WordPressのウィジェットに広告を貼る時は「カスタムHTML」を使おう

WordPressのウィジェットに広告を貼る時はカスタムHTMLを使おう

WordPressバージョン4.8から、ウィジェットに「カスタムHTML」が追加されました。

今まで広告を掲載する時は、「テキストウィジェット」を使っていた思いますが、バージョン4.8からウィジェットの仕様が変更されたため、テキストウィジェットにGoogle AdSense等の広告を貼ると、必要ない改行タグが入ってしまうことがあります。

広告タグをそのまま貼ると、無駄なスペースができてしまうので注意して下さい。

広告を貼る時はカスタムHTMLウィジェットを使う

難しい設定はありません。

今まで使っていた「テキストウィジェット」を「カスタムHTMLウィジェット」に変更するだけです。これで無駄な改行やスペースが挿入されることはありません。

カスタムHTMLに広告タグを貼る

カスタムHTMLに広告タグを貼る

改行したい時は、「brタグ」「pタグ」「divタグ」等で調整して下さい。

今ままで使っていたテキストウィジェットには警告が表示される

バージョン4.8以前に追加した「テキストウィジェット」は今まで通り機能しますが、下記のアラートが表示される様になりました。

4.8以前に追加したテキストウィジェット

4.8以前に追加したテキストウィジェット

このウィジェットには、新しい「カスタム HTML ウィジェット」でよりうまく動作するコードが含まれている可能性があります。そちらのウィジェットを試してみませんか?

レイアウトが崩れた時は、「カスタムHTMLウィジェット」に内容をコピーして入れ替えて下さい。

最後に

バージョン4.8以降、「テキストウィジェット」では投稿画面と同じタグが使える様になりました。また、ビジュアルモードとテキストモードの切り替えもできますから、投稿画面と同じ様な感覚で内容を編集することが出来きます。

ただ、個人的にウィジェットはHTMLの編集に慣れているので、あまり使う機会はなさそうです。

僕と同じ様な失敗をした方がいるか分かりませんが、ウィジェットに広告を掲載した時、無駄なスペースができてしまったら、「カスタムHTMLウィジェット」を使って下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク