WP Rollbackの使い方:公式プラグインとテーマのダウングレード

WP Rollbackの設定と使い方:プラグインのダウングレード

プラグインWP Rollbackの設定と使い方をまとめています。

管理画面からダウンロードできる公式プラグインと公式テーマをダウングレードできるプラグインです。アップデートで「正常に動作しなくなった」「表示が崩れた」等のエラーが起きた際、正常に動作していたバージョンに戻すことで、不具合が改善される可能性があります。

目次

設定と使い方

プラグインを有効化すると、プラグイン一覧及びテーマの詳細に「ロールバック」ボタンが追加されます。

プラグインのダウングレード

管理画面の「プラグイン」から、ダウングレードしたいプラグインの「ロールバック」をクリックします。

ダウングレードしたプラグインの「Rollback」をクリック

ダウングレードしたいバージョンにチェックを入れて、「ロールバック」をクリックします。

特に指定がなければ、インストール済みバージョンの1つ前のバージョンを選択して下さい。また、バージョン横に表示されている「変更履歴を見る」をクリックすると、アップデートの詳細が表示されます。

ダウングレードしたいバージョンにチェックを入れて「Rollback」をクリック

確認画面が表示されるので、問題がなければ「ロールバック」をクリックします。

確認画面で「Rollback」をクリック

プラグイン一覧でバージョンがダウングレードされていることを確認して下さい。

プラグイン一覧でダウングレードを確認

プラグインの自動更新が有効になっている場合は、無効化しておくことをおすすめします。

テーマのダウングレード

管理画面の外観「テーマ」から、ダウングレードしたいテーマを選択します。

ダウングレードしたい「テーマの詳細」をクリック

画面右下の「ロールバック」をクリックします。

テーマの詳細の「Rollback」をクリック

ダウングレードしたいバージョンにチェックを入れて、「ロールバック」をクリックします。

特に指定がなければ、インストール済みバージョンの1つ前のバージョンを選択して下さい。

ダウングレードしたいバージョンにチェックを入れて「Rollback」をクリック

確認画面が表示されるので、問題がなければ「ロールバック」をクリックします。

確認画面で「Rollback」をクリック

テーマ一覧でバージョンがダウングレードされていることを確認して下さい。

テーマがダウングレードされていることを確認

最後に

経験上、公式テーマやプラグインは、不具合が起きてもすぐに改善されることがほとんどなので、下手にダウングレードを試みたり、PHPファイルを編集するぐらいなら、バージョンアップを待った方が安全です。

ただ、致命的なエラーが発生してすぐにでも直さなければいけない時は、プラグインやテーマのダウングレードを試してみて下さい。また、アップデートでエラーが改善された時は、更新を忘れないで下さい。

今日の一言

2023年11月3日にリリースされたコアアップデートが11月29日にロールアウトしました。長かっただけで特に大きな変化はありません。10月で大きく減ったアクセスは少し戻ったかな!?程度です(恐らく季節需要の高い記事のアクセスでそう見えるだけ)。とりあえずやる事は変わらないので、次のコアアップデートに向けてコツコツ記事を書いてリライトするだけです。

コメント

コメントする

目次