Easy WP Cleanerの設定と使い方:データベースの最適化

Easy WP Cleaner

プラグインEasy WP Cleanerの設定と使い方をまとめておきます。

このプラグインを使うと、不要なデータ(記事のリビジョンやスパムコメント等)の削除&データベースの最適化を行うことができます。シンプルで使いやすいのが特徴です。

目次

設定

プラグインを有効化すると、管理画面の設定に「Easy WP Cleaner」が追加されます。

不要なデータの削除

管理画面から「Easy WP Cleaner」を開いて、不要な項目の「Delete」をクリックします。

不要データの削除

スクロールできます
詳細
Revision リビジョン(自動保存された記事の変更履歴)
Draft 下書き保存されている記事
Auto Draft 編集中にWordPressが自動的に保存したリビジョン
Moderated Comments 承認待ちのコメント
Spam Comments スパムコメント
Trash Comments ゴミ箱のコメント
Orphan Postmeta 孤立したポストメタ
Orphan Commentmeta 孤立したコメントメタ
Orphan Relationships 孤立した関連付けメタ
Dashboard Transient Feed ダッシュボードの一時データ

※各項目の詳細はHelpタブから確認できます

全ての項目を一括で削除したい時は、「Delete All」をクリックします。

但し、「Draft(下書き保存されている記事)」と「Moderated Comments(承認待ちのコメント)」を間違って削除しないようにだけ注意して下さい(「Delete All」を使う前に要確認)。

データベースの最適化

こちらは「Optimize Database」をクリックするだけでまとめて最適化されます。

データベースの最適化

無駄なデータが溜まっている時は、大幅に容量を減らすことができます。

最後に

頻繁に使う機能ではありませんが、データベースの最適化には便利なプラグインです。管理画面もシンプルで見やすいですし、難しい操作もないのでおすすめです。

ちなみに、僕は月に1回程度不要なデータの削除とデータベースの最適化を行っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメント

コメントする

目次