Stealth Updateの設定と使い方:更新日を変更せず記事を更新する

Stealth Updateの設定と使い方

Stealth Updateは、更新日を変更せず記事を更新できるプラグインです。

誤字脱字の修正等、更新日を変更したくない時に使うと便利です。但し、クラシックエディター専用です。ブロックエディター(Gutenberg)では機能しないので注意して下さい。

Classic Editorの設定と使い方:WordPress5.0以降で編集画面を従来のモードに戻す

Classic Editorの設定と使い方:WordPress5.0以降でクラシックエディターを使う

2018.12.07

設定と使い方

プラグインを有効化するだけで機能します(管理画面に追加される設定項目はありません)。

使い方

更新日を変更したくない時は、公開の「Stealth Update?」にチェックを入れて記事を更新します。

更新日を変更したくない記事の「Stealth Update」にチェックを入れる

更新日を変更したくない記事の「Stealth Update」にチェックを入れる

逆に、追記等で更新日を変更したい時は、チェックを外して更新します。

表示されるテキスト文字の変更

チェックボックスの横に表示されるテキスト文字「Stealth update?」を変更したい時は、管理画面のプラグイン「プラグインエディター」から、「stealth-update.php」を開き、177行目に記述されている「Stealth update?」を任意のテキスト文字に変更します。

プラグインエディターで「stealth-update.php」を編集

プラグインエディターで「stealth-update.php」を編集

ファイルを更新したら、編集画面のテキスト文字列が変更されます。

編集画面のテキスト文字列が変更される

編集画面のテキスト文字列が変更される

但し、プラグインをアップデートすると初期化されるので注意して下さい。

最後に

PHPファイルを編集しても同じことができますが、プラグインを使った方が簡単です。また、類似のプラグインは他にもありますが、僕は「Stealth Update」が一番シンプルで使いやすかったです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク