WordPressのパーマリンク設定:おすすめの構成とURL構造のカスタマイズ

WordPressのパーマリンク設定と途中で変更する時の注意点

WordPressの「パーマリンク設定」についてまとめています。

目次

パーマリンク設定

設定の変更は、管理画面の設定「パーマリンク」から行います。

パーマリンクとは?

パーマリンクは、ページ毎に設定されているURLです。

WordPressでは、ドメインの後ろに続くURLのパターン(赤字の部分)を自由に設定することができます

この記事のパーマリンク

https://affilabo.com/wordpress/21658/

但し、途中でパーマリンクの設定を変更すると、過去記事のURLも全て変更されてしまうので(重複コンテンツや404エラーの原因)、できるだけ早い段階で設定を決めて、むやみに変更しないことが大切です。

パーマリンク構成の変更

パーマリンク構造の設定は、「投稿」で追加された記事にのみ適用されます。

初期設定では、「日付と投稿名」にチェックが入っているので、変更したい時は用意されているパターンから選ぶ及び「カスタム構造」にチェックを入れて任意のパラメーターを選択します。

パーマリンク設定

正解がある訳ではありませんが、Googleのガイドラインを参考にすると下記のパターンがおすすめです。

カスタム構造タグ
投稿名/%postname%/
カテゴリー名 + 投稿名/%category%/%postname%/

迷っている方は、Google検索セントラルも参考にしてみて下さい。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。

可能な場合は、長い ID ではなく意味のある単語を URL に使用します。

GoogleのURL構造ガイドライン | Google検索セントラル

パーマリンクにカテゴリー名を入れるメリットは、「カテゴリーのスラッグから記事の内容が分かりやすくなる」&「アクセス解析でディレクトリ(カテゴリー)ごとの解析を出せる」ことです。

但し、カテゴリーの変更及びカテゴリーのスラッグを変更すると、記事URLも変更される点にだけ注意して下さい。自動で301リダイレクトされますが、SNSのカウント数はリセットされます。

「%postname%」を任意の文字列に変更

初期設定では、記事のタイトルがそのまま%postname%に挿入されるので、任意の文字列に変更したい時は、編集画面の投稿オプションから、URLをクリックして「パーマリンク」に任意の文字を入力して下さい。

パーマリンクを変更する(ブロックエディター)

この際、日本語のパーマリンクは、「Wikipedia」や「WordPress Codex」で使われていますが、URLをエンコードすると半角英数字の複雑な文字列になってしまうので、個人的にはアルファベット表記をおすすめします。

また、アンダースコア_の使用は非推奨とされており、複数の単語で構成される場合は、ハイフン-で区切る方法をGoogleヘルプでは推奨しています(例:green-dress 〇 / greendress ×)。

シンプルなURL構造を維持する | Search Consoleヘルプ

「%category%」を任意の文字列に変更

カテゴリーを追加する時に設定した「スラッグ」が%category%に挿入されます。

カテゴリのスラッグ

既に作成済みカテゴリーの場合は、編集及びクイック編集から「スラッグ」を変更して下さい。

途中でパーマリンクを変更するリスク

WordPressでは、パーマリンクを変更した際に必ずしも301リダイレクトされる訳ではありません。

パーマリンクの構成によっては、旧URLから新URLへ301リダイレクトされないパターンがあります。この場合、旧URLにアクセスすると、404エラー「ページが見つかりませんでした。」が表示されるので注意して下さい。

パーマリンクの設定を変更した時は、旧URLから新URLにリダイレクトされているか確認する必要があります。

301リダイレクトされるパターン

スクロールできます
変更前変更後
/%year%/%monthnum%/%day%/%postname%//%category%/%postname%/
/%year%/%monthnum%/%day%/%postname%//%category%/%post_id%/
/%category%/%postname%//%postname%/

旧URLにアクセスすると、新URLへリダイレクトされます。特に設定は不要です。

301リダイレクトされないパターン

スクロールできます
変更前変更後
/%year%/%monthnum%/%day%/%postname%//%postname%/
/%postname%//%category%/%postname%/
/%postname%//%category%/%post_id%/
/%category%/%postname%//%category%/%post_id%/
/%category%/%post_id%//%postname%/
/%category%/%post_id%//%category%/%postname%/

旧URLにアクセスしても、新URLへリダイレクトされません。

旧URLで貼られたリンクは、内部リンクだけでなく、外部サイトからのリンクも無効になってしまいます。SEOに何かしらの影響を及ぼす可能性が高いので、ご自身で301リダイレクトを設定する必要があります。

最後に

パーマリンクの設定は、サイトの運営期間が長くなる程変更する際にリスクを伴います。

なるべく初期の段階で構成を決定し、むやみに変更しないことが大切です。

シェアしてね!

この記事を書いた人

2024年3月6日に始まったGoogleのコアアップデートは4月19日に完了していました(一週間以上経ってからの告知)。昨年10月に続いて、今回の調整もアクセスマイナス。昨年同時期と比較すると、アクセスは1/2~1/3程度になってしまいました。ユーザーにとって使いやすい検索エンジンになっているのなら構わないのですが、個人的には欲しい情報がなかなか見つからない&到達するまでに時間がかかる様になった気がします。現状、回復の見込みはないので、検索エンジン以外の集客方法を模索した方がいいのかもしれません。

コメント

コメントする

アップロードファイルの最大サイズ: 30 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

目次