WP Rollbackの設定と使い方:公式プラグインとテーマのダウングレード

WP Rollbackの設定と使い方:プラグインのダウングレード

プラグイン「WP Rollback」を追加すると、公式で配布されているプラグインとテーマのバージョンをダッシュボードからダウングレードすることができます。

プラグインやテーマをアップデートしたら、「正常に動作しなくなった」「表示が崩れた」等のエラーが起こった際、正常に動作していたバージョンに戻すことが可能です。

設定

WP Rollbackを追加&有効化します。

プラグインのダウングレード

ダッシュボードのプラグイン一覧に「Rollback」項目が追加されているので、バージョンを戻したいプラグインを選択します。

Rollbackが追加される

バージョンを戻したいプラグインRollbackをクリック

正常に動作していたバージョンを選択して、「Rollback」をクリックします。

正常に動作していたバージョンを選択して「Rollback」をクリック

正常に動作していたバージョンを選択して「Rollback」をクリック

確認画面が表示されるので、「Rollback」をクリックするとダウングレードが開始されます。

確認画面で「Rollback」ボタンをクリックしてダウングレード開始

確認画面で「Rollback」ボタンをクリックしてダウングレード開始

プラグインの更新に成功すればダウングレード完了です。

プラグインの更新に完了すればダウングレード完了

プラグインの更新に完了すればダウングレード完了

正常に動作しているか確認して下さい。

テーマのダウングレード

公式テーマなら、テーマをダウングレードすることもできます。

ダッシュボードの外観「テーマ」から、ダウングレードしたいテーマを選択します。

ダウングレードしたいテーマを選択

ダウングレードしたいテーマを選択

テーマの詳細で「Rollback」ボタンをクリックします。

テーマの詳細で「Rollback」ボタンをクリック

テーマの詳細で「Rollback」ボタンをクリック

後は、プラグインの時と同様にバージョンを選択してダウングレードします。

最後に

ダウングレードしたからといって正常に動作するとは限りません。

僕の経験上、皆が使っているようなメジャープラグインは、不具合が起きてもすぐに改善(バージョンアップ)されることがほとんどです。下手にダウングレードしたり、PHPファイルをいじるよりバージョンアップを待った方が安全です。

ただ、設定や使い方を調べても出てこないようなマイナープラグインは、なかなか不具合が改善されません(恐らく作者に報告しなければ修正されない)。そういった時は最終手段としてプラグインのダウングレードを試してみて下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク