Urvanov Syntax Highlighterの設定と使い方:記事中にソースコードを表示

Urvanov Syntax Highlighterの設定と使い方

プラグインUrvanov Syntax Highlighter(旧Crayon Syntax Highlighter)の設定と使い方をまとめておきます。

このプラグインを使うと、記事中にソースコードを表示させることができます。直接記述できない文字や記号を文字実態参照に置き換える必要がないので、「HTML」「CSS」「PHP」等を解説する時に使うと便利です。preタグで囲むだけで機能しますし、ブロックエディターにも対応しています。

目次

設定と使い方

プラグインを有効化すると、管理画面の設定に「Crayon」が追加されます。

使い方

細かい設定が不要なら、コードを「preタグ」で囲むだけで機能します。

コードをpreタグで囲む

ブロックエディターの場合も同様、専用ブロックを追加してコードを貼り付けるだけです。

Urvanov Syntax Highlighterブロック

詳細設定を追加したい時は、タグの「Crayon(<>)」ボタンから追加します(ブロックエディターも同様)。

コードを挿入する時の詳細設定

ツールバーに「タイトル」「プログラミング言語」を表示させたり、特定の行をハイライトさせることができます。全て任意ですから、必要であればお好みでカスタマイズしてコードを挿入して下さい。

基本設定

管理画面の設定「Crayon」から、基本設定やデザインを変更することができます。

全て任意ですが、今回は個人的に気になった設定をまとめておきます(分からない項目は初期設定推奨)。

Crayon Syntax Highlighter設定

ツールバーの表示を「常に表示」にすると、マウス操作でツールバーが上下するのを防いでくれます。

「Toolbar」の設定

行の「デフォルトで行を折り返す」にチェックを入れると、横スクロールバーが表示されなくなります。

「Lines」の設定

その他の「必要な時だけCrayonのCSSとJavaScriptを読み込むように試みる」にチェックを入れると、必要な時だけCrayonのCSSとJavaScriptが読み込まれます(ページの表示速度スコアが改善される可能性がある)。

「Misc」の設定

フォントや余白の設定は、プレビューを確認しながらご自身で設定して下さい。

※が付いている項目は、ツールバーに表示されるメニューアイコンです。

カスタマイズ

更に細かくカスタマイズしたい方は、ベースとなるテーマを選択して「複製」をクリックします。

テーマの複製

一覧に追加されたテーマを選択して、「編集」をクリックします。

複製されたテーマを選択いて編集

文字色やボーダーの色と太さを自由に変更することができます。

テーマのカスタマイズ

用意されているテーマに変更を加えたい時は、複製してから編集して下さい。

最後に

基本はプラグインを有効化してコードをpreタグで囲むだけなので使い方は簡単です。

細かい設定やデザインも変更できますから、Crayon Syntax Highlighterからの乗り換えだけでなく、これからコード表示系のプラグインの導入を検討されている方にもおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を書いた人

このブログでは、管理人が学んだこと、体験したこと、購入した商品を好き勝手レビューしています。また、できるだけ正確な情報を伝えるよう心がけてはいますが、古い情報や間違った情報を掲載している可能性があります。

気づかれましたら、遠慮なくコメントして頂けるとうれしいです。

関連コンテンツ

コメント

コメントする

目次
閉じる