岐阜城天守閣から夜景を撮影できる!金華山ロープウェーの夜間営業「パノラマ夜景」

期間限定!岐阜城から夜景を撮影できる金華山ロープウェーの「パノラマ夜景」

岐阜城から夜景を撮影してきたので、気づいたことと反省点をまとめておきます。

駐車場と車でのアクセス

僕は1回300円の岐阜公園駐車場(第一)に駐車したのですが、終日開放されている岐阜公園第3駐車場なら無料です。駐車場へのルートが少し分かりづらいのですが、256号沿いに案内板があります。

初めての方は、岐阜市HPの駐車場案内図で確認して下さい。

岐阜公園駐車場(第一)からは、目の前の歩道橋を渡って金華山ロープウェーまで徒歩5分です。

夜間営業期間と料金

2019年度の夜間営業期間

夜間営業は期間が限られています。詳細は金華山ロープウェイHPで確認して下さい。

次回の夜間営業は夏休みの期間です。

夜間営業期間
  • 04/27~05/06
  • 07/13~08/31
  • 09/01~10/16(土・日・祝日のみ)
  • 12/20~12/22

季節によって異なりますが、夜間営業中は夜の9時~10時半までロープウェイが運行されています。

料金

詳細は金華山ロープウェイHPで確認して下さい。

ロープウェイの切符は、入り口入って正面に見える発券機で購入することができます。

料金
金華山ロープウェイ(往復) 1,080円
岐阜城入場料 200円

ロープウェイは毎時15分間隔(土日祝は毎時10分間隔)で運行されているので、待ち時間はそれほどありません。ちなみに、僕が訪れた時は6時以降はナイター特別運賃で900円でした。

岐阜城入場料は、岐阜城の入り口で支払います(城に入る方のみ)。

撮影ポイント

ロープウェイは3分ほどで山麓駅に到着するので、撮影ポイントまでは徒歩で移動します。

定番の撮影ポイントは2つありますが、個人的には岐阜城天守閣の西側がおすすめです。

展望レストラン屋上 岐阜城天守閣
移動時間(山麓駅から) 徒歩2~3分 徒歩5~10分
料金 無料 入場料200円
眺望範囲 270°(北東除く) 360°
撮影スペース 広い 狭い
三脚 ×

展望レストラン屋上は、山麓駅から徒歩2~3分です(降りてすぐ左手側)。

スペースが広いので撮影場所に困ることはないですし、三脚を使用できるので落ち着いて撮影することができます。但し、岐阜城天守閣の方が高く長良川を広範囲に写すことができます。

岐阜城天守閣は、山麓駅からハイキングコースで徒歩5~10分程です(道なりに登っていくだけ)。

撮影スペースが狭く(人ひとりがすれ違える程度)、各方面10~15人程度でスペースが埋まってしまいます。特に、日没の景色が見られる西側は人気があるので、運が悪いと撮影タイミングを逃してしまう可能性があります。日没前後を狙うなら早めに到着しておくことをおすすめします。

ちなみに、天守閣は三脚が禁止されていますが、手すりを上手く利用すれば、低ISO感度のスローシャッターも可能です。但し、カメラを落とさない用に(リスト)ストラップは必ず付けて下さい。

参考までに、下記の写真は日没30分後に岐阜城天守閣西側から広角ズームレンズ16mm相当で撮影しました(クリックで拡大できます)。どちらも広角で写せるカメラやレンズがあると便利です。

岐阜城天守閣からの夜景
ILCE-7RM2 + SEL1635Z

最後に

岐阜城からの夜景は2回目になるのですが、今回は前回訪れた時よりも格段に綺麗でした。

タイミングの問題もありますが、空が晴れていたこと、日没後で空にまだ青みが残っていたことに加え、アクセントになる面白い雲や長良川競技場のナイターが付いていたからだと思います。

期間限定ですが、それほど混んでいる印象はないので(カップル5割、家族連れ2割、友達同士1割、外国人観光客1割、カメラマン1割といった感じ)、夜景撮影が好きな方にはおすすめのスポットです。天候と時間さえ合えば最高の景色が見られるはずです。

カメラの物損を100%保障してくれる保険「長期保証ワイド」に入れるのはソニーストアだけ

2018.07.09

ソニーストア「αあんしんプログラム」の使い方とレンズを安くお得に購入する方法

2018.07.10
スポンサーリンク
スポンサーリンク