【SWELL】抜粋文の設定と文字数の変更

SWELL抜粋文の設定と文字数の変更

SWELLの抜粋文の設定と任意の文章に変更する方法をまとめておきます。

目次

抜粋文の表示・非表示

抜粋文の初期設定は、PC&タブレット120文字、モバイルは非表示に設定されています。

表示・非表示及び文字数を変更したい時は、カスタマイザーの「投稿情報の表示設定」から変更して下さい。

カスタマイザー ▶ 記事一覧リスト ▶ 投稿情報の表示設定

投稿情報の表示設定

PC&タブレットとモバイルの設定は別れており、文字数は40~320文字の間で選択できます。最適な文字数は、カラム数やサムネの画像比率によって異なりますから、プレビューで確認しながら設定して下さい。

ここでは、「更新日」や「著者」情報の表示・非表示の設定も変更できます。

抜粋文を任意の文章に変更

初期設定では、記事の冒頭から「抜粋文の文字数」で指定した文字数が抜粋として表示されます。

これを任意の文章に変更したい時は、記事編集画面の抜粋欄に表示させたい文章を入力して下さい。

投稿を編集 ▶ 投稿設定 ▶ 抜粋

抜粋

抜粋欄では、briタグが使用できるので、改行を入れたり、アイコンを表示させることもできます。

抜粋欄が表示されていない時は、オプションの「設定」を開いて、パネルの「抜粋」を有効にして下さい。

投稿を編集 ▶ オプション ▶ 設定 ▶ パネル ▶ 抜粋

抜粋を有効にする

クラシックエディターの場合は、表示オプションを開いて、「抜粋」にチェックを入れて下さい。

投稿を編集 ▶ 表示オプション ▶ 抜粋

クラシックエディターで抜粋を表示

抜粋欄に入力した文章は、抜粋で優先表示されます。

ちなみに、抜粋機能は投稿でのみ使用できます。固定ページでは編集できません。

投稿リストに表示される『抜粋文』に好きな文章を設定する方法 | WordPressテーマ SWELL

最後に

一般的なテーマの場合、記事一覧で表示される抜粋文の表示・非表示や文字数の変更は、PHPの編集が必要になるケースが多いのですが、SWELLではカスタマイザーから変更できるので便利です。

リストレイアウトによっては(カード型等)、抜粋が必要ないケースもありますし、抜粋が短すぎたり、長すぎてレイアウトが崩れている場合は、抜粋の設定を見直してみて下さい。

あわせて読みたい
WordPressの抜粋表示の文字数変更 WordPressの抜粋表示の文字数を変更する方法をまとめておきます。 【抜粋表示の文字数変更】 抜粋表示の文字数を変更したい時は、外観からテーマエディターを開いて、fu...

コメント

コメントする

目次