エックスサーバーのPHPを最新の推奨バージョンに変更する方法

エックスサーバーのPHPバージョン確認と推奨バージョンへの変更方法

エックスサーバーのPHPバージョンは、WordPressをインストールした時に設定されます。

ダッシュボードから更新できるWordPressのバージョンとは異なり、PHPのバージョンはサーバーパネルからしか変更できません。WordPressをインストールしてから半年以上変更していない方は、バージョンが古くなっている可能性があるので、設定を一度見直すことをおすすめします。

PHPバージョンの変更

PHPバージョンの変更は無料ですし、難しい設定もありません。

参考:PHPのバージョンについて | レンタルサーバー【エックスサーバー】

ポイント
  • 最新の推奨バージョンでより高速なウェブサイト運用が可能になる
  • PHPのバージョンはいつでもボタン一つで切り替えることができる(戻すことも可能)
  • PHPのバージョンはドメイン単位で変更する必要がある

エックスサーバーにログインして、操作メニュー「サーバー管理」をクリックします。

操作メニュー「サーバー管理」をクリック

操作メニュー「サーバー管理」をクリック

PHPの「PHP Ver.切替」をクリックします。

PHPの「PHP Ver.切替」をクリック

PHPの「PHP Ver.切替」をクリック

PHPのバージョンを変更したいドメインを選択します。

PHPのバージョンを変更したいドメインを選択

PHPのバージョンを変更したいドメインを選択

現在のバージョンを確認し、変更後のバージョンのリストに新しい推奨バージョンがあれば選択して「変更」をクリックすると、PHPのバージョンが変更されます。

PHPバージョンの変更

PHPバージョンの変更

僕は今までPHPのバージョン変更によって不具合が起きたことは一度もありませんが、コンテンツが正常に表示されない等の不具合が起きた場合は、変更前のバージョンに戻して下さい。

最後に

最新の推奨バージョンでは、PHP高速化設定(FastCGI)キャッシュモジュール(OPcache)が標準で有効になっています。個別の設定は不要です。

つまり、ボタン1つで最新のPHP推奨バージョンに変更でき、サイトのパフォーマンスも上がる訳です。もちろん無料です。最新の推奨バージョンを利用しないのは勿体ないです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク