【2023年版】Windows11でPCスペックを確認する方法

Windows11でPCスペックを確認する方法

Windows11でPCのスペックを確認する方法をまとめておきます。

目次

CPUとメモリ

タスクバーの「スタートアイコン(ウィンドウズボタン)」を右クリックして、「システム」を開きます。

Windows11 システム

プロセッサで「CPU」、実装RAMで「メモリ」を確認することができます。

Windows11 プロセッサと実装RAM

ビデオカード(グラボ)

ディスプレイの詳細設定から確認

タスクバーの「スタートアイコン(ウィンドウズボタン)」を右クリックして、「設定」を開きます。

Windows11 設定

一覧から「ディスプレイ」を選択します。

Windows11 ディスプレイ

関連設定の「ディスプレイの詳細設定」を選択します。

Windows11 ディスプレイの詳細設定

ディスプレイの横に表示されているのが「ビデオカード(グラボ)」の型番になります。

Windows11 ビデオカード

また、「ディスプレイのアダプターのプロパティを表示します」をクリックすると詳細が表示されます。

ディスプレイのアダプターのプロパティを表示

DirectX診断ツールから確認

タスクバーの「検索ボタン」から、dxdiagを検索して実行します。

dxdiagを検索して実行

上段タブの「ディスプレイ」を選択して、「デバイス」で詳細を確認することができます。

DirectX診断ツール「ディスプレイ」

HDD(SSD)の容量

タスクバーの「フォルダアイコン」をクリックして、左メニューの「PC」を選択すると、接続されている全てのHDD(SSD)の「合計サイズ」と「空き領域」が表示されます。

Windows11 HDDの確認

ウィンドウズアイコンが表示されているのはOSがインストールされているHDD(SSD)、ゲージが赤く表示されているのは空き領域が少なくなっているHDD(SSD)への警告です。

タスクマネージャーから確認

タスクバーの「スタートアイコン」を右クリックして、「タスクマネージャー」を開きます。

タスクマネージャー

左上ナビゲーションアイコンの「パフォーマンス」から、それぞれのスペックを確認することができます。

タスクマネージャーからスペックを確認

画面右上には型番やメモリ合計搭載量、右下にはスペックの詳細が表示されます。

その他の確認方法

既製品かつパーツ交換や増設を行っていなければ、購入明細や公式サイトで確認することもできます。

Windows11スペック確認方法(その他)

型番やスペックを確認する方法
  • 購入明細に「製品仕様」が記載されていないか確認する
  • 箱に型番やスペックが記載されていないか確認する
  • PCケースに型番やスペックが記載されていないか確認する

箱やPCケースに型番やスペックが記載されたシールが貼られていないか確認してみて下さい。また、Google等の検索エンジンで型番を検索すれば、製品仕様が記載された公式サイトで確認することもできます。

最後に

Windows 11でPCスペックを確認する方法は以上です。

他にも調べる方法はありますが、OSをアップグレードして使い方が分からない方やユーザーインターフェースの変更で操作方法が分からない方は、今回紹介した方法を参考にしてみて下さい。

あわせて読みたい
【2023年版】Windows10でPCスペックを確認する方法 Windows10でPCのスペックを確認する方法をまとめておきます。 【CPUとメモリ】 デスクトップ上の何もない部分を右クリックして、一覧から「ディスプレイ設定」を選択し...

コメント

コメントする

目次