WordPressの投稿と固定ページの違い

WordPressの投稿と固定ページの違い

WordPressの投稿と固定ページの違いについてまとめておきます。

目次

投稿と固定ページの違い

WordPressにページを追加する方法は、「投稿」と「固定ページ」の2種類があります。

投稿

投稿

特徴
  • 必ず「カテゴリー」と「日付」に紐づく
  • 任意で「タグ」を付けることができる
  • RSSが生成されるのでトラックバックやping送信ができる

初期設定の投稿で追加した記事は、必ず「カテゴリー」と「日付」に紐づきます。

例えば、今閲覧しているこの記事を投稿すると、WordPressカテゴリーアーカイブ2014年8月の日付アーカイブも自動生成されます(新規のタグを付ければタグアーカイブも生成される)。

投稿は、記事を1つ追加しただけのつもりでも、複数ページが自動生成されています。

固定ページ

新規固定ページ

特徴
  • サイト内で独立した記事(自動で他のページと紐づけられることはない)
  • 固定ページ間で親子関係を作ることができる

固定ページには、「カテゴリー」「日付」「タグ」といった概念がないので、投稿の様に自動生成されるページはありません(勝手に紐付けされない)。そのため、サイト内のどこかから固定ページへリンクを貼ってやらなければ、サイト内から固定ページに辿り着くことができません。

親ページを設定した場合のみ、親子関係が結ばれます(パーマリンクに親ページのスラッグが含まれる)。

投稿と固定ページで迷った時は?

投稿と固定ページで迷った時は、そのページにカテゴリーと時系列は必要なのか?で判断して下さい。

例えば、下記のページにカテゴリーや時系列は必要ありません。

固定ページを使う例
  • 運営者情報
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせフォーム
  • フロントページ
  • 会社概要

グローバルナビやフッターナビに固定されているページをイメージすると分かりやすいと思います。

逆を言えば、投稿はカテゴリーや日付アーカイブと紐づいているので、新着記事やカテゴリー一覧、関連記事として表示させることができるため、内部リンクを整えやすいといったメリットがあります。

投稿と固定ページの間違った知識

投稿はメニューに固定できない?

できます。

投稿をメニューに固定

固定ページしかメニューに固定できないなんてことはありません。投稿以外にもカテゴリーやタグページも追加できますし、カスタムリンクを使えば外部サイトをメニューに追加することもできます。

投稿と固定ページではパーマリンク構造が異なる?

パーマリンク設定次第です。

パーマリンク設定に影響

パーマリンク設定でカスタム構造%postname%を使用した場合は、ページのURLから投稿と固定ページの区別がつかなくなります。

固定ページにはコメント欄を表示できない?

できます。

編集画面のディスカッション「コメントを許可」にチェックを入れて下さい(初期設定はオフ)。

コメントを許可にチェックを入れる

表示されないテーマは、個別投稿ページpage.phpを開いて、コメント欄を表示させたい場所にコメントテンプレート<?php comments_template(); ?>を挿入して下さい。

投稿は必ず「カテゴリー」と「日付」に関連付けされる?

初期設定の「投稿」は、必ず「カテゴリー」と「日付」に関連付けされますが、カスタム投稿タイプを使えば、関連付けの有無も自由に設定することができます。

ランディングページ

中には、LP(ランディングページ)等のカスタム投稿タイプが最初から用意されているテーマもあります。また、ご自身でfunctions.phpを編集してカスタム投稿タイプを追加することもできます。

最後に

投稿と固定ページの違いを説明しましたが、「ブログの記事は投稿で!」「お問い合わせの記事は固定ページで!」なんて決まりはありません。自由に設定することができます。

また、PHPを編集したりプラグインを追加することで、投稿や固定ページを使いやすいようにカスタマイズすることもできますから、固定概念に縛られる必要はないと思います。

ただ、投稿の方が内部リンクを整えやすいので、ブログでは投稿をメインに使うのが一般的です。

コメント

コメントする

目次