Twenty20 Image Before-Afterの使い方:2枚の画像を重ねてスライドで比較

Twenty20 Image Before-After

プラグインTwenty20 Image Before-Afterの設定と使い方をまとめています。

2枚の画像をスライド(Before・After)で比較させるプラグインです。用途は限られていますが、写真のレタッチ前後等、画像を比較させたい時に使うと便利です。

目次

\ Amazon 飲料サマーセール /

設定と使い方

プラグインを有効化すると、エディター画面に専用のボタンが追加されます。

ブロックエディター非対応なので、ブロックエディターで使いたい方はショートコードで挿入して下さい。

使い方

クラシックエディターを開いて、「Add twenty20」ボタンをクリックします。

「Add twenty20」ボタンをクリック

比較させたい画像を2枚選択して、「Insert」をクリックします。

1枚目が左(Before)、2枚目が右(After)に表示されます。

画像を2枚選択して「Insert」をクリック

お好みで設定を変更して、「Insert Shortcode」をクリックします。

カスタマイズ
スクロールできます
設定詳細
Before TextBefore画像の左下に表示させるテキスト
After TextAfter画像の右下に表示させるテキスト
Width横幅(初期値は100%)
Offsetスライダーの初期位置
Directionスライドさせる方向(横or縦)
Alignment画像の配置
Move slider on mouse hover?マウスホバーによる操作

デフォルトでも機能しますが、メインカラムより小さな画像を挿入する時は、「Width」で画像と同じ横幅を指定して下さい。そのまま挿入すると、画像がメインカラムの幅に引き伸ばされて画質が劣化します。

ショートコードが挿入されれば完了です。

ショートコードが挿入される

ウィジェットエリアにも専用ウィジェットが追加されます。

実際に表示される画像

設定に問題がなければ、下記の様なスライド可能な画像が表示されます。

現像後
現像後
現像後
現像前
現像前

縦方向のスライドはスマホで操作し辛いのでおすすめしません。

また、縦横の長さが異なる画像を使用すると、レイアウトが崩れるので注意して下さい。

よくある質問

実際に使ってみて気になった点をまとめてみました。

画像が表示されません

テーマ備え付けの機能やプラグインの設定をオフにしてみて下さい。SWELLを使っている方は、「SWELL設定 > jQuery > jQueryをwp_footerで登録するのチェックを外す」と機能します。

また、画像等のLazyloadで「スクリプト(lazysizes.js)」を選択するとレイアウトが崩れます。

画像を中央寄せにしたいです

下記のCSSを追加してみて下さい。

.twenty20 {
    margin-left: auto;
    margin-right: auto;
}
画像がメインカラムからはみ出ます

下記のCSSを追加してみて下さい。

.twenty20 {
    max-width: 100%;
}
矢印がずれます

恐らくテーマのCSSの影響を受けています。SWELLの場合は下記CSSで改善されました。

.post_content .twentytwenty-left-arrow {
    top: 13px;
}

最後に

2枚の画像を比較させたい時は、画像を縦に並べたり、横に並べるよりも、重ねてスライドさせた方が比較しやすいのでおすすめです。特に、写真の現像前と現像後の比較には最適です。

ただ、相性の悪いテーマやプラグインも多いので、上手く動作しない時は、疑わしいプラグインをオフにしてみるまたは他のテーマに変更して正常に動作するか確認してみて下さい。

シェアしてね!

この記事を書いた人

X(旧Twitter)のインプは参考にならない。記事が拡散されてXのインプが10,000を超えても、サイトへのアクセスは1,000にも満たない。また、トレンドに入っているキーワードを含めて投稿すれば、インプは勝手に増える。記事の内容にもよるけど、Xのインプに対して、サイトへのアクセスが5~10%あれば御の字。ただ、とりあえず記事を投稿しておけば、Xのキーワード検索にはかかるので、アクセスアップには使えるのかもしれない。

コメント

コメントする

目次