アフィリエイトブログにYouTubeの動画を埋め込む前に

YouTubeにアップロードされた動画をサイトに埋め込むのは凄く簡単です。

ただ、なんでも自由にサイトに埋め込んで良い訳ではありません。特に、アフィリエイト(広告収入)が絡んだ場合は厳しくなるので注意する必要があります。

また、著作権については曖昧というか、黙認されている部分もありますので、僕の口から違法です!違法ではありません!なんて断言することはできませんし、グレーな部分をどれだけ調べたところで、明確な答えは出てこないと思います。

どうしても気になるのであれば、著作権者に直接問い合わせて下さい。

違法にアップロードされた動画は閲覧できなくなる

再生しようとした動画が削除されていたことはありませんか?

youtubeアカウント停止

削除された動画

違法な動画アップロードを繰り返しているアカウントは停止される可能性があります。また、著作権侵害の申し立てがあれば動画は削除されます。

残念ながら、違法にアップロードされた「ドラマ」「映画」「音楽」を埋め込んだサイトは、時間が経てば閲覧できない動画ばかりになになります。記事が増えれば管理しきれなくなります。

また、著作権についてもニコ動を埋め込んだら著作権侵害等になる? | BLOGOSの様な判例がありますが、最初から違法にアップロードされた動画と知っておきながらサイトに埋め込んだ場合や、著作権者と名乗る人物から抗議を受けたにも関わらず直ちに削除しなかった場合は、著作権侵害の幇助責任が問われる可能性もあるので注意して下さい。

公式チェンネルの音楽PVでも注意が必要

YouTubeには、公式チャンネルがアップロードした音楽PVもたくさんあります。皆さんもご存知だと思いますが、avexnetworkwarnermusicjapankingrecordsが有名です。

公式チャンネルがアップロードした動画ですから、著作権については問題ありません。

ですが、JASRAC管理楽曲には注意が必要です。

個人が広告収入を得て運営するサイトは、動画投稿サイトにアップロードされたJASRAC管理楽曲の動画をタグ貼り付け・埋め込みの方法で利用する場合、JASRACと許諾契約を結ぶ必要があります。もちろん、公式チャンネルがアップロードした音楽PVも含まれます。

分かり易く言うと、JASRACに利用料を支払えってことです。

動画投稿サイトのJASRAC管理楽曲を許諾契約なしで利用できるのは、個人が広告収入を得ずに運営するサイトだけです。

アフィリエイトサイトとJASRAC管理楽曲

JASRAC管理楽曲をサイトで利用する場合

詳細については、JASRACネットワーク課 | JASRACで確認して下さい。また、JASRAC管理楽曲はJASRAC管理作品 作品データベース検索サービス | JASRACで調べることができます。

ちなみに、歌詞は一部掲載するだけでも許諾契約手続が必要になります。JASRACから音楽の著作権手続きについてといった連絡を受けた方もいるので注意して下さい。

但し、アメーバブログの様に、ブログサービスの運営事業者がJASRACの許諾を得ている場合は条件付きで歌詞掲載が可能となっています。詳細については、個人ブログ等におけるJASRAC管理楽曲の歌詞掲載について | JASRAC及びJASRAC管理楽曲の歌詞掲載が可能になりました | アメーバブログで確認して下さい。

違法動画を掲載しているサイトを禁止している広告主

中には、違法にアップロードされた動画の埋め込みを禁止している広告主もいます。

例えば、楽天アフィリエイトはサイト上のどこかに掲載しているだけでも規約違反になります。詳細については、画像の無断利用(権利侵害)について商品名及びテキストの表記方法について | 楽天アフィリエイトで確認して下さい。

また、Google AdSenseも著作権で保護されているコンテンツを扱っているか、そのようなコンテンツに直接リンクするサイトは、ポリシー違反になります。詳細については、禁止コンテンツ 著作権で保護されているコンテンツ | AdSense ヘルプで確認して下さい。

最後に

YouTubeの動画をサイトに埋め込むのは簡単ですが、他人の知的財産を利用するのは非常に難しいことです。また、何をどの様に利用したか?によっても状況は変わりますから、一概に良し悪しを決めることはできません。

全く同じ動画を埋め込んでいたとしても、著作権者の許諾を得ている方もいますし、サイトが広告収入を得ているかでも判断は異なります。つまり、他人がやっているから大丈夫という考え方は非常に危険だということです。

ただ、僕がブログを始めた頃から、違法動画(音楽やPV)を埋め込んで、Amazonアソシエイトやクリック課金型の広告を掲載しているサイトが今でも運営を続けています。つまり、違法動画埋め込みへの取り締まりはそこまで厳しくないのかもしれません。

気づかれていない。見過ごされている。だけの可能性もありますが・・・。

また、どれだけ気をつけてサイトを運営していても、著作権を侵害してしまう可能性は誰にだってあります。こんな記事を書いている僕もグレーな部分はあります。

ですから、分からない時は違法ですか?捕まりますか?といった部分ではなく、著作権者に不利益が生じていないか?著作権者がそのサイトを見てどう思うか?著作権者に自信を持ってサイトを見せられるか?で判断してみてはどうでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

6 件のコメント

    • 凄く参考になる記事をありがとうございます!

      ただ、記事の中にも「原理原則論からいえば、個人でも広告収入があれば許諾は必要。問い合わせの窓口で、アフィリエイト収入=商用と判断するのは当然」というJASRAC側の回答がありますので、原則的には許諾が必要になると思います。

      広告収入がなければ公式動画の貼り付けに許諾は必要ありません。

      問題は広告収入があるかないかの部分です。

      また、少し難しい部分もありますが、アドセンス等で収入を得ているブログに公式動画を張り付ける(動画を使って稼ごうとしている訳ではない)場合は見過ごされると思いますが、公式動画を使って稼ごうとする場合は見過ごされないと思います。

      例えば、「公式動画を貼りつけてCDのアフィリエイトリンクを貼る」といった記事を大量に投稿する行為。

      正直、著作権については難しいので断言することはできないのですが、僕がまとめで書いている考え方は変わりません。

  • 公式動画でも商用利用は埋め込みダメなんですね。
    利用させてもらってるわけですからしょうがないですけど。
    質問なんですけど埋込みではなくてリンクだけなら大丈夫だと思いますか?

    • 「商用サイトに<a href=”https://www.youtube.com/watch?v=L-sRhZrSmVI” target=”_blank”>POP MASTER/水樹奈々</a>の形でリンクを掲載する際にも許諾手続きは必要なのでしょうか?」

      という問い合わせをしたところ、下記の回答を頂きました。

      『公式チャンネルの動画であるかどうかを問わず、JASRAC管理楽曲を使用したYouTube動画を直接リンクの方法で外部サイトにエンベットする場合は、リンク先のサイトにおける許諾手続きが必要となります。』

      僕も少し勘違いしていたのですが、外部リンクを貼ることも「タグ貼り付け」に含まれています。つまり、商用サイトに直接リンクを貼ることも許諾手続きが必要になるということだと思います。

      ただ、あまり細かく言い出すと、許諾手続きが必要なサイトだらけになってしまいますので、現時点では余程ひどい使い方をしなければ、見過ごされると思っています。

      ご期待に添える内容かは分かりませんが、他にも気になることがあれば直接JASRACの方へ問い合わせて頂ければと思います。

    • 断言することはできないのですが、僕の調べた限りでは公式動画へのリンクに規制はないはずです。

      ただ、違法に投稿された動画へのリンクは、グーグルアドセンス等で禁止されていますので、ASPによっては規約違反になります。

      もし、公式動画へのリンク+アフィリエイトを目的でサイトを作るのであれば、一度JASRACに問い合わせておいた方がいいかもしれません。

      あまりお役に立てず申し訳ないのですが、個人的にも一度問い合わせて、結果は後日追記したいと思います。

  • なるほど!わかりました。
    できるだけグレーゾーンみたいな使い方はしたくないのでちゃんと質問して許可を得ることも必要ですね。そもそもオリジナルコンテンツで勝負できることが一番良いんですけどね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。