滋賀県彦根市「多景島(たけしま)」の行き方と撮影スポット

多景島(たけしま)

滋賀県彦根市「多景島(たけしま)」の行き方と撮影スポットを紹介します。

目次

撮影した写真

多景島(たけしま)撮影した写真

撮影機材:ILCE-7RM2+SEL2470GM

アクセスと駐車場

スクロールできます
詳細
目的地 多景島
住所 〒522-0057 滋賀県彦根市八坂町2155
駐車場 無料
トイレ あり
運行期間 3月1日~3月31日・4月17日~11月30日
出航時間 15:00(1日1便)
入場料(乗船料・往復) 大人1,500円
学生1,200円
子供750円
三脚 使用可
ペット 不可
見頃 一年中
参考サイト オーミマリン| 多景島航路
オーミマリン| 多景島めぐり

Googleマップの目的地をオーミマリン 彦根港支店に設定します。

車でアクセスする方も目的地は同じです。目的地に大きな無料駐車場が隣接しています。

オーミマリン 彦根港支店 駐車場

多景島便は15時出航です(5分前から乗船可能)。余裕をもってびわこ遊覧船のりばで乗船券を購入して下さい。

ただ、満席の場合は乗船をお断りされる可能性もあるので、訪れる日が決まっている方は、事前に空席確認・ご予約 | オーミマリンでWEB予約して訪れることをおすすめします(僕が訪れた休日でも観光客が20~30人程度だったので、よほどのことがなければ予約なしでも乗船できると思います)。

乗船券売場

トイレは彦根港の遊覧船乗り場と船上に設置されています。

撮影スポット

撮影スポットの多景島までは船で20分です。船内は冷暖房完備なので、移動中は快適です。

船内

船上から多景島を撮影したい方は、船内後部の扉から展望デッキに出て下さい。上陸前に島の周りを時計回りで一周してくれるので、後部デッキ及び2回の展望デッキ進行方向右側の席から撮影することができます。

シャッターチャンスは限られているので、事前にカメラはしっかり設定しておいて下さい。

展望デッキ

上陸後は30分間多景島を散策することができます(30分あれば全て周ることができる)。

多景島散策

特に危険な場所はありませんが、西側の岬は若干足場の悪い場所がありますし、手すりが設置されていない場所もあったので、高いところが苦手な方はあまり行き過ぎない様に注意して下さい。

多景島 岬

個人的には、船上から眺める多景島が印象的でした。

三脚は持ち込み可能ですが(確認済み)、日中しか上陸できないので手持ち撮影で十分だと思います。

注意事項

多景島 注意

チェック
  • マスクの着用必須
  • 足場の悪い場所もあるので履きなれた靴で
  • 夏は熱中症対策を忘れずに
  • 秋は防寒対策を忘れずに

僕が訪れた時はコロナ対策でマスクの着用が必須でした。

最後に

船での移動時間含めて所要時間は1時間10分程度なので、時間が合えばふらっと立ち寄ってみて下さい。

ちなみに、僕が使っているレンズでは船上から多景島を撮影した時に見切れてしまう角度があったので、フレームに綺麗に収めるなら24mm以下の広角レンズをセットしておくと綺麗に撮影できると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメント

コメントする

目次