エナジードリンクよりやばい!?ほとんどの人が缶コーヒーに含まれるカフェイン量を知らない

エナジードリンクよりもやばい!?ほとんどの人が知らない缶コーヒーに含まれるカフェイン量

缶コーヒーに含まれるカフェイン量についてまとめています。

目次

一般的に缶コーヒーにはカフェイン量の記載がない

一般的にコーヒーにはカフェイン量の記載がない

恐らく、ほとんどの方が今飲んでいる缶コーヒーに含まれるカフェイン量を知らないのではないでしょうか?

カフェイン量を売りにしているボスカフェインやキラーコーヒー等、一部の商品を除いて、一般的に缶コーヒーにはカフェイン量の記載がないからです。ボトル缶やペットボトルも同様です。

カフェイン量を知りたい時は、メーカー公式サイトで調べるしかありませんが、コカ・コーラ社の様に一切公開していないメーカーもあるので、分からない時は「内容量(100g) x 60mg」を目安にしてみて下さい。また、一般的な185g缶であれば、大体100mg前後のカフェインが含まれていると思って下さい。

ちなみに、エナジードリンクにはカフェインを多く添加した清涼飲料水(いわゆるエナジードリンクを含む)の表示に関するガイドラインが設けられているため、成分表示には必ずカフェイン量が記載されています。

サントリーのコーヒーに含まれるカフェイン量比較

カフェイン量を公開されているサントリーの商品を一覧にしてみました。

缶コーヒー

スクロールできます
商品名内容量カフェイン量
【100gあたり】
カフェイン量
【1本あたり】
ボス カフェイン ホワイトカフェ245g82mg200mg
ボス カフェイン キャラメルカフェ245g82mg200mg
ボス カフェイン アーモンドカフェ245g82mg200mg
ボス カフェイン カフェモカ245g82mg200mg
プレミアムボス185g70mg130mg
ボス ワールドジャーニー グアテマラ185g70mg130mg
KILLER COFFEE 覚醒ビター BLACK245g64mg157mg
ボス レインボーマウンテンブレンド185g60mg111mg
ボス 優駿の微糖185g60mg111mg
ボス 地中海ブレンド185g60mg111mg
ボス ダブルインパクト 微糖185g60mg111mg
KILLER COFFEE 覚醒スイート LATTE245g52mg127mg
ボス 贅沢微糖185g50mg93mg
ボス ブラック エスプレッソ ブラジル185g50mg93mg
ボス カフェオレ185g40mg74mg
ボス 無糖ブラック185g40mg74mg
※小数点以下四捨五入

最近話題になってるボスカフェインのカフェイン量が多いのは間違いありませんが、100g当たりに含まれるカフェイン量で言えば、ダイドーブレンドコーヒーにも同じ82mgが含まれています。

ボトル缶

スクロールできます
商品名内容量カフェイン量
【100gあたり】
カフェイン量
【1本あたり】
プレミアムボス 微糖260g80mg208mg
ボス シルキードリップ微糖360g70mg252mg
プレミアムボス ブラック390g60mg234mg
ボス シルキーブラック400g50mg200mg
ボス ブラック(特定保健用食品)280g28mg77mg
※小数点以下四捨五入

ペットボトル

スクロールできます
商品名内容量カフェイン量
【100gあたり】
カフェイン量
【1本あたり】
クラフトボス 微糖500g50mg250mg
クラフトボス ブレンド珈琲500g50mg250mg
ボス とろけるカフェオレ500g40mg200mg
ボス とろけるカフェオレ ビター500g40mg200mg
クラフトボス ブラック500g40mg200mg
クラフトボス 甘くないイタリアーノ500g40mg200mg
クラフトボス ラテ500g30mg150mg
クラフトボス ミルク珈琲500g30mg150mg
クラフトボス ビターキャラメルラテ500g30mg150mg
クラフトボス バターキャラメルラテ500g30mg150mg
クラフトボス トリュフショコララテ500g20mg100mg
※小数点以下四捨五入

1本あたりのカフェイン量が200mgを超える商品には注意

1本あたりのカフェイン量が200mgを超える商品には注意

知らずに飲んでいる方もたくさんいると思いますが、カフェイン量の記載がなく1本あたり200mgを超えるカフェインが含まれているボトル缶やペットボトルは注意が必要です。

日本では明確な基準が定められていませんが、欧州の評価を参考にすると、1回あたり200mgを超えるカフェイン摂取(体重70kgの大人で約3mg/kg体重)は、健康リスクを増加させる可能性があるからです。

欧州食品安全機関(EFSA)は、2015年にカフェインについてリスク評価を行っています。大人では、カフェイン摂取量が3 mg/kg体重であれば急性毒性の懸念はないとし、1回当たり200 mgのカフェイン摂取(体重70 kgの大人で約3 mg/kg体重)であれば健康リスクは増加しないとしています。

カフェインの過剰摂取について:農林水産省

個人差はありますが、ボトル缶やペットボトルをがぶ飲みしている方は要注意です。

ちなみに、国内で販売されているエナジードリンク1本当たりのカフェイン量は、モンスターエナジー500mlに含まれる200mgが最大です。200mgを超えるやばさがなんとなく想像できると思います。

1日のカフェイン摂取量上限ライン
18歳以上の大人400mg
妊婦や母乳で保育している母親200~300mg
18歳未満体重1kg当たり2.5~3mg
※世界保健機関(WHO)や海外の基準

最後に

缶コーヒーを愛飲している方は、一度自分が飲んでいる商品のカフェイン量を調べてみて下さい。

100ml当たりに含まれるカフェイン量で比較すると、エナジードリンクより缶コーヒーの方が多い可能性がありますし、ボトル缶やペットボトル1本に含まれるカフェイン量は、エナジードリンクより多い可能性もあります。

気づいていないだけで、カフェインを過剰摂取しているかもしれません。

僕の場合は、エナジードリンクを飲む機会が増えて缶コーヒーを飲む機会が減ったのですが、今思うと1日2~4本缶コーヒーを飲んでいた頃の方がカフェイン摂取量はやばかった気がします。

今日の一言

2024年3月6日からGoogleのコアアップデートが始まりました。今回は長めの調整でまだ完了していません。このブログは、3月16日時点では確実にマイナス方向。雑記ブログが被弾しているのかと思いきや、僕にとって優良な記事を配信している特化型ブログも複数被弾しているので、一部の個人ブログが被弾しているといった感じ。なんとなくドメイン単位でフィルターをかけられているような気がします。捕捉されると、どんな記事を書いても中途半端な順位までしか上がらない。加えて、一部の記事が大幅に下落する傾向。

コメント

コメントする

アップロードファイルの最大サイズ: 30 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

目次