WP Downgradeの使い方:WordPressのダウングレード

WP Downgrade

プラグインWP Downgrade | Specific Core Versionの設定と使い方をまとめています。

管理画面からWordPressを指定したバージョンにダウングレードできるプラグインです。アップデートでエラーが起きた際、正常に動作していたバージョンに戻したい時に使うと便利です。

目次

ダウングレードする前に

経験上、WordPress本体が原因でエラーが発生する可能性は極めて低いです。また、もし仮にWordPressが原因だったとしても、すぐに改善されるはずですから、慌ててダウングレードする必要はありません。

恐らく、原因は最新版のWordPressに対応していないテーマやプラグインにあります。

WordPressのダウングレードを試みる前に、Health Check & Troubleshooting等を使って、テーマやプラグインに問題がないか確認してみて下さい。また、PHPのバージョンが古すぎないかも確認してみて下さい。

設定と使い方

ダウグレードする前にファイルとデータベース両方のバックアップを必ず取っておいて下さい。

プラグインを有効化すると、管理画面の設定に「WP Downgrade」が追加されます。

WP Downgrade Options

ダウングレードしたいバージョンをRelease Archive | WordPress.orgで確認してから、「WordPressターゲットバージョン」に番号を入力して、「変更を保存」をクリックします。

この際、存在しないバージョンを指定するとエラーメッセージが表示されます。また、極端に古いバージョンを指定すると、致命的なエラーが発生するので、直近の正常に動作していたバージョンを指定して下さい。

ダウングレードしたいバージョンを入力

ダウングレードするバージョンを確認して、「本体(コア)のアップ/ダウングレード」をクリックします。

WordPress.org以外からファイルをダウンロードしたい時は、「ダウンロードURLを編集」にチェックを入れて、ダウンロードファイルのURLを指定して下さい(基本的にはチェック不要)。

ダウングレードするバージョンを確認

更新画面に移動するので、「バージョン〇.〇.〇–jaを再インストール」をクリックします。

バージョン〇.〇.〇–jaを再インストール

WordPressが選択したバージョンにダウングレードされます。

WordPressが選択したバージョンにダウングレード

WordPressをダウングレードした後は、「ターゲットバージョンを変更する」「プラグインを停止する」「プラグインを削除する」までWordPressのアップデートが行われない点にだけ注意して下さい。

注意
  • メジャーアップデートを何度もまたぐようなダウングレードは致命的なエラーが起きる可能性がある
  • 管理画面に入れなくなった時はFTPを利用してWordPressのバージョンを変更する
  • プラグインを有効化してターゲットバージョンを指定するとWordPressのバージョンが固定される
  • ターゲットバージョンのリセット及びプラグインを停止するとバージョンの固定は解除される
  • ターゲットバージョンを指定したままにしておおくと管理画面が重くなる

最後に

WordPressのダウングレードは、若干リスクを伴うので、個人的にはあまりおすすめしません。

最初にも書きましたが、(恐らく)原因はWordPressではなく、テーマやプラグイン等、別の部分にあるからです。また、問題の元を解決しなければ、いつまでもWordPressをアップデートできないからです。

WordPressのダウングレードは、問題がどうしても解決できない時の最終手段だと思って下さい。

今日の一言

2024年3月6日からGoogleのコアアップデートが始まりました。今回は長めの調整でまだ完了していません。このブログは、3月16日時点では確実にマイナス方向。雑記ブログが被弾しているのかと思いきや、僕にとって優良な記事を配信している特化型ブログも複数被弾しているので、一部の個人ブログが被弾しているといった感じ。なんとなくドメイン単位でフィルターをかけられているような気がします。捕捉されると、どんな記事を書いても中途半端な順位までしか上がらない。加えて、一部の記事が大幅に下落する傾向。

コメント

コメントする

アップロードファイルの最大サイズ: 30 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

目次