WP Downgradeの使い方:WordPressのダウングレード

WP Downgrade

プラグインWP Downgrade | Specific Core Versionの設定と使い方をまとめています。

管理画面からWordPressを指定したバージョンにダウングレードできるプラグインです。アップデートでエラーが起きた際、正常に動作していたバージョンに戻したい時に使うと便利です。

目次

\ 先行セール開催中! /

ダウングレードする前に

経験上、WordPress本体が原因でエラーが発生する可能性は極めて低いです。また、もし仮にWordPressが原因だったとしても、すぐに改善されるはずですから、慌ててダウングレードする必要はありません。

恐らく、原因は最新版のWordPressに対応していないテーマやプラグインにあります。

WordPressのダウングレードを試みる前に、Health Check & Troubleshooting等を使って、テーマやプラグインに問題がないか確認してみて下さい。また、PHPのバージョンが古すぎないかも確認してみて下さい。

設定と使い方

ダウグレードする前にファイルとデータベース両方のバックアップを必ず取っておいて下さい。

プラグインを有効化すると、管理画面の設定に「WP Downgrade」が追加されます。

WP Downgrade Options

ダウングレードしたいバージョンをRelease Archive | WordPress.orgで確認してから、「WordPressターゲットバージョン」に番号を入力して、「変更を保存」をクリックします。

この際、存在しないバージョンを指定するとエラーメッセージが表示されます。また、極端に古いバージョンを指定すると、致命的なエラーが発生するので、直近の正常に動作していたバージョンを指定して下さい。

ダウングレードしたいバージョンを入力

ダウングレードするバージョンを確認して、「本体(コア)のアップ/ダウングレード」をクリックします。

WordPress.org以外からファイルをダウンロードしたい時は、「ダウンロードURLを編集」にチェックを入れて、ダウンロードファイルのURLを指定して下さい(基本的にはチェック不要)。

ダウングレードするバージョンを確認

更新画面に移動するので、「バージョン〇.〇.〇–jaを再インストール」をクリックします。

バージョン〇.〇.〇–jaを再インストール

WordPressが選択したバージョンにダウングレードされます。

WordPressが選択したバージョンにダウングレード

WordPressをダウングレードした後は、「ターゲットバージョンを変更する」「プラグインを停止する」「プラグインを削除する」までWordPressのアップデートが行われない点にだけ注意して下さい。

注意
  • メジャーアップデートを何度もまたぐようなダウングレードは致命的なエラーが起きる可能性がある
  • 管理画面に入れなくなった時はFTPを利用してWordPressのバージョンを変更する
  • プラグインを有効化してターゲットバージョンを指定するとWordPressのバージョンが固定される
  • ターゲットバージョンのリセット及びプラグインを停止するとバージョンの固定は解除される
  • ターゲットバージョンを指定したままにしておおくと管理画面が重くなる

最後に

WordPressのダウングレードは、若干リスクを伴うので、個人的にはあまりおすすめしません。

最初にも書きましたが、(恐らく)原因はWordPressではなく、テーマやプラグイン等、別の部分にあるからです。また、問題の元を解決しなければ、いつまでもWordPressをアップデートできないからです。

WordPressのダウングレードは、問題がどうしても解決できない時の最終手段だと思って下さい。

シェアしてね!

この記事を書いた人

6月いっぱいでパチンコ・パチスロ搭載楽曲ネタはフェードアウトしようと思う。とりあえず、未開封フィギュアをレビューしたい!未だに「キャスター/スカサハ」は未開封のままだし、今月は「[暁想]アルベド」も届く予定。ASPにフィギュアレビュー記事について注意を受けてからレビューが完全に滞ってしまった。需要があるか分からないけど、注意を受けた内容についても記事にしたいと思う。

コメント

コメントする

目次