Classic Editorの設定と使い方:WordPress5.0以降で編集画面を従来のモードに戻す

Classic Editorの設定と使い方:WordPress5.0以降で編集画面を従来のモードに戻す

プラグイン「Classic Editor」を追加すると、WordPress5.0以降でも従来の編集画面が使えます。

WordPress5.0にアップデートしたら、編集画面がブロックエディタ―(Gutenberg)に変更されて使いにくい。今まで使っていた編集画面に戻したい。そんな方におすすめのプラグインです。

設定

Classic Editorを追加&有効化するだけで機能します。

デフォルトの記事編集画面が、今までの編集画面「クラシックエディター」に変更されます。

デフォルトの編集画面がクラシックエディターに変更される

デフォルトの編集画面がクラシックエディターに変更される

これで今までと全く同じ操作画面で記事を編集することができます。

ちなみに、ダッシュボードの設定「投稿設定」の「ユーザーにエディターの切り替えを許可します」を「はい」に設定すれば(デフォルトは「いいえ」)、投稿一覧画面から「ブロックエディター」と「クラシックエディター」両方の編集が可能になります。

Classic Editorの詳細設定

Classic Editorの詳細設定

すべてのユーザーのデフォルトエディター クラシックエディター
ユーザーにエディターの切り替えを許可します。 はい

エディターを切り替えたい時は、投稿一覧画面から好きな方を選択して下さい。

「ブロックエディター」と「クラシックエディター」を自由に選択できる

「ブロックエディター」と「クラシックエディター」を自由に選択できる

最後に

現状では、「ブロックエディター」はかなり使い辛いです。

5分ぐらい操作してみましたが、プラグインやテーマが完全に対応していないせいもあって、直観で操作することができません。そもそも、今の編集画面に不満を感じたことはなかったんですよね。

とりあえず、「Classic Editor」は公式プラグインですし、2022年まではサポートされているので、しばらくお世話になるつもりです。今後「ブロックエディター」の使い勝手が改善されるようであれば、徐々に慣れていこうかな。と思います(できればクラシックエディターを使っていたい)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク