Table of Contents Plusの設定と使い方:記事中に目次を設置

Table of Contents Plusの設定と使い方

プラグイン「Table of Contents Plus」を追加すると、見出しを元に目次を自動生成することができます。手動で目次を更新したり、アンカーリンクを貼る手間が省けます。

但し、このプラグインを使う大前提として、記事内で見出しタグ「h1~h6(最低でも一種類)」をしっかり使い分けている必要があります。見出しを乱用されている方は目次がゴチャゴチャになって見辛くなります。また、見出しを使っていなければ目次は表示されません。

設定

Table of Contents Plusを追加&有効化し、管理画面の設定「TOC+」から各種設定を行います。

Table of Contents Plusの設定

Table of Contents Plusの設定

使い方

初期設定でも問題なく動作しますが、「表示条件」を最小の「2」に設定しておくと、見出しが2個以上あると時に目次が表示されます。投稿記事にも目次を表示させたい時は、「次の投稿タイプのときに表示」の「post」にもチェックを入れます。

設定の変更

設定の変更

他の設定はデザイン的なものなので、お好みで設定して下さい。

階層表示」は、レベルの異なる見出し(h2,h3,h4等)を使っている場合、小さな見出しが階層表示されます。「スムーススクロール」は、目次をクリックした際、見出しまで一瞬で飛ぶかスクロールしながら飛ぶかの違いです。「回り込み」はレイアウトが崩れる可能性がありるので「なし」推奨です。「横幅」「文字サイズ」「デザイン」は自由に設定して下さい。

その他の設定(任意)

その他の設定(任意)

上級者向けを開くと、更に細かい設定ができます。特に変更する必要はありませんが、表示させたくない見出しがあれば「見出しレベル」で設定して下さい。

上級者向け設定

上級者向け設定

自動で目次を表示させる時の設定は以上です。

補足
ウィジェットエリアにも「TOC+」が追加されるので、ウィジェットに目次を表示することもできます。

ショートコードで任意の位置に表示させる方法

ショートコードを使えば、目次を任意の記事&位置に表示させることができます。

目次を表示させたい場所に下記ショートコードを入力します。

ショートコードが優先されますから、任意の場所に目次を表示させたい時に使うと便利です。

また、「次の投稿タイプのときに表示」のチェックを外している記事でも、ショートコードで目次を表示させることができるので、「次の投稿タイプのときに表示」のチェックを全て外しておけば、ショートコードで完全任意の位置に目次を表示させることもできます。

次の投稿タイプのときに表示のチェックを全て外す

次の投稿タイプのときに表示のチェックを全て外す

僕は全てショートコードで目次を表示させています。

最後に

全ての記事に目次は必要ないと思いますが、目次があると便利な記事もあります。

また、検索エンジンで表示されるタイトルの下に、目次のタイトル(見出し)リンクが表示されることもあるので、SEO効果も多少あると思います。表示させる記事、場所、デザインのカスタマイズも簡単ですから、僕の中では必須のプラグインです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク