WordPressの一般設定:サイトのタイトルやキャッチフレーズの変更

WordPressの一般設定

WordPressの「一般」の設定についてまとめています。

目次

\ Amazon 飲料サマーセール /

一般設定

設定の変更は、管理画面の設定「一般」から行います。

サイトのタイトルとキャッチフレーズ

サイトのタイトルとキャッチフレーズは、ブログに表示されるタイトル&titleタグとして使われます。

タイトルとキャッチフレーズ

プラグイン等で変更していなければ、WordPressでは各ページに下記のtitleタグが出力されます。

titleタグ
フロントページサイトのタイトル – キャッチフレーズ
その他のページページのタイトル – サイトのタイトル
※WordPressの初期設定

サイトのタイトルは、全てのページのtitleタグに含まれるので、できるだけ短くシンプルにすることをおすすめします(PC検索結果には最長30文字前後しか表示されないため)。また、ここで設定したtitleタグは、検索結果以外にも、ブラウザのタブ、ブックマーク、SNSなどでも表示される重要な要素となっています。

Google 検索結果のタイトルリンクの変更 | Google 検索セントラル

WordPressアドレスとサイトアドレス

WordPressアドレスとサイトアドレスを変更できます。

WordPressアドレスとサイトアドレス
設定詳細
WordPressアドレスWordPressをインストールしたアドレス
サイトアドレスアクセスするためのアドレス(表示するアドレス)

常時SSL化した時は、両方のアドレスをhttpsに変更する必要があります。

但し、誤って変更すると、ログインできなくなる可能性もあるので(wp-config.phpの編集が必要になる)、基本的に常時SSL化以外では変更不要です。分からない方は変更しないで下さい。

管理者メールアドレス

コメントの通知やメンテナンスの情報が届く「管理者メールアドレス」を変更できます。

管理者メールアドレス

初期設定では、ログインに使用する「登録メールアドレス」が設定されています(「登録メールアドレス」はユーザー「プロフィール」画面で確認及び変更することができる)。

メンバーシップとユーザーの追加

WordPressのユーザー登録とデフォルト権限を設定できます。

メンバーシップとユーザーの追加

この項目は、管理者が複数いる場合に設定するだけなので、分からない方は初期設定推奨です。

また、メンバーシップの「だれでもユーザー登録ができるようにする」にチェックを入れると、ログイン画面に「登録」ボタンが表示され、誰でも登録して管理画面にアクセス可能な状態になってしまいます。

ログイン画面で「登録」ボタンが表示される

新規ユーザーのデフォルト権限は、ユーザーを追加する際に個別に設定できるので、わざわざここで設定する必要はありません(権限のない「購読者」にしておくのが安全)。

ユーザーの種類と権限 | WordPress.org 日本語

サイトの言語とタイムゾーン

日本語版のWordPressをインストールすれば、日本語と日本時間に最適化されているので変更不要です。

サイトの言語とタイムゾーン

外国向けのサイトの場合は、ターゲットにする国の言語やタイムゾーンを選んで下さい。

また、表示形式を変更したい場合は、お好みで表示形式を選択して下さい。

日付と時刻の書式 – サポートフォーラム – WordPress.org 日本語

最後に

基本的に初期設定でも問題ありませんが、「サイトのタイトル」と「キャッチフレーズ」は、SEO(検索エンジンでの上位表示)にも影響するので、ブログにあったキーワードや文字数を意識して設定して下さい。

シェアしてね!

この記事を書いた人

X(旧Twitter)のインプは参考にならない。記事が拡散されてXのインプが10,000を超えても、サイトへのアクセスは1,000にも満たない。また、トレンドに入っているキーワードを含めて投稿すれば、インプは勝手に増える。記事の内容にもよるけど、Xのインプに対して、サイトへのアクセスが5~10%あれば御の字。ただ、とりあえず記事を投稿しておけば、Xのキーワード検索にはかかるので、アクセスアップには使えるのかもしれない。

コメント

コメントする

目次