Enable Media Replaceの設定と使い方:画像を置き換え(入れ替え)

一度アップロードした画像を別の画像に置き換えるプラグイン – Enable Media Replaceの設定と使い方

プラグイン「Enable Media Replace」を追加すると、一度アップロードした画像(メディア)のIDとファイル名を変更することなく、別の画像に置き換えることができます。

再度画像をアップロードすると無駄にIDが増えるので嫌だ。複数ページで同じ画像を使っているので貼りかえるのが面倒だ。そんな時に使うと便利なプラグインです。

設定

Enable Media Replaceを追加&有効化します。

使い方

メディアの詳細画面に追加された「新しいファイルをアップロード」から画像を置き換えます。

添付ファイルの詳細

添付ファイルの詳細

サムネイルは自動で再生成されますが、置き換え後は元に戻すことができないので注意して下さい。

画像の置き換え

画像の置き換え

手順
  1. 「ファイルを選択」から置き換えたい画像を選択
  2. 「ファイルの置換のみ」を選択(推奨)
  3. 「アップロード」で置き換え完了

メディアリンクに含まれる「width」「height」「alt属性」「class属性」は置き換えできません。

メディアを置換する方式の注意

メディアを置換する方式で、「ファイルの置換のみ」を選択すると、画像のみが置き換えられます。縦横の長さが同じ大きさの画像なら、サムネイル画像も全て置き換えることができます。

但し、縦横の長さ(アスペクト比)が異なる画像に置き換えてしまうと、サムネイル画像のファイル名「-〇〇×〇〇.jpg」の部分が変更されてしまうため、サムネイル画像が表示されなくなります。

ですから、画像を置き換える時は必ず「元の画像と縦横の長さが同じ画像」を使って下さい。

メディアを置換する方式で、「ファイルを置換して新しいファイル名で全てのリンクを更新する」を選択すると、画像だけでなくファイル名も置き換えられます(例「before.jpg → after.jpg」)。

但し、記事内のファイル名が置き換えられるのはフルサイズの元画像のみです。

置き換えたサムネイルや中画像を表示させるには、記事内のファイル名を修正する必要があります(例「/before-150×100.jpg → /after-150×100.jpg」)。

ですから、メディアを置換する方式は「ファイルの置換のみ」推奨です。

最後に

画像を置き換えたい時は、「縦横の長さが同じ大きさの画像」で「ファイルの置換のみ」を選択すれば、画像(サムネイルを含む)のみを簡単に置き換えることができます。

画像を置き換えたい時に使うと便利なプラグインです。

ブラウザのキャッシュで画像が変更されない時は、「Ctrl+F5」で再読み込みして下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク