滋賀県大津市「満月寺浮御堂」へのアクセスと撮影スポット

満月寺浮御堂

滋賀県大津市「満月寺浮御堂」へのアクセスと撮影スポットを紹介します。

目次

撮影した写真

撮影機材:ILCE-7RM2 + SEL2470GM

撮影難度
混雑状況
レタッチ
Scofield

夜景を撮影するなら三脚必須です。夜明け前が綺麗。

アクセスと駐車場

スクロールできます
目的地満月寺浮御堂
住所〒520-0242 滋賀県大津市本堅田1丁目16−18
駐車場無料
トイレあり(少し離れている)
入場料無料
拝観料300円
開門時間8:00~17:00
三脚使用可(境内は使用禁止)
見頃一年中
参考サイトなし

車でアクセスする方は、目的地を浮御堂駐車場に設定すると無料駐車場までナビしてくれます。

浮御堂駐車場

空いていない時は、50m程西に戻った浮御堂参拝駐車場にも無料駐車場が用意されています。

浮御堂参拝駐車場

但し、参拝者専用駐車場なので、撮影目的で訪れる方は自己責任でお願いします(電話で確認したら止めても構わないとのことですが、混雑する時間帯に長時間止めるのは控えるべきだと思います)。

ちなみに、満月寺浮御堂の開門時間は「8:00~17:00」となっていますが(拝観料300円)、駐車場は24時間開放されていますし、周辺からの撮影は24時間可能です。

トイレは堅田観光駐車場に設置されていますが、事前にコンビニ等ですませておくことをおすすめします。

撮影スポット

撮影スポットは、駐車場から徒歩3分です。

満月寺の南にある本堅田湖岸緑地の湖岸から撮影することができます。

浮御堂(満月寺) 撮影スポット

駐車場から撮影スポットまでは、路地裏を通っていくことになりますが、周りは民家なので騒いだりしないようにして下さい。また、撮影スポット付近は段差があったり、足場の悪い場所もあるので、夜間及び早朝に訪れる方は懐中電灯等の明かりの持参をおすすめします。

浮御堂(満月寺)撮影スポットまでのルート

僕は早朝に訪れたので南西から撮影しましたが、北側からも同様に撮影可能です。

浮御堂(満月寺)1

少し分かりづらいのですが、民家と民家の間の細い路地から湖岸に出ることができます。

浮御堂(満月寺)撮影スポットまでのルート1

個人的には、日が昇る前の薄っすらと明るくなり始めた頃が一番綺麗に見えた気がします。

注意事項

浮御堂(満月寺)注意
注意事項
  • 周辺は民家なので夜間や早朝は騒がないように
  • 撮影スポット付近は足場が悪いので注意
  • 釣り人の後ろを通過する時は巻き込まれないように
  • 夏は虫よけ対策を忘れずに
  • 秋~春は防寒対策を忘れずに

湖岸ぎりぎりから撮影する場合は、足場をしっかり確認して段差に注意して下さい。

最後に

構図は大体限られているので、あとは時間帯と天候次第だと思います。

ちなみに、僕が訪れた時は1時間ぐらい滞在していたのですが、カメラマンは1人もいませんでした。たまたまかもしれませんが、それほど混雑する場所ではないと思います。

今日の一言

2023年11月3日にリリースされたコアアップデートが11月29日にロールアウトしました。長かっただけで特に大きな変化はありません。10月で大きく減ったアクセスは少し戻ったかな!?程度です(恐らく季節需要の高い記事のアクセスでそう見えるだけ)。とりあえずやる事は変わらないので、次のコアアップデートに向けてコツコツ記事を書いてリライトするだけです。

コメント

コメントする

目次