WordPressのメニューの設定

WordPressのトップメニュー「グローバルナビ」を設定する方法

WordPressの「メニュー」の設定をまとめておきます。

メニューの設定

メニューの設定は、管理画面の外観「メニュー」から行って下さい。

新規メニューの作成

メニューを作成したい時は、「新しいメニューを作成しましょう」をクリックして、「メニュー名」を入力します(メインメニューに設定するなら「メインメニュー」にチェックを入れる)。

新規メニューの作成

新規メニューの作成

メニューは複数作成できるので、フッター用やウィジェット用も作成しておくと便利です。

メニュー項目の追加及び削除

メニューに追加したいページがあれば、チェックを入れて「メニューに追加」をクリックします。

メニューに追加したいページにチェックを入れて「メニューに追加」をクリック

メニューに追加したいページにチェックを入れて「メニューに追加」をクリック

この際、固定ページしかメニューに追加できないなんてことはありません。

投稿ページやカテゴリー、タグページもメニューに追加することができます。また、カスタムリンクを使えば、どんなページでもメニューに追加することができます(外部サイトでも可能)。

メニューの項目を削除したい時は、削除したい項目を開いて「削除」をクリックします。

削除したいメニューを開いて「削除」をクリック

削除したい項目を開いて「削除」をクリック

メニュー項目の順番を入れ替える

メニュー構造の項目を「ドラッグ&ドロップ」で簡単に順番を入れ替えることができます。

メニューの順番を入れ替える

メニューの順番を入れ替える

また、項目を一段右に配置して階層化すれば、「ドロップダウンメニュー」として表示されます(ドロップダウンメニューに対応していないテーマでは表示されません)。

オプションの設定

初期設定では、表示されていないオプションがあるので、画面右上の「表示オプション」から全ての項目にチェックを入れます。

表示オプションから全ての項目にチェックを入れる

表示オプションから全ての項目にチェックを入れる

ナビゲーションラベル以外は任意です。必要なら各要素を入力して下さい。

詳細メニューの設定

詳細メニューの設定

URL カスタムリンクにのみ表示される(リンク先のURLを指定できる)。
ナビゲーションラベル メニュー一覧で表示される文字列(長すぎる場合は短く変更)。
タイトル属性 リンクにカーソルを載せた時にツールチップで表示されるtitle属性。
要素の補足情報になりますが入力は任意。
リンクを新しいタブで開く チェックを入れると「target="_blank"」が追加される。リンクが新しいタブで開く。
CSS class(オプション) クラス名を入力してクラス属性のCSSを適用させることができる。
自分とリンク先の関係/間柄
(XFN)
リンク先と自分との関係。入力すると「rel属性」が追加される。
使用できる関数はDefining Relationships with XFN « WordPress Codexで要確認(ほとんど使われていない)。
説明 テーマが対応している場合は、入力した文字列がナビゲーションラベルの下に説明として表示される。

位置を管理

上段タブの「位置を管理」から、メニューを変更することもできます。

位置を管理

位置を管理

中には、メインメニューだけでなく、フッター及びサブメニューを指定できるテーマもあります。

ウィジェットに配置

ウィジェットに配置したい時は、ダッシュボードの外観「ウィジェット」から設定します。

設置したい場所に「ナビゲーションメニュー」をドラッグ&ドロップで追加して、任意のタイトルを入力し、表示させたいメニューを選択します。

ナビゲーションメニューの設置

ナビゲーションメニューの設置

最後に

メニューの「位置」「デザイン」「カスタマイズできる範囲」は、テーマにも依存します(中にはフッターナビやスマホ専用ナビを配置できるテーマもある)。

ただ、メニュー項目が多すぎたり、ナビゲーションラベルが長すぎると、レイアウトが崩れる可能性もあるので、メニューには必要なものだけを追加し、ナビゲーションラベルはできるだけ短くすることをおすすめします(設定後はスマホ表示も必ず確認して下さい)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク