WordPressのメディア(画像)URLから年月を消す方法

WordPressの初期設定では、アップロードしたメディア(画像)は自動で年月ベースのフォルダに整理されます。また、画像URLには必ず年月が含まれます。

例えば、2015年03月に「test.jpg」という画像をアップロードすると、画像URLは下記の様になります(整理されるのは年月まで、日にちは影響しません)。

正直、どちらでも構わない設定なのですが、メディア(画像)URLから年月を外す方法とメリットを紹介したいと思います。

画像URLから年月を外す方法とメリット

画像URLから年月を外す方法

ダッシュボードメニューの設定「メディア」から、「アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダに整理」のチェックを外します。

メディア設定

メディア設定

以降、アップロードしたメディアは「uploads」フォルダに全て格納されます。

ファイルの置き換えが可能になる

CSSで使用している画像を修正及び変更した際、CSSを編集する必要がなくなります。

初期設定のままでは、画像を削除して同じ名前の画像をアップロードしても、年月が異なれば画像URLは異なります。画像を置き換えることができません。CSSも再度編集が必要です。

URLから年月を外しておけば、画像を置き換えるだけでCSSを編集する必要がなくなります。

但し、記事中で使用している画像の置き換えには注意して下さい。初期設定では、画像一つ一つに「wp-image-数字」というクラスが指定されています。

チェックを外しても日付は記録されている

URLから年月を外しても、メディアライブラリから年月による検索は可能です。日付も記録されています。

日付で検索

年月による検索も可能

URLから年月を外しても、機能面で大きなデメリットはありません。

最後に

最初にも言いましたが、どちらでも構わない設定だと思います。

現に、このブログではメディアの日付を表示させています(最初に作ったサイトだったため、この設定を知らなかった)。また、画像を頻繁に置き換えることがあまりないからです。

ただ、途中で「アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダに整理」のチェックを外しても、過去にアップロードしたメディアのURLは変わりません。ですから、設定を変更するならWordPressを始めた時に設定しておくべきだと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク