同期パターンの使い方:登録したコンテンツを複数の記事で使いまわす

同期パターンの使い方:複数の記事で同じコンテンツを使いまわす

WordPressの記事で同期パターン(再利用ブロック)を使う方法をまとめています。

WordPress6.3から、再利用ブロックは「同期パターン」に名称が変更されました(使い方は同じ)。

目次

同期パターンとは?

同期パターンは、投稿や固定ページをまたいで同じコンテンツを再利用できる機能です。

例えば、10記事に同じ内容のブロックを挿入した場合、内容を変更した際に10記事の修正が必要になりますが、同期パターンを使えば、同期パターン1つを編集するだけで、全ての記事に変更が反映されます。

また、編集を加えること前提のテンプレート(非同期パターン)として登録することもできるので、同期パターンを上手く使えば、記事を書く時間と編集の手間を大幅に節約することができます。

記事で繰り返し使うコンテンツやテンプレートを作成したい時に使うと便利です。

再利用ブロック - WordPress

同期パターンの使い方

同期パターンと非同期パターンの使い方にだけ注意して下さい。

ポイント
  • 使いまわしたいコンテンツは同期パターン
  • テンプレート(雛形)として使いたいコンテンツは非同期パターン
  • 同期パターンは切り離して非同期パターンと同じ使い方もできる

同期パターンの新規追加(登録)

登録したいブロック(範囲)を選択して、オプションから「パターンを作成」をクリックします。

ツールバーオプションから「パターンを作成」をクリック

任意の名前を入力して、「生成」をクリックします。

任意の名前を入力して「生成」をクリック
同期使いまわしたいコンテンツ
非同期呼び出した後に編集を加えたいコンテンツ(テンプレート)
※同期と非同期は後から変更できません

これで同期パターンの登録は完了です(複数ブロックをまとめて登録することもできる)。

同期と非同期は後から変更できません。同期パターンは、パターンを切り離して非同期パターンとして使えますが、非同期パターンを同期パターンとして使うことはできないので注意して下さい。使いまわしたいコンテンツは「同期」、テンプレート(雛形)として使いたいコンテンツは「非同期」が基本です。

同期パターンの呼び出し

記事編集画面の「マイパターン」から、登録した同期パターンを呼び出します(/同期パターンの名前)。

非同期パターン

この際、呼び出した同期パターンをそのまま編集すると、他で呼び出している同期パターンにも変更が反映される点にだけ注意して下さい。個別に編集を加えたい時は、パターンを切り離す必要があります。

非同期パターンは、全て通常ブロックで挿入されるので、そのまま編集ができます。

同期パターンの切り離し(解除)

同期パターンは、パターンを切り離して編集もできます(非同期パターンと同じ使い方)。

通常ブロックとして編集したい時は、呼び出した同期パターンを選択して、ツールバーオプションのアイコン及びメニューから「パターンを切り離す」を選択して下さい(切り離すと紫色の枠が外れる)。

パターンを切り離す

パターンを切り離した後は、自由に編集できます(同期パターンには影響しない)。

間違って同期パターンを編集してしまった時は、記事を保存する時に表示される「パターン」のチェックを外して更新する及び一度キャンセルして同期パターンを切り離してから記事を更新して下さい。

同期パターンの更新

記事公開&保存時にパターンの確認画面が表示された時は要確認です。

同期パターンの編集と管理

同期パターンと非同期パターンは、管理画面から新規追加と編集ができます。

URLで管理画面にアクセスする

下記URLにアクセスすると、同期パターン管理画面にアクセスできます。

同期パターン管理画面のURL

https://ドメイン/wp-admin/edit.php?post_type=wp_block

同期パターンの編集と管理

編集画面から管理画面を開く

記事編集画面右上のオプションから、「パターンの管理」をクリックすると管理画面が表示されます。

パターンの管理

中には、最初から管理画面に同期パターンのメニューが追加されているテーマもありますし、PHPファイルを編集して管理画面のメニューに追加することもできます。

再利用ブロック管理ページを管理メニュー項目に追加する【WordPress】 | ウェブ倉庫

インポートとエクスポート

同期パターンは、JSON形式のファイルでインポートとエクスポートができます。

他のサイトに同期パターンをコピーして使いたい時は、管理画面から対象のパターンを選択して「JSON 形式でエクスポート」をクリックします(.json形式のファイルがダウンロードされる)。

同期パターンデータのエクスポート

JSONからインポートをクリックして、ダウンロードしたファイルをインポートします。

同期パターンデータのインポート

使う機会は少ないと思いますが、複数サイトを運営されている方は知っておくと便利な機能です。

最後に

ブロックエディターで記事を編集する時は、必須といってもいいぐらい便利な機能です。

少し複雑に見えますが、「同期パターンを編集すると全ての同期パターンに変更が反映される」「個別に編集を加えたいテンプレートとして使いたい時は非同期に登録する」「同期パターンを個別に編集したい時は同期パターンを解除して編集する」の3点にだけ注意すれば、簡単に使いこなすことができるはずです。

今日の一言

2023年11月3日にリリースされたコアアップデートが11月29日にロールアウトしました。長かっただけで特に大きな変化はありません。10月で大きく減ったアクセスは少し戻ったかな!?程度です(恐らく季節需要の高い記事のアクセスでそう見えるだけ)。とりあえずやる事は変わらないので、次のコアアップデートに向けてコツコツ記事を書いてリライトするだけです。

コメント

コメントする

目次