WordPressのテーマ追加と変更方法

WordPressのテーマ選択

WordPressのテーマ追加と変更方法をまとめておきます。

目次

テーマの追加

公式テーマの追加

無料の公式テーマを追加したい時は、管理画面の外観(テーマ)を開いて「新規追加」をクリックします。

テーマの新規追加

ここで表示されるテーマは全て無料です。

使いたいテーマにカーソルを載せて、「インストール」をクリックするとダウンロードできます。

テーマをダウンロード(インストール)する

多すぎて分かりにくい時は、上部のフィルターを使うと目的にあったテーマを探しやすくなります。

非公式テーマの追加

この方法は、主に有料テーマやネットで無料配布されている非公式テーマをインストールする時に使います。

先程同様、外観(テーマ)を開いて「新規追加」をクリックします。

テーマの新規追加

画面上部の「テーマのアップロード」をクリックします。

テーマのアップロード

ファイルを選択でZIP形式のテーマファイルを選択して、「今すぐインストール」をクリックします。

ZIP形式のテーマファイルをアップロード

子テーマも同様にアップロードすることができます。

テーマの変更

管理画面の「外観(テーマ)」を開くと、インストール済みのテーマが一覧で表示されます。

変更したいテーマにカーソルを載せて、「有効化」をクリックするとテーマが変更されます。

テーマの変更

この際、「ライブプレビュー」をクリックすると、変更前にプレビュー画面を確認できます。

2022年のおすすめテーマ

個人的には、株式会社LOOSの「SWELL」一択です。

スクロールできます
価格 複数サイト ブロックエディター
Cocoon 無料
STORK19 11,000円 ×
SANGO 11,000円
JIN 14,800円
AFFINGER6 14,800円
SWELL 17,600円

有料テーマの機能やデザインは似たり寄ったりの部分が多いのですが、現時点では「SWELL」のカスタマイズ性能が一歩抜けています。かゆいところに手が届く、まさにブロガーが求めていたテーマといった感じです。無料テーマで圧倒的な人気を誇る「Cocoon」と業務提携を結んでいるのもポイントです。

また、他社からの乗り換えプラグインが用意されているので、新規にWordPerssを始める方だけでなく、他社のテーマから乗り換えを考えている方にもおすすめできるテーマとなっています。

一言で言ってしまえば、超万能テーマです。

価格で躊躇っている方もいると思いますが、間違いなく買って後悔はしないテーマです。むしろ、騙されたと思ってSWELLを購入した方が、後々後悔しないような気がします。それぐらいおすすめできるテーマです。

初心者は絶対避けるべきテーマ

個人的に絶対おすすめしないテーマです。

非公式の無料海外テーマ

WordPress公式のディレクトリに登録されていない無料の海外テーマは避けるべきです。

海外テーマは、パッと見お洒落で魅力的かもしれませんが、不安要素が多すぎます。日本語に対応していますか?サポートはありますか?テーマは更新されていますか?マニュアルはありますか?デモサイトの様な綺麗なサイトを本当に作れますか?初心者の方には絶対おすすめしません。

検索エンジンで「WordPress テーマ 無料」等で検索している方は要注意です。

カスタマイズ機能の乏しい無料テーマ

無料テーマの中には、CocoonLuxeritasの様にカスタマイズ豊富で優秀なテーマもあります。

ですが、ほとんどの無料テーマの場合は、何か機能(「SNSボタンの追加」「目次の設置」等)を追加しようとした時にプラグインが必要になります。この際、テーマによっては正常に動作しないこともありますし、カスタマイズばかりに時間を取られて、肝心の記事が書けなくなってしまう可能性もあります。

WordPressをカスタマイズするためにWordPressを始めたわけじゃないですよね?

記事を書くことに集中したいのであれば、最初からデザインが整っていて機能が豊富なテーマを選ぶべきです。

非レスポンシブデザインのテーマ

レスポンシブデザイン(スマホ表示)に対応していないテーマは絶対に避けるべきです。

現在はレスポンシブデザインに対応していないテーマの方が少ないと思いますが、スマホ表示も必ず確認して下さい。WP touch等のプラグインを追加すれば、スマホ表示に対応させることはできますが、ショートコードが機能しなかったり、レイアウトが崩れることもあります。

サイトのジャンルにもよりますが、今はパソコンよりもスマホからのアクセスの方が多くなっています。PC表示よりもスマホ表示のデザインを重視してもいいぐらいです。

テーマの変更は慎重に

テーマを変更する時は下記の点に注意して下さい。

テーマを変更する時の注意
  • テーマ独自のショートコードが使えなくなる
  • テーマによって最適な画像の大きさが異なる
  • カスタマイズしたCSSのデザインが崩れる可能性がある
  • ウィジェットの配置を見直す必要がある
  • 必要ないプラグインを停止させる必要がある

当然ですが、テーマを変更すると、変更前に使っていたテーマ独自のショートコードは機能しません。テーマ変更後は、ショートコードのタグがそのまま表示されてデザインが崩れます。

また、テーマによって最適なアイキャッチ画像の縦横比は異なりますし、カラム幅が変われば最適な画像サイズも変わってくるので、一度画像を全て見直す必要があります。

有料テーマの中には、プラグインと同じ機能が備わっているケースもあるので、必要ないプラグインを停止させる必要も出てきます(設定がバッティングしてエラーを起こす)。

テーマを変更して、「はい終わり!」という訳にはいきません。

運営期間が長く、規模が大きくなるほど、大がかりな修正が必要になってくるので注意して下さい。

最後に

テーマはこれからサイトを運営していく上でずっとお世話になるものです。

途中で変更することもできますが、テーマを変更してそれで終わりという訳にはいきません。テーマ独自のショートコードが使えなくなりますし、レイアウトの修正も必要になります。

サイトの運営期間が長くなる程、記事が増える程、テーマの変更は難しくなりますから、最初に時間をかけてでも自分のサイトに合ったテーマをしっかり選ぶことが大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いた人

このブログでは、管理人が学んだこと、体験したこと、購入した商品を好き勝手レビューしています。また、できるだけ正確な情報を伝えるよう心がけてはいますが、古い情報や間違った情報を掲載している可能性があります。

気づかれましたら、遠慮なくコメントして頂けるとうれしいです。

関連コンテンツ

コメント

コメントする

目次
閉じる