WP Rollbackの設定と使い方:公式プラグインとテーマのダウングレード

WP Rollbackの設定と使い方:プラグインのダウングレード

プラグインWP Rollbackの設定と使い方をまとめておきます。

このプラグインを使うと、ダッシュボードからダウンロード可能な公式プラグインとテーマをダウングレードできます。アップデートで「正常に動作しなくなった」「表示が崩れた」等のエラーが起きた際、正常に動作していたバージョンに戻すことで、不具合が改善される可能性があります。

目次

設定と使い方

プラグインを有効化すると、プラグイン一覧及びテーマの詳細に「Rollback」ボタンが追加されます。

プラグインのダウングレード

管理画面の「プラグイン」から、ダウングレードしたいプラグインの「Rollback」をクリックします。

ダウングレードしたプラグインの「Rollback」をクリック

ダウングレードしたいバージョンにチェックを入れて、「Rollback」をクリックします。

この際、バージョン横に表示されている「View Changelog」をクリックすると詳細が表示されます。

ダウングレードしたいバージョンにチェックを入れて「Rollback」をクリック

確認画面が表示されるので、問題がなければ「Rollback」をクリックします。

確認画面で「Rollback」をクリック

Plugin Name プラグイン名
Installed Version 現在のバージョン
New Version ダウングレードするバージョン

プラグインが選択した旧バージョンにダウングレードされれば完了です。

テーマのダウングレード

管理画面の外観「テーマ」から、ダウングレードしたいテーマを選択します。

ダウングレードしたい「テーマの詳細」をクリック

画面右下の「Rollback」をクリックします(ダウングレードできるのは公式テーマだけなので注意)。

テーマの詳細の「Rollback」をクリック

ダウングレードしたいバージョンにチェックを入れて「Rollback」をクリックします。

ダウングレードしたいバージョンにチェックを入れて「Rollback」をクリック

確認画面が表示されるので、問題がなければ「Rollback」をクリックします。

確認画面で「Rollback」をクリック

Theme Name テーマ名
Installed Version 現在のバージョン
New Version ダウングレードするバージョン

テーマが選択した旧バージョンにダウングレードされば完了です。

最後に

経験上、皆が使っているようなメジャープラグインは、不具合が起きてもすぐにバージョンアップで改善されることがほとんどなので、下手にダウングレードを試みたり、分からないPHPファイルをいじるぐらいなら、バージョンアップを待った方が安全です。

ただ、致命的なエラーが発生してすぐにでも直さなければいけない時は、プラグインやテーマのダウングレードを試してみて下さい(ダウングレードしても正常に動作するとは限らないので注意)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメント

コメントする

目次