【SWELL】ABテストブロックの使い方

【SWELL】ABテストブロックの使い方

SWELLの「ABテスト」ブロックの使い方をまとめておきます。

目次

ABテストブロックとは?

ABテストブロックは、2つのブロックをランダムに表示させる機能です。

ABテストブロック

SWELL専用の「広告タグ」や「SWELLボタンブロック」と併用して、表示回数やクリック率を計測することもできるので、下記の様な検証を行いたい時に使うと便利です。

ABテストを使って検証
  • A社の広告とB社の広告どちらがCVしやすいのか?
  • Aのバナー広告とBのバナー広告どちらがクリックされやすいのか?
  • バナー広告とテキスト広告どちらがクリックされやすいのか?
  • シンプルに2つの広告やコンテンツをランダムで表示させたい

設定

編集画面で「ABテスト」ブロックを追加して、それぞれのブロックに表示させたい内容を入力するだけで機能しますが、表示回数やクリック率を計測したい時は、「広告タグ」や「SWELLボタン」と併用して下さい。

ウィジェットや複数記事で使い回す時は、「再利用ブロック」及び「ブログパーツ」を使うと便利です。

ABテストブロックの使い方

編集画面でSWELLブロック「ABテスト」を追加します。

ABテストブロックを追加

AブロックとBブロックにそれぞれランダムで表示させたい内容を入力して下さい。

バナー広告やテキスト広告を挿入したい時は、「カスタムHTML」ブロックを追加してコードを入力します。

カスタムHTMLブロック

ボタンにしたい時は、「SWELLボタン」ブロックを追加して、「広告タグ設定」にコードを入力します。

SWELLボタンブロック

最後に表示比率を決定して完了です(初期設定はそれぞれ50%)。

ABテスト表示比率

今回はアフィリエイトリンクを挿入しましたが、表示させたい内容は自由に設定できます。

広告タグとSWELLボタンを使って表示回数やクリック率を計測

表示回数やクリック率を計測したい時は、「広告タグ」及び「SWELLボタン」を使用します。

スクロールできます
使い方
バナー広告 広告タグに登録して広告タグブロックで呼び出し
テキスト広告をそのまま表示 広告タグに登録してショートコードで呼び出し
テキスト広告をボタンで表示 SWELLボタンを追加してボタンの計測設定をONにする

バナー広告やテキスト広告をそのまま表示させたい時は、事前に広告タグに登録しておきます。

広告タグ管理機能・広告タグブロックの使い方 | WordPressテーマ SWELL

広告タグを追加

編集画面で「広告タグ」ブロックを追加して、登録した広告タグを呼び出します。

広告タグブロックを追加して登録した広告タグを呼び出す

この際、テキスト型の広告タグは「広告タグ」ブロックで呼び出すことができません。

文中等でテキスト広告をそのまま表示させたい時は、ショートコードで呼び出して下さい。

広告タグのショートコード

テキスト広告をボタンで表示させたい時は、「SWELLボタン」ブロックを追加して、ボタン計測設定の「クリック率を計測する」をONする&広告タグ設定の「広告タグを直接入力」にアフィリエイトタグを入力します。

SWELLボタンでクリック率を計測

広告タグの計測結果は管理画面の「広告タグ」一覧から、SWELLボタンの計測結果は編集画面の「SWELLボタン」ブロックで確認することができます。

ブログパーツや再利用ブロックに登録して使う

複数の記事で使いまわしたい時は、「再利用ブロック」に登録して使うと便利です。

再利用ブロックを作成

ウィジェットで使いたい時は、「ブログパーツ」に登録してショートコードで表示させることができます。

登録したコンテンツを自由に呼び出せる「ブログパーツ」機能 | WordPressテーマ SWELL

ブログパーツのショートコード

但し、再利用ブロックやブログパーツでは、「SWELLボタン」の計測機能が使えない点にだけ注意して下さい。

最後に

ABテストは、2つの異なるコンテンツをランダムで表示させる機能です。

SWELL専用の「広告タグ」や「SWELLボタン」と併用することで、広告の表示回数やクリック数も計測できるので、選択肢が複数あって迷っている時は、実際にABテストで検証してみて下さい。

コメント

コメントする

目次