルートは特に問題ありません。
  2. のルートは赤丸の場所が右折禁止です(左斜め前方に進みましょう)。
  3. のルートは赤丸の場所が土日休日は車両通行止めです(②のルートへ進みましょう)

岐阜市公式ホームページでも確認することができます。

撮影スポット

駐車場からは徒歩で金華山ロープウェー乗り場に向かいます。

金華山ロープウェー乗り場

ロープウェーは15分おき(土日祝は10分おき)に運行しているので、券売機で「往復切符」を購入して待ちましょう。施設内のマップは施設内のご案内 | 金華山ロープウェーで確認できます。

金華山ロープウェー乗車券売機

ロープウェーは3分ほどで山麓駅に到着するので、定番の撮影スポット「展望レストラン屋上」及び「岐阜城天守閣」までは徒歩で移動します(個人的には岐阜城天守閣がおすすめ)。

展望レストラン屋上 岐阜城天守閣
移動時間(山麓駅から) 徒歩3分 徒歩10~15分
料金 無料 入場料200円
眺望範囲 270°(北東除く) 360°
撮影スペース 広い 狭い
三脚 ×

展望レストラン屋上は、山麓駅から徒歩3分です(最初の分岐を左)。スペースが広いので撮影場所に困ることはないですし、三脚を使用できるので落ち着いて撮影することができます。

但し、夏季はビアガーデンが開催されています。

展望レストラン屋上

岐阜城天守閣は、山麓駅からハイキングコースで徒歩10~15分です(道なりに登っていくだけ)。撮影スペースが狭く、各方面10人程度でスペースが埋まってしまうので、運が悪いと撮影タイミングを逃してしまう可能性があります。特に、日没の景色が見られる西側は人気なので、日没の時間帯を狙うなら少し早めに到着しておくことをおすすめします。

岐阜城天守閣

ちなみに、天守閣は三脚が禁止されていますが、手すりを上手く利用すれば、低ISO感度のスローシャッターも可能です。但し、カメラを落とさない用に(リスト)ストラップは必ず付けて下さい。

注意

個人的に注意した方がいいかな?と思ったことです。

金華山・岐阜城注意
注意
  1. 駐車場までのルート(目的地付近)を必ずチェックしておこう
  2. できれば歩きやすいスニーカーを履いていこう
  3. 日没前には撮影スポットに到着できるようにしよう
  4. カメラには必ずストラップを付けていこう(落としたら回収できないかも)

綺麗に整備されたハイキングコースですが、岐阜城天守閣までは10分ぐらい段差を登っていかなければいけません。できるだけ歩きやすいスニーカーを履いて行くことをおすすめします。

ちなみに、金華山ロープウェーは長良川花火大会当日も夜間営業を行っているので、金華山及び岐阜城から花火を撮影することもできます。但し、駐車場は早くから混雑するので、今回紹介した駐車場に止めるのであれば、余裕を持って出かけて下さい。

参考になるか分かりませんが、2019年の長良川花火大会は夕方4時の時点で近隣の駐車場は全て満車でしたが、夕方5時ぐらいまで岐阜城手前の通路と天守閣はどちらも撮影可能なスペースが開いていました(天守閣は三脚が使えないので花火撮影はあまりおすすめしない)。

scofield
岐阜公園駐車場(第一)は、岐阜城の観光客が多いので、花火大会当日でも夕方5時ぐらいまでなら空き待ちすれば止められる可能性が高いです(2019年は3~4時に訪れて、30分待ちで止めることができました)。会場まで徒歩5~10分と近いのでおすすめです。但し、確実に止めれる保障はないですし、帰りは渋滞するので岐阜市街を出るまでに1時間ぐらいかかります。

撮影した写真

2019年5月初旬~8月に撮影した写真です。

岐阜城天守閣からの夜景 展望レストラン屋上からの夜景2 展望レストラン屋上からの夜景3 展望レストラン屋上からの夜景4 展望レストラン屋上からの夜景1 金華山・岐阜城(花火大会)

広角~標準をカバーできるズームレンズがあれば問題なく撮影できますが、南側を撮影する時は望遠レンズがあると便利です。花火は天守閣の手すりの上にカメラを置いて撮影しました(ピントが甘い写真が多かったのであまりおすすめしない)。

個人的には、日没前(マジックアワー)は三脚を使えない岐阜城天守閣を狙って、日没後は三脚を使える展望台レストラン屋上からじっくり夜景を撮影するコースがおすすめです。

最後に

日没後完全に暗くなる前が一番綺麗に撮れると思います(長良川の反射も綺麗)。

夜間営業は期間限定ですが、それほど混んでいる印象はありません。カップル5割、家族連れ2割、友達同士1割、外国人観光客1割、カメラマン1割といった感じです。個人的にはおすすめの夜景撮影スポットですが、写真は天候と時間帯に大きく左右される気がします。

カメラの物損を100%保障してくれる保険「長期保証ワイド」に入れるのはソニーストアだけ

2018.07.09

ソニーストア「αあんしんプログラム」の使い方とレンズを安くお得に購入する方法

2018.07.10
スポンサーリンク
スポンサーリンク