Widget Logicの設定と使い方:ウィジェットの表示・非表示を条件分岐で指定

Widget Logicの設定と使い方:ウィジェットの表示・非表示を条件分岐で指定

Widget Logicは、ウィジェットの表示・非表示を制御できるプラグインです。

WordPressで使える条件分岐タグを利用して、特定ページでのみウィジェットを表示させたり、スマホ画面ではウィジェットを非表示にしたりすることができます。

設定と使い方

設定の変更は、ウィジェットに追加された「ウィジェットのロジック」から行って下さい。

ウィジェットのロジック

ウィジェットのロジック

特定のページで表示

特定のページでのみウィジェットが表示されます(それ以外のページでは非表示)。

条件分岐タグ
トップページ is_front_page()
投稿 is_single()
固定 is_page()
アーカイブ is_archive()
カテゴリーアーカイブ is_category()
タグアーカイブ is_tag()
日付アーカイブ is_date()
検索結果 is_search()
404 Not Found is_404()
プレビュー is_preview()
スマホ・タブレット wp_is_mobile()

参考:条件分岐タグ – WordPress Codex

特定のページで非表示

条件分岐タグの先頭に「!」を付けるたけです。

表示 非表示
トップページ is_front_page() !is_front_page()
投稿 is_single() !is_single()

他の分岐タグも同様、先頭に「!」を付ければ非表示になります。

指定したページで表示

ページを指定する時は、「ID」及び「スラッグ」を入力します(混同可)。

条件分岐タグの使用例
投稿(ID指定) is_single( '1' )
投稿(ID複数指定) is_single( array( 1, 2, 3 ) )
投稿(スラッグ指定) is_single( 'toyota' )
投稿(スラッグ複数指定) is_single( array( 'toyota', 'nissan', 'subaru' ) )

同様に、特定カテゴリーやタグアーカイブを指定することもできます。

特定カテゴリー及びタグに属する投稿が含まれるページで表示

ページを指定する時は、「ID」及び「スラッグ」を入力します(混同可)。

条件分岐タグの使用例
特定カテゴリーに属する投稿(ID指定) in_category( '5' )
特定タグに属する投稿(スラッグ指定) has_tag( 'car' )

複数の条件分岐の組み合わせ

複数の条件分岐を同時に指定する時は、「||」及び「&&」で追加します。

条件分岐タグの使用例
投稿または固定 is_single() || is_page()
アーカイブかつカテゴリアーカイブは除く is_archive() && !is_category()

Widget Logic 設定

管理画面の外観「ウィジェット」の下部に追加された設定項目からは、読み込みロジックの変更と、ウィジェットに設定したデータをエクスポート・インポートすることができます。

Widget Logic 設定

Widget Logic 設定

変更する必要はありませんが、上手く動作しない時は読み込みロジックを変更してみて下さい。

最後に

そこまで複雑な条件分岐タグを使うことはないと思いますが、カテゴリーごとに表示させるウィジェットを切り替えたり、プレビュー画面でウィジェット広告を非表示にしたい時に使うと便利です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク