Classic Editorの設定と使い方:WordPress5.0以降でクラシックエディターを使う

Classic Editorの設定と使い方:WordPress5.0以降で編集画面を従来のモードに戻す

Classic Editorは、編集画面で「クラシックエディター」を使用可能にするプラグインです。

WordPress5.0以降の新編集画面「ブロックエディタ―(Gutenberg)」が使いにくい方は、旧編集画面「クラシックエディター」に戻すことができます。また、切り替えも可能になります。

設定と使い方

プラグインを追加&有効化するだけで機能します。

使い方

デフォルトの記事編集画面が、今までの編集画面「クラシックエディター」に変更されます。

デフォルトの編集画面がクラシックエディターに変更される

デフォルトの編集画面がクラシックエディターに変更される

これまで通り「ビジュアルエディター」と「テキストエディター」が使用できます。

編集画面の切り替え

管理画面の設定「投稿設定」からは、デフォルトの編集画面の選択が可能です。

また、投稿設定「ユーザーにエディターの切り替えを許可」の「はい」にチェックを入れると、「ブロックエディター」と「クラシックエディター」の切り替えが可能になります。

Classic Editorの詳細設定

Classic Editorの詳細設定

クラシックエディターを使用している時は、「ブロックエディターに切り替え」から変更できます(表示されていない時は表示オプションの「エディター」にチェックを入れる)。

「ブロックエディターに切り替え」をクリック

「ブロックエディターに切り替え」をクリック

ブロックエディターを使用している時は、「旧エディターに切り替え」から変更できます。

「旧エディターに切り替え」をクリック

「旧エディターに切り替え」をクリック

また、投稿済みの記事は、一覧画面からエディターを選択して編集することができます。

「ブロックエディター」と「クラシックエディター」を自由に選択できる

「ブロックエディター」と「クラシックエディター」を自由に選択できる

但し、編集中の変更は保存されないので、エディターを切り替える時は、必ず「更新」してから行って下さい。また、エディターの切り替えで必要のないタグが挿入されることもあるので、編集中にエディターを切り替えるのはあまりおすすめしません。

最後に

現状では、「ブロックエディター(Gutenberg)」の使い勝手はテーマに依存している気がします。

一応、プラグイン「Classic Editor」は2022年まではサポートされているので(以降も必要なくなるまでの間は完全にサポート・保守される)、しばらくお世話になるつもりですが、今後「ブロックエディター」の使い勝手が改善されるようであれば、徐々に慣れていこうかなと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク