WordPressのメディア(画像)設定

WordPressのメディア(画像)設定

WordPressのメディア(画像)設定についてまとめておきます。

メディアの設定

メディアの設定は、管理画面の設定「メディア」から行って下さい(初期設定推奨)。

画像サイズ

デフォルトでは下記の様に設定されています。

画像サイズの設定

画像サイズの設定

高さ
サムネイルのサイズ 150 150
中サイズ 300 300
大サイズ 1024 1024

この設定により、画像をアップロードすると、フルサイズとは別に「サムネイルのサイズ」「中サイズ」「大サイズ」の3つの画像が生成され、メディアを挿入する際に選択できるようになります。

また、サムネイルのサイズ「サムネイルを実寸法にトリミングする(通常は相対的な縮小によりサムネイルを作ります)」にチェックを入れると、縦横比を維持してサムネイルを生成してくれます。

画像サイズの選択

画像サイズの選択

但し、指定したサイズよりも小さな画像をアップロードすると、それより大きな画像は生成されません(例えば、「600×300」の画像をアップロードした場合は「大サイズ」が生成されない)。

また、画像サイズの大きさを「0」にすれば、サムネイルの生成を無効化することもできますが、サムネイルはサイト上のどこで使用されているか分かりません。サムネイルがないと、無駄に大きなフルサイズの画像が読み込まれる可能性もあるので、サムネイルは必ず生成して下さい。

ちなみに、途中で画像サイズを変更しても、過去のサムネイルが置き換えられることはありませんが、プラグインRegenerate Thumbnailsを使えば、一括で置き換え&再生成することができます。

アップロード

アップロードしたファイルを「年月ベースのフォルダーに整理するか」を選択できます。

アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダーに整理

アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダーに整理

画像URLの違い
チェック(あり) https://affilabo.com/wp-content/uploads/2021/01/1920×1280.jpg
チェック(なし) https://affilabo.com/wp-content/uploads/1920×1280.jpg

チェックを外すと、画像URLから年月日が削除されるので、URLが若干短くなります。

但し、「uploads」フォルダに全ての画像が保存されてしまうため、サイトの規模が大きくなった際に管理しにくくなるデメリットもあります(WordPress管理画面から年月日の検索は可能)。

個人的には、「画像をアップロードした年月を知られたくない」「少しでも画像URLを短くしたい」等の理由がなければ、デフォルトの「チェック(あり)」推奨です。

ちなみに、途中でも変更はできますが、過去の画像URLを置き換えることはできません。

最後に

初期設定推奨です(分からない方は変更しないで下さい)。

また、テーマによっては、テーマオリジナルの画像サイズが生成されることもあるので、必要ならRegenerate Thumbnailsでサムネイルを再生成して下さい。

大事なことは、なるべく早い段階で設定を決め、途中で無暗に変更しないことです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク