No Category Baseの使い方:カテゴリーページのURLからcategory表記を削除

No Category Base

プラグインNo Category Base (WPML)の設定と使い方をまとめています。

カテゴリーページのURLからcategory表記を削除できるプラグインです。カテゴリーページのURLを短くしたい時に使うと便利ですが、導入前に注意すべき点もあります。

目次

\ Amazon 飲料サマーセール /

設定と使い方

プラグインを有効化するだけで、カテゴリーページのURLからcategory表記が削除されます。

https://affilabo.com/category/wordpress/ ⇒ https://affilabo.com/wordpress/

追加される設定項目はありません。自動で301リダイレクトされるので、リンク切れの心配もありません。

但し、有効化する前に注意してほしいことが3つあります。必ず確認してからプラグインを導入して下さい。

個別ページと競合する可能性がある

カテゴリーページのURLからcategory表記を削除すると、個別ページのURLとバッティングしてしまう可能性があります(同じURLのページが2つ存在することになる)。

パーマリンク構造の/%postname%/で、同じスラッグを設定している場合は注意して下さい。

スクロールできます
パーマリンク
投稿及び固定ページhttps://affilabo.com/wordpress/
カテゴリーページhttps://affilabo.com/category/wordpress/

URLがバッティングした時は、カテゴリーページが優先されます。個別ページは表示されません。

プラグインを非アクティブ化した時はパーマリンク設定の更新が必須

プラグインを無効化及び削除した時は、管理画面の設定「パーマリンク設定」の「変更を保存」をクリックして、必ずパーマリンクルールを更新して下さい。

パーマリンク設定の変更を保存

そのままの状態では、投稿及び固定ページが404エラーで表示されなくなります。

また、category表記ありなしどちらのURLでもアクセス可能な状態になっているので注意して下さい。

プラグインを非アクティブ化した時は301リダイレクトされない

プラグインを有効化した時は、自動で301リダイレクトされますが、非アクティブ化した時は、301リダイレクトされずに404エラー(ページが見つかりませんでした)が表示されます。category表記なしのページからcategory表記ありのページへリダイレクトさせたい時は、ご自身で設定する必要があります。

また、プラグインを無効化した時は、一時的に重複コンテンツになる可能性もあるので注意して下さい。

最後に

プラグインを有効化するだけなので簡単に導入できますが、使う前にカテゴリーと個別ページのスラッグが被っていないか確認して下さい。また、非アクティブ化した時は必ずパーマリンクルールを更新して下さい。

ただ、カテゴリーページのURLにcategory表記が入っているからといって、SEOで不利になる訳ではありません。category表記を消したい特別な理由がなければ、導入する必要はない気がします。

シェアしてね!

この記事を書いた人

X(旧Twitter)のインプは参考にならない。記事が拡散されてXのインプが10,000を超えても、サイトへのアクセスは1,000にも満たない。また、トレンドに入っているキーワードを含めて投稿すれば、インプは勝手に増える。記事の内容にもよるけど、Xのインプに対して、サイトへのアクセスが5~10%あれば御の字。ただ、とりあえず記事を投稿しておけば、Xのキーワード検索にはかかるので、アクセスアップには使えるのかもしれない。

コメント

コメントする

目次