WordPressのメディア(画像)URLから年月を消す方法

WordPressのメディア(画像)URLから年月を消す方法

WordPressの初期設定では、アップロードしたメディア(画像)は年月ベースのフォルダに保存されます。そして、画像URLには必ず年月が含まれます。

例えば、2015年03月に「test.jpg」という画像をアップロードすると、画像URLは下記の様になります(表示されるのは年月までで、日にちは含まれません)。

今回はこのメディア(画像)URLから年月を外す方法を紹介します。

画像URLから年月を外す方法とメリット

画像URLから年月を外す方法

ダッシュボードメニューの設定「メディア」から、「アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダに整理」のチェックを外します。

メディア設定

メディア設定

アップロードしたメディアは「uploads」フォルダに保存され、画像URLは下記の様になります。

変更前 https://affilabo.com/wp-content/uploads/2015/03/test.jpg
変更後 https://affilabo.com/wp-content/uploads/test.jpg

但し、過去にアップロードした画像URLを置き換えることはできないので注意して下さい。

画像URLから年月を外すメリット

単純に画像URLが少しだけ短くなります。また、一度画像を削除して再度同じ名前の画像をアップロードすることで、画像を置き換えることができます(必ず同じ大きさの画像をアップロード)。

初期設定では、画像を削除して同じ名前の画像をアップロードしても、年月が異なれば画像URLは異なります。画像を置き換えることができません。

CSSに画像を使用していた場合は、画像URLを編集しなければいけないのですが、URLから年月を外しておけば、画像を置き換えるだけでCSSを編集する必要がなくなります。

ただ、画像を置き換えるプラグインもあるので、無理に画像URLの年月を外す必要はありません。

Enable Media Replaceの設定と使い方:画像を置き換え(入れ替え)

2017.01.17

ちなみに、画像URLから年月を外しても、メディアライブラリから年月による検索は可能です。

日付も記録されています。

メディアを日付で検索

メディアを日付で検索

画像URLから年月を外しても、機能面で大きなデメリットはありません。

最後に

正直どちらでも構わない設定です。

現に、このブログではメディアの日付を表示させています(最初に作ったサイトだったので設定を知らなかった)。また、画像を頻繁に置き換えることがあまりないからです。

また、途中で「アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダに整理」のチェックを外しても、過去にアップロードしたメディアのURLは変わらないので、変更するならWordPressを始めた時に設定しておくべきです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク