編集画面(エディター)の変更と特徴

記事編集画面の選択と変更

WordPressの記事編集画面(エディター)の変更と特徴についてまとめておきます。

目次

エディターの種類

WordPressでは、4つの記事編集画面(エディター)が用意されています。

スクロールできます
HTML・CSSの知識
ブロックエディター(ビジュアル) ほとんど必要ない
ブロックエディター(コード) 必須
クラシックエディター(ビジュアル) ほとんど必要ない
クラシックエディター(テキスト) ある程度必要

但し、WordPress5.0からは、初期編集画面がブロックエディターに変更されたので、クラシックエディターを使いたい方は、専用のプラグインClassic Editorが必要になります。

また、ブロックエディターとクラシックエディターでは、使える機能や挿入されるタグが微妙に異なるので、途中でエディターを切り替えたり、テーマを変更する場合は注意して下さい。

ちなみに、Classic Editorのサポートは2022年までという心配もありますが、恐らく必要なくなるまでサポートは続くでしょうし、公式のサポートが終了したとしても、類似のプラグインがリリースされると思います。

Classic Editor は公式な WordPress プラグインであり、少なくとも2022年まで、または必要なくなるまでの間、完全にサポート・保守されます。

参考Classic Editor

あわせて読みたい
Classic Editorの設定と使い方:クラシックエディターの復元 プラグインClassic Editorの設定と使い方をまとめておきます。 このプラグインを使うと、クラシックエディター(ビジュアルエディター&テキストエディター)を復元する...

エディターの特徴

ブロックエディター(ビジュアルエディター)

文章の段落や見出し、画像、リスト等をそれぞれ1つのブロックとして管理・編集するモードです。

ブロックエディター(ビジュアルエディター)

WordPress5.0以降のデフォルトエディターです。

これからWordPressを始める方、HTMLやCSSが苦手な方、プレビューにより近い画面で編集したい方に向いていますが、事前にテーマがブロックエディターに対応しているかを必ず確認して下さい。

対応していない(推奨されていない)テーマでは、逆に作業効率が落ちます。

ブロックエディター(コードエディター)

HTMLのみで記事を編集するモードです。

ブロックエディター(コードエディター)

編集画面のメニューリストから切り替えることができます。

但し、部分的にHTML入力を使いたいだけなら、ビジュアルエディターの「カスタムHTML」ブロックで対応できます。わざわざコードエディターを使うメリットはありません。

ビジュアルエディターで編集した記事のソースを確認したい時に使うことがほとんどです。

クラシックエディター(ビジュアルエディター)

ワープロソフトの様に視覚的に文字を入力したり装飾できるモードです。

クラシックエディター(ビジュアルエディター)

ブログを運営されたことがある方にとっては、恐らく一番親しみやすいエディターです。

HTMLやCSSの知識はほとんど必要なく、HTML編集をしたい時は、テキストエディターに切り替えて操作することもできます。初期のブロックエディターが使いにくいと感じた時は試してみて下さい。

クラシックエディター(テキストエディター)

HTMLを使って記事を編集するモードです。

クラシックエディター(テキストエディター)

編集画面のタブから切り替えることができます。

ビジュアルエディターとは異なり、視覚的効果がないので、色や画像はHTMLで表示されます。HTMLやCSSの知識がない方にはおすすめしませんが、タグやコードを編集しやすいといったメリットがあります。

ちなみに、ブロックエディター(コードエディター)との違いは、タグボタンが使える点です。

あわせて読みたい
AddQuicktagの設定と使い方:エディターにタグボタンを追加 プラグインAddQuicktagの設定と使い方をまとめておきます。 このプラグインを使うと、エディターに任意のタグを追加することができます。よく使う見出しタグや文字の装...

最後に

初期編集画面のブロックエディターが使いにくいと感じた時は、クラシックエディターを試してみて下さい。

ただ、今後はブロックエディターが主流になっていくはずですから、これからWordPressを始める方&HTMLやCSSの知識がない方は、ブロックエディターの使い方に慣れて覚えることをおすすめします。

また、テーマを選ぶ時は、できるだけブロックエディターに対応しているテーマを選んで下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いた人

このブログでは、管理人が学んだこと、体験したこと、購入した商品を好き勝手レビューしています。また、できるだけ正確な情報を伝えるよう心がけてはいますが、古い情報や間違った情報を掲載している可能性があります。

気づかれましたら、遠慮なくコメントして頂けるとうれしいです。

関連コンテンツ

コメント

コメントする

目次
閉じる