偽物や並行輸入品に注意!Amazonで100%本物のSDカードを購入する方法

偽物や並行輸入品に注意!AmazonでSDカードを買う時に確認してほしいこと

Amazonで100%本物のSDカードを購入する方法をまとめています。

目次

販売元がAmazon.co.jpの商品を選ぶ

やることは1つ、販売元が「Amazon.co.jp」の商品を選ぶだけです。

Amazon.co.jpが販売、発送する商品
スクロールできます
出荷元販売元詳細
1Amazon.co.jpAmazon.co.jpAmazon.co.jpの在庫がAmazonの倉庫から発送される
2Amazon.co.jpマーケットプレイス外部販売事業者の在庫がAmazonの倉庫から発送される
3マーケットプレイスマーケットプレイス外部販売事業者の在庫が外部販売事業者から発送される
※販売元=在庫を保持している販売者

Amazon.co.jpは正規品しか取り扱っていないので、Amazon.co.jpの在庫が偽物なんてことは絶対にありません。偽物が混じっているとすれば、マーケットプレイス(外部販売事業者)の商品です。

ちなみに、出荷元がAmazon.co.jpになっていても、販売元がマーケットプレイスの商品に100%本物という保証はありません。また、価格だけで選ぶと、海外からの発送だったなんてこともあるので注意して下さい。

何も考えず安心して購入できるのは、販売元がAmazon.co.jpの商品だけです。

また、販売元がAmazon.co.jpの商品は、参考価格以下で購入できるといったメリットもあります。どんなに品薄の商品でも、Amazon.co.jpがプレ値で販売することは絶対にありません。

もし、トップにAmazon.co.jp以外の販売元が表示されている時は、出品一覧から販売元がAmazon.co.jpの商品がないか確認して下さい。なければ、販売元のショップで判断するしかありません。

僕なら、信用できるかどうか分からないショップなら購入を見送ります。

これはSDカードに限らず、他の商品でも同じことが言えます。

最後に

怪しいと思った時は、販売元を必ず確認して下さい。

販売元がAmazon.co.jpの商品を選べば、必然的に怪しい並行輸入品も避けることができます。

\ Amazonで人気のSDカード /

シェアしてね!

この記事を書いた人

2024年3月6日に始まったGoogleのコアアップデートは4月19日に完了していました(一週間以上経ってからの告知)。昨年10月に続いて、今回の調整もアクセスマイナス。昨年同時期と比較すると、アクセスは1/2~1/3程度になってしまいました。ユーザーにとって使いやすい検索エンジンになっているのなら構わないのですが、個人的には欲しい情報がなかなか見つからない&到達するまでに時間がかかる様になった気がします。現状、回復の見込みはないので、検索エンジン以外の集客方法を模索した方がいいのかもしれません。

コメント

コメントする

アップロードファイルの最大サイズ: 30 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

目次