Shortcoderの設定と使い方:ショートコードの追加と編集

Shortcoderの設定と使い方:ショートコードの追加と編集

プラグイン「Shortcoder」を追加すると、任意のショートコードを追加することができます。

記事内に挿入できるウィジェットの様な感覚で使うことができるので、複数の記事で使いまわしたい&内容を変更する可能性がある定型文やHTML(広告)を挿入する時に使うと便利です。

設定

Shortcoderを追加&有効化すると、ダッシュボードのメニューに「Shortcoder」が追加されます。

ショートコードの追加

新規ショートコードを追加する時は、「Create shortcoder」をクリックします。

新規ショートコードの追加

新規ショートコードの追加

必須事項の「Shortcode name」と「Shortcode content」を入力して、「公開」をクリックします(Shortcode nameに使える文字は、「半角英数」「半角スペース」「-」「_」だけです)。

ショートコードの作成

ショートコードの作成

ショートコードはいくつでも追加することができます。また、後から何度でも編集可能です。

また、複数のショートコードを作成する場合は、タグ付けしておくと識別しやすくなります。

ショートコードに設定を追加

ショートコード作成画面では、任意に設定を追加することもできます。

ショートコードに設定を追加する

ショートコードに設定を追加する

Display name タイトル(未記入ならShortcode name)
Temporarily disable shortcode ショートコードを無効にする
Disable shortcode for administrators 管理者(ログインユーザー)には無効にする
Execute shortcode in devices 表示させるデバイス

一時的に無効にしたり、デスクトップ及びスマホでのみ表示させることもできます。

ショートコードの挿入

記事編集画面で、「Shortcoder」タグをクリックします(ビジュアルエディターは「[/]」タグ)。

記事編集画面で「Shortcoder」タグをクリックする

記事編集画面で「Shortcoder」タグをクリックする

ショートコード一覧が表示されるので、挿入したいショートコードの「Insert」をクリックします。

挿入したいショートコードの「Quick insert」をクリック

挿入したいショートコードの「Quick insert」をクリック

ショートコードが挿入されれば設定は完了です。

ショートコードが挿入される

ショートコードが挿入される

レイアウトが崩れる時は、Shortcode contentでpタグの付け忘れ等を確認してみて下さい。

最後に

僕は記事内に広告を挿入する時によく使っています。

特定カテゴリでのみ表示させたい広告がある。表示非表示を簡単に切り替えたい。成果が出なければ他社の広告に置換えたい。バナー広告の種類を変えたい。等、複数記事の文章や広告を置換えたい時、ショートコードの中を編集するだけで簡単に置換えることができるので便利です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク