Remove “Powered by WordPress”の設定と使い方:proudly powered by wordpressの消去

Remove “Powered by WordPress”は、公式テーマのフッターに表示されている「proudly powered by wordpress」を、チェックボタン一つで簡単に消すことができるプラグインです。

公式テーマに表示されているWordPressの著作権表示を消したい時に使うと便利です。

設定と使い方

管理画面の「サイトをカスタマイズ」及び管理画面の外観「カスタマイズ」を開きます。

サイトをカスタマイズ

サイトをカスタマイズ

Theme Options(テーマオプション)」をクリックします。

「Theme Options」をクリック

「Theme Options」をクリック

Remove Powered by WordPress」にチェックを入れて、「proudly powered by wordpress」が消えたのを確認できたら、「公開」をクリックして設定完了です。

「Remove Powered by WordPress」にチェックを入れる

「Remove Powered by WordPress」にチェックを入れる

僕は下記の公式テーマを試しましたが、全てチェックを入れるだけで消すことができました。

消去
Twenty Twenty-One
Twenty Twenty
Twenty Nineteen
Twenty Seventeen
Twenty Sixteen
Twenty Fifteen
Twenty Fourteen

自サイトの著作権表示に置き換える

自サイトの著作権表示に置き換えたい時はプラグインは不要です。

WordPressの著作権表示のコードを下記コードに置き換えて下さい(お好みで編集)。

例えば、Twenty Twenty-Oneなら、「テーマフッター(footer.php)」の57行目~63行目までを置き換えます(テーマによって場所とコードの記述が異なるので注意)。

テーマフッターの著作権表示

テーマフッターの著作権表示

自サイトの著作権表示に置き換われば設定完了です。

自サイトの著作権表示に変更

自サイトの著作権表示に変更

但し、親テーマを直接編集すると、テーマをアップデートした際に初期化されてしまうので、編集する時は子テーマを使う及びテーマアップデート後に再度編集し直して下さい。

エックスサーバーで子テーマを作成する方法

2016.02.07

最後に

公式テーマに表示されている「proudly powered by wordpress」を消したい時は、プラグインを使う方法がおすすめです(WordPressはGPLライセンスなので消去しても問題はありません)。

ただ、自サイトの著作権表示に置き換えたい方は、編集箇所を間違えないで下さい。

phpファイルの構文エラーは、サイトが表示されなくなる可能性もあるので、分からない方は編集しない及び必ずバックアップを取ってから編集して下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

13 件のコメント

    • 通常「テーマの編集」は必ず表示されているはずです。

      外観 → テーマの編集

      ただ、「マルチサイト」「パーミッション」「プラグイン」が原因で表示されなくなることもある様です。申し訳ないのですが、匿名さんが利用しているサーバーやプラグインが分からないので、これより先は匿名さんご自身で調べてもらうしかありません。

      WordPress.orgのフォーラムに参考になりそうなトピックWordPressのテーマ編集ボタンが消えてしまって困っていますがあったので、良ければ参考にしてみて下さい。

  • コードがコメントに残らないみたいなので、少しわかりにくいですが、カタカタでコードを記載しておきます。

    <ディブ クラス イコール “シティ-インフォ”></ディブ>

    ↑このコードが見当たらなくて困ってます。
    どうすれば良いでしょうか・・・。

    • この記事は、著作権表示のコードが共通である公式テーマ「Twentyシリーズ」の編集方法です。勘違いさせて申し訳ありませんでした。

      マテリアルの場合は、「テーマフッター (footer.php)」の最初の3行が、著作権表示のコードになります。

      フッターコピーライト

      ※編集する際は、必ずバックアップ(テキストメモ帳等にコピー)をとってから行って下さい。

      最初の「Powered by WordPress Theme マテリアル」とマテリアルサイトへのリンクを消したいのであれば、2行目のコードを全て消して下さい。

      自サイトのコピーライト表記を変更したい時は、3行目のpタグで囲まれた部分を、この記事で紹介しているコードに置き換えて下さい。

      最後に、特に問題ないとは思いますが、「著作権表示を消さないでくれ~」等の利用規約がないかは確認しておいて下さい。

  • 無事に出来ました!画像付きでとても分かりやすく、助かりました!
    有難うございました!

  • くろねこ さん 

    自分は初心者でテーマは Hestia を使っています。いろいろググってこのサイトに来ました。
    上記の人と同じく自分のテーマは特殊?なのかどのサイトを見てもフッダー編集のやり方がなく
    「 Hestia  Powered by WordPress」という文字が消せません。

    お手数ですがヒントになるコメントいただければ嬉しく思います。
    どうかアドバイスいただければ^^;宜しくお願い致します。

    • テーマのサイトを覗いてみたのですが、有料版「Hestia Pro」に「Remove Footer Copyright & Credits」機能があります(どの程度カスタマイズができるかは分かりません)。有料版にアップデートすると編集できる領域に設定されています。

      参考:Hestia Pro | ThemeIsle

      一応、テンプレートの「template-tags.php」から編集することもできますが、他のテーマと違って少し編集が複雑になります。phpは編集ミスすると管理画面に入れなくなることもあるので、あまりお勧めはしません。

  • scofield さん 返信有難う御座います!

    なるほどまずは有料版を試してみてからですね!有難う御座います。

    また何か有りましたらご連絡させて頂きます^^

  • scofieldさんのサイト参考にWordPressのフッターを変更することができました!分かりやすい解説で凄く参考になりました。ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。