Widget Logicの設定と使い方:ウィジェットの表示・非表示を条件分岐で指定

Widget Logicの設定と使い方:ウィジェットの表示・非表示を条件分岐で指定

プラグインWidget Logicの設定と使い方をまとめておきます。

このプラグインを使うと、WordPressで使える条件分岐タグを利用して、指定したページでのみウィジェットを表示させたり、スマホ画面で特定のウィジェットを非表示にすることができます。ページごとにウィジェットの表示・非表示を管理したい時に使うと便利です。

目次

設定と使い方

プラグインを有効化すると、ウィジェットに専用項目「ウィジェットのロジック」が追加されます。

ウィジェットのロジック

ここに条件分岐タグを入力してウィジェットの表示を制御します。

但し、クラシックウィジェット専用です。ブロックウィジェットには対応していません。

条件分岐タグ – WordPress Codex

特定のページで表示

特定のページでのみウィジェットが表示されます(それ以外のページでは非表示)。

条件分岐タグ
トップページ is_front_page()
投稿 is_single()
固定 is_page()
アーカイブ is_archive()
カテゴリーアーカイブ is_category()
タグアーカイブ is_tag()
日付アーカイブ is_date()
検索結果 is_search()
404 Not Found is_404()
プレビュー is_preview()
スマホ・タブレット wp_is_mobile()

※条件分岐タグの使用例

特定のページで非表示

条件分岐タグの先頭に「!」を付けると非表示になります。

条件分岐タグ
トップページで非表示 !is_front_page()
プレビューで非表示 !is_preview()
スマホで非表示 !wp_is_mobile()

※条件分岐タグの使用例

指定したページで表示

ページを指定する時は、「ID」及び「スラッグ」を入力します(混同可)。

スクロールできます
条件分岐タグ
投稿(スラッグ指定) is_single( 'toyota' )
投稿(ID複数指定) is_single( array( 1, 2, 3 ) )
固定ページ(ID指定) is_page( '4' )
カテゴリーアーカイブ(ID指定) is_category( '5' )
タグアーカイブ(ID指定) is_tag( 'eco' )

※条件分岐タグの使用例

特定カテゴリー及びタグに属する投稿で表示

ページを指定する時は、「ID」及び「スラッグ」を入力します(混同可)。

スクロールできます
条件分岐タグ
特定カテゴリーに属する投稿(ID指定) in_category( '5' )
特定タグに属する投稿(スラッグ指定) has_tag( 'car' )

※条件分岐タグの使用例

複数の条件分岐の組み合わせ

複数の条件分岐を同時に指定する時は、「||」及び「&&」で追加します。

スクロールできます
条件分岐タグ
投稿または固定 is_single() || is_page()
アーカイブかつカテゴリアーカイブは除く is_archive() && !is_category()

※条件分岐タグの使用例

Widget Logic 設定

管理画面の外観「ウィジェット」の下部に追加された設定項目からは、読み込みロジックの変更と、ウィジェットに設定したデータをエクスポート・インポートすることができます。

Widget Logic 設定

初期設定で問題なく動作するので、変更する必要はありませんが(WordPress5.8.3で動作確認済み)、他のプラグインやテーマの影響で上手く動作しない時は、読み込みロジックを変更してみて下さい。

最後に

そこまで複雑な条件分岐タグを使うことはないと思いますが、カテゴリーごとに表示させるウィジェットを切り替えたり、プレビュー画面でウィジェット広告を非表示にしたい時に使うと便利です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いた人

まったりブログ運営者です。

現在ブログテーマをハミングバードからSWELLに変更中です。修正が完了するまでレイアウトが崩れるかもしれません。

関連記事

コメント

コメントする

目次
閉じる