WordPressの投稿と固定ページの違いと使い方

WordPressの投稿と固定ページの違い

WordPressで記事を追加する方法は、「投稿」と「固定ページ」の2種類があります。

全て投稿及び固定ページだけでサイトを作ることもできますが、「時系列及びカテゴリに所属させたい記事は投稿、それ以外は固定ページ」で記事を追加するのが一般的です。

投稿と固定ページの違い

投稿と固定ページの違いは、下記の図をイメージしてもらえると分かりやすいと思います。

投稿と固定ページのイメージ

投稿と固定ページのイメージ

投稿

WordPressで記事を追加する時にメインで使います。

必ずいずれかの「カテゴリ」と「日付」に属し、「タグ」を付けることができます(複数のカテゴリやタグを付けることも可能)。RSSが生成されるため、トラックバックやping送信もできます。

また、記事を追加すると「カテゴリアーカイブ」と「日付アーカイブ」ページも自動生成されます。記事を1つ追加しただけのつもりが、実は複数ページが生成されています。

例えば、この記事を投稿した時点で下記の2ページが自動生成されています。

固定ページ

サイト内で独立した記事になります。

固定ページは「カテゴリ」「日付」「タグ」のいずれにも属さないので、投稿の様に自動生成されるページはありません(勝手に紐付けされない)。そのため、サイト内のどこかから固定ページへリンクを貼ってやらなければ、固定ページに辿り着くことができません。

また、親ページを設定した場合は、固定ページ間で親子関係が結ばれます。

固定ページの親子関係

固定ページの親子関係

1つの固定ページに複数の子ページを結びつけることはできますが、複数の親ページを結びつけることはできません。子ページに子ページ(孫ページ)を結びつけることもできます。

投稿と固定ページどちらを使うか迷った時は?

追加する記事が、「カテゴリと時系列に属する必要があるのか?」で判断して下さい。

例えば、下記の記事にカテゴリや時系列の概念は必要ありません。

この記事を投稿で追加すると、「最新記事」「カテゴリ」「日付」の一覧ページでも表示されてしまいます。この意図しない紐付けをさせたくない記事に固定ページを使います。グローバルナビやフッターナビに固定しているページをイメージすると分かり易いと思います。

逆に、カテゴリや時系列に属している投稿は、新着記事として一覧で表示させたり、同じカテゴリの記事を一覧で表示させたり、関連記事を一覧で表示させることができます。

投稿と固定ページの間違った知識

「投稿はメニューに固定できない」は間違い

メニューに表示させる記事は、ダッシュボードの外観「メニュー」より設定できます。

固定ページしかメニュー項目に追加できないなんてことはありません。投稿も「グローバルナビ」「フッターナビ」に固定することができます。

投稿をメニューに追加

投稿をメニューに追加

「固定ページにコメント欄を表示できない」は間違い

初期設定では、投稿にはコメント欄が表示されており、固定ページにはコメント欄が表示されていません。ですが、投稿のコメント欄を非表示にすることもできますし、固定ページにコメント欄を表示させることもできます。記事ごとに設定することも可能です。

各記事ごとに設定したい時は、投稿及び固定ページ編集画面右上の「表示オプション」をクリックして、「ディスカッション」にチェックを入れます。

表示オプションのディスカッションにチェックを入れる

表示オプションのディスカッションにチェックを入れる

記事編集画面の下に「ディスカッション」項目が表示されるので、「コメントの投稿を許可する」のチェックを入れると固定ページにコメント欄を表示することができますし、チェックを外せば投稿のコメント欄を非表示にすることができます。

ディスカッションのコメントの投稿を許可にチェックを入れる

ディスカッションのコメントの投稿を許可にチェックを入れる

全てのコメント欄を非表示にしたい時は、設定「ディスカッション」の「新しい投稿へのコメントを許可する」のチェックを外して下さい(過去記事には反映されない)。

新しい投稿へのコメントを許可するのチェックを外す

新しい投稿へのコメントを許可するのチェックを外す

最後に

投稿と固定ページの違いを説明しましたが、ブログの記事は投稿で、お問い合わせの記事は固定ページで、なんて決まりはありません。自由に設定することができます。

ただ、投稿の方が内部リンクを整えやすいので、基本は投稿を使った方が便利です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク