Enable Media Replaceの設定と使い方:画像の置き換え

一度アップロードした画像を別の画像に置き換えるプラグイン – Enable Media Replaceの設定と使い方

プラグインEnable Media Replaceの設定と使い方をまとめておきます。

このプラグインを使うと、一度アップロードした画像を新しい画像に置き換える(差し替える)ことができます。再度画像をアップロードして挿入する手間と無駄にIDが増えるのを防いでくれます。

目次

設定と使い方

プラグインを有効化すると、メディアの編集画面に「新しいファイルをアップロード」が追加されます。

使い方

画像を選択して、メディアを置き換えの「新しいファイルをアップロード」をクリックします。

新しいファイルをアップロード

置き換えたい画像をパソコンから選択して、問題がなければ「アップロード」をクリックします(jpegからpng等ファイル形式の異なる画像を選択するとエラーが起きる可能性があるので注意)。

置き換えたいファイル(画像)を選択

サムネイルも含めて全ての画像が置き換わりますが、下記の値は置き換えられません。

置き換えられない値 代替テキスト(alt="")
横幅指定(width="")
縦幅指定(height="")
配置(align="")
キャプション
説明

全く内容の異なる画像や縦横幅の異なる画像に置き換えた時は、挿入済みの画像タグを見直す必要があります。

また、一度置き換えた画像は元に戻せません。不安な方は必ずバックアップを取っておいて下さい。

置換オプション

初期設定推奨です。

置換オプション

初期設定の「ファイルの置き換えのみ」を選択すると、画像だけを置き換えることができます。

逆に、「ファイルを置換して新しいファイル名で全てのリンクを更新する」を選択すると、「タイトル」と「ファイル名(画像URL)」が新しくアップロードした画像のファイル名に置き換わります(サムネを含めサイト内の画像URLは全て置き換えられるので編集は不要)。

日付オプション

初期設定推奨です。

日付オプション

日付を変更することで、メディアライブリのソート順が変更されるだけです。画像URLは変更されません。

但し、置換オプションで「ファイルを置換して新しいファイル名で全てのリンクを更新する」を選択すると、「新しいアップロードを更新フォルダーに入れます」からアップロードフォルダを変更することができます。メディアファイルのパーマリンクに年月を含めている場合は、画像URLも変更されます(サムネを含めサイト内の画像URLは全て置き換えられるので編集は不要)。

最後に

既にアップロード済みの画像を別の画像に置き換えたい時に使うと便利なプラグインです。

特に、同じ内容で同じ大きさの画像を用意すれば、挿入済みの画像タグを見直す必要がないのでおすすめです。

ブラウザのキャッシュで画像が変更されない時は、「Ctrl+F5」で再読み込みしてみて下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いた人

このブログでは、管理人が学んだこと、体験したこと、購入した商品を好き勝手レビューしています。また、できるだけ正確な情報を伝えるよう心がけてはいますが、古い情報や間違った情報を掲載している可能性があります。

気づかれましたら、遠慮なくコメントして頂けるとうれしいです。

関連コンテンツ

コメント

コメントする

目次
閉じる