萌える「工場夜景」in三重県四日市市!まるでSFファンタジーの世界

萌える「工場夜景」in三重県四日市市!まるでSFファンタジーの世界

三重県四日市市の工場夜景を見に行ってきたので、撮影した写真と反省点をまとめておきます。

撮影した写真

今回の撮影は、四日市工場夜景 撮影スポット情報を参考にさせて頂きました。

大正橋エリア

大正橋エリアの工場夜景

24時間開放(たぶん)されている「北条公園」の無料駐車場に駐車して徒歩10分です(「三滝公園」の駐車場は午後9時に施錠されるので注意)。ただ、徒歩経路が暗いので少し怖かったです。また、潮の満ち引きの関係か、三滝川に水が張っていない時があります。この日は、夕方に到着した時は陸が見えていたのですが、夜になったら水かさが増して陸が消えていました。リフレクションを狙うなら、国土交通省のHPで潮位を調べてから向かった方がいいかもしれません。

上の写真は「昭和電工ガスプロダクツ四日市工場」前の堤防から撮影しています。1mぐらいの高さの堤防があるので、ミニ三脚を堤防の上に置いて撮影することもできます。僕はMTPIXIEVO-BKを使って撮影しました。堤防沿いは車がほぼ入ってこないので落ち着いて撮影できます。

相生橋エリア

相生橋エリアの工場夜景

道路脇に駐車できます。また、深夜でも街灯が明るいので安心です。車の通りもそこまで多くないので、こちらも落ち着いて撮影できるポイントです。

大正橋エリアから徒歩で移動することもできます。

日永跨線橋エリア

日永跨線橋エリアの工場夜景

近くに駐車場がありません(ごめんなさい!僕は食事ついでにファミレスに止めさせてもらいました)。写真は関西本線の上を走る笹川通りの跨線橋から撮影しています。歩道の人通りは少ないのですが、幅が狭いので通行人がいる時は邪魔にならない様に注意して下さい。

撮影ポイントに行くまでの高架下が少し不気味なので、深夜の撮影はあまりおすすめしません。

塩浜エリア

塩浜エリアの工場夜景

目の前に空地があるので駐車できます。但し、僕もやってしまったのですが、車で行きすぎて私有地に入ってしまう人が多いので注意して下さい。Googleマップの目的地手前のY字路を「右折」です。左折すると私有地に入ってしまうので、「私有地」の看板が見えたらUターンしましょう。

道路の外周沿いに近距離撮影ができるだけでなく、後ろの堤防の上から工場全体を撮影することもできます。撮影ポイントも多いので、僕が訪れた中では一番おすすめのスポットです。

霞ヶ浦緑地エリア

霞ヶ浦緑地エリアの工場夜景

恐らく24時間開放されている四日市ドームの真横に駐車できます。撮影ポイントも広く車も通らないので、落ち着いて撮影することができますが、夜の9時以降は施設の明かりが消えて暗くなるので注意して下さい。夜中は少し不気味です。釣り人も多いです。

今回の撮影の反省点「長秒時NR(ノイズリダレクション)」機能

長秒露光によるノイズ

夜桜を撮影した時は全く気にならなかったのですが、工場夜景ではノイズが大量発生していました(等倍表示にすると流れ星か!?ってぐらい大量発生しています)。最初は、「イメージセンサーにホコリが付いたのかな?」「レンズフィルターが汚れているのかな?」なんて少し戸惑ってしまったのですが、原因は「長秒時NR」をオフにしていたからでした。

出荷時の設定では「オン」になっているはずなのですが、「ミラーレス一眼を買ったら最初にやるべき〇〇の設定」の記事を読んだ時に、効果も知らずに「オフ」にした僕のせいです。

ちなみに、この機能はシャッタースピードと同じだけの処理時間が必要なので、シャッタースピードが30秒なら、1回シャッターを切るのに60秒かかりますが、僕の体感では7~8割のノイズを除去できています。工場夜景を撮影する時は「オン」にしておくべきだと思います。

最後に

前回失敗だらけだった中津川の撮影後、カメラバッグを購入してカメラを気軽に持って出かける様になりました。また、三脚を購入したので、夜景撮影が凄く楽しくなりました。

今回の撮影は前回の反省点をだいぶ活かすことができた気がします。

ただ、撮影して帰るといつも悔しい思いをしています。そして学ぶことばかりです。分かっていた事なのですが、高いカメラがあれば誰でも簡単に綺麗な写真が撮れる訳ではありません。

僕の場合は特に、頭で理解して撮影するより、自分で実際に体験して学ぶ方が性に合っているので、今はただ失敗と反省を繰り返して、学んだことを次の撮影に活かしていきたいと思います。

カメラの物損を100%保障してくれる保険「長期保証ワイド」に入れるのはソニーストアだけ

2018.07.09

ソニーストア「αあんしんプログラム」の使い方とレンズを安くお得に購入する方法

2018.07.10
スポンサーリンク
スポンサーリンク