Easy External Linksの設定と使い方:外部リンクにアイコンを表示

Easy External Linksの設定と使い方

プラグイン「Easy External Links」を追加すると、「記事内」「コメント欄」「抜粋」のテキストリンク(外部サイトへ)の後ろにアイコンを表示させることができます。

他にも、「外部リンクを全て新しいウィンドウで開く」「title属性を付加」「nofollow属性を付加」の設定ができます。既に設置されているリンクにも適用されます。

Easy External Links

Easy External Links

設定

Easy External Linksを追加&有効化し、管理画面の設定「External Links」から各種設定を行います。

Open External Links In

外部リンクを新しいウィンドウで開くかどうかの設定です。

Open External Links Inの設定

Open External Links Inの設定

新しいウィンドウで開きたい場合は「New Tab」、同一ウィンドウで開きたい場合は「Current Tab」を設定します。好みの問題ですが、外部リンクは新しいウィンドウで開くのが一般的です。

target=”_blank”」を設定しているリンクでも、「Current Tab」を選択すれば「target=”_self”」に置き換えられます。逆も同様です。この設定は記事内の全ての外部リンクに適用されます。

僕は「New Tab」に設定しています。

Add title attribute to external links?

チェックを入れると、リンクのテキストがそのまま「title属性」として付加されます。

Add title attribute to external links?の設定

Add title attribute to external links?の設定

マウスのカーソルをテキストリンクに合わせた際、title属性に記述されたコメントが表示されますが、リンクのテキストと全く同じですから特に設定する必要はないと思います。

僕はチェックを外しています。

Add rel=”external nofollow” to external links?

チェックを入れると、記事内の外部リンク全てに「nofollow属性」が付加されます。

nofollowの設定

nofollowの設定

nofollowの詳細は、特定のリンクに対して rel=”nofollow” を使用するで確認して下さい。

僕は意図的にnofollowを使ったことはありません。チェックを外しています。

Domain Whitelist

ドメイン単位で「Easy External Links」の設定を無効化することができます。

Domain Whitelistの設定

Domain Whitelistの設定

例えば、当サイトへのリンクにEasy External Linksの設定を適用させたくない時は「affilabo.com」を入力します。サイトが複数ある時は「,」で区切って入力します。

Image Options

テキストリンクの後ろに表示させたいアイコンを選択します(表示なしも可能)。

下部のチェックボックスにチェックを入れると、imgur.comのアイコン画像を読み込みにいきます。特に選択する理由はないので、僕はチェックを外しています。

Image Optionsの設定

Image Optionsの設定

Other Options

コメント欄及び抜粋表示の外部リンクを新しいウィンドウで開きますか?という内容になっていますが、チェックを入れるとコメント欄及び抜粋表示にもEasy External Linksの設定が適用されます。

お好みで設定して下さい。

Other Optionsの設定

Other Optionsの設定

最後に

記事内のデータが直接書き換えられる訳ではないので、設定はいつでも簡単に変更できます。

必要ない及び気に入らなければプラグインを停止して下さい。

類似のプラグインはたくさんありますが、「Easy External Links」がシンプルかつ必要最低限の機能が揃っていて使いやすいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク